TOP > おでかけ > 【福岡・佐賀】子供が喜ぶ遊び場11選!大型遊具など楽しみ満載で1日中遊べる公園ほか

【福岡・佐賀】子供が喜ぶ遊び場11選!大型遊具など楽しみ満載で1日中遊べる公園ほか

2022.09.04

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

今度の休日は、子どもと一緒に自然の中でのびのび遊びませんか?

これまでARNEでご紹介してきたものから、遊具が充実した大型公園や動物と触れ合えるスポットなど、ちびっこ大満足な遊び場をご紹介。

しかも、1日中たっぷり遊べて、無料やリーズナブルに遊べる場所を厳選しました!

【福岡市西区能古島】のこのしまアイランドパーク

能古島北部に広がる約15万平方メートルの自然公園『のこのしまアイランドパーク』。

『姪浜渡船場』からフェリーで約10分、『能古島渡船場』から西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗って、約15分で到着します。

園内には、菜の花(2月下旬〜4月中旬)、桜(3月末〜4月初旬)、リビングストンデイジー(3月下旬〜5月上旬)、マリーゴールド(4月下旬〜7月下旬)、アジサイ(6月上旬~下旬)、ひまわり(7月下旬~8月下旬)、千日紅(8月末頃)、コスモス(10月上旬~中旬)など、一年を通じて季節の花々が咲き誇ります(写真はリビングストンデイジー)。

のこのしまアイランドパーク リビングストンデイジー

画像:のこのしまアイランドパーク

花の絨毯と、その奥に青い海が望める絶景に出会えますよ。

花畑の隣には、子どもが喜ぶアスレチック。写真の滑り台のほかに、木のトンネル滑り台もあり、滑った先では海を見下ろすことができます!

のこのしまアイランドパーク アスレチック

画像:ハピ

手作りの「ロングブランコ」も大人気。アスレチックの隣とうさぎ園の近くの2か所にあります。

特にアスレチックの隣は、海が見下ろせて“映えスポット”としても話題です。

のこのしまアイランドパーク ロングブランコ

画像:ハピ

家族みんなで楽しめる、パークオリジナルスポーツの『のこのこボール』もおすすめ。

のこのしまアイランドパーク のこのこボール

画像:ハピ

ゲートボールで使うようなクラブとボールを使い、ゴルフみたいに楽しむスポーツです(9ホール500円、18ホール(2周)800円)。ホールインまで一筋縄ではいかないのが面白いです!

さらに、うさぎ・ヤギ・ポニーが住む『ミニ動物園』もあります。

うさぎとヤギには、エサやり体験もできるので子どもたちも大喜びですよ(エサ100円)。

のこのしま・うさぎ

画像:ハピ

そのほか、レストランやバーベキューハウスなど4つの飲食スポットやお土産やさんなどもあるので、手ぶらでもOK。

陶芸(ろくろ)体験・楽焼(絵付け)体験なども楽しめるので、ファミリーで丸一日たっぷりと遊べますよ。

★この遊び場の記事をチェック!★
10分の船旅で“非日常”へ!季節の花や絶景が楽しめる人気おでかけスポット(福岡市)

<施設情報>
■のこのしまアイランドパーク
住所:福岡市西区能古島
入園料:大人(高校生以上)1,200円、こども(小・中学生)600円、幼児(3歳以上)400円

【福岡市南区柏原】も~も~らんど油山牧場

油山山麓に広がる観光牧場『も〜も〜らんど油山牧場』。福岡市中心部から車で約30分で、のんびりとした風景が広がります。

モーモーランド

画像:大戸千絵

馬や牛、ヒツジ、ヤギといった動物がいて、『搾乳体験』(4歳以上から、1人100円)や『乗馬体験』(4歳以上から、1周550円)などを通して、ふれあえますよ。

こちらは、『ヤギと羊のエサやり体験』(1カップ100円、1人1カップまで)の様子。

も〜も〜らんど油山牧場 ヤギと羊のエサやり体験

画像:ハピ

体験の開催時間や受付場所など、詳細は公式HPで確認してください。

また、全長48mのローラースライダーや、

も〜も〜らんど油山牧場 ローラースライダー

画像:ハピ

幼児から遊べる大型遊具なども!

も〜も〜らんど油山牧場 ふれあい広場

画像:ハピ

のんびり過ごせる芝生広場もあります。

売店では軽食も販売されているので、お腹が空いても安心。

やさしい甘さがたまらない、人気ナンバー1の『牛乳ソフト』(400円)は必食です!

も〜も〜らんど油山牧場 牛乳ソフト

画像:ハピ

★この遊び場の記事をチェック!★
「も~も~らんど油山牧場」の記事一覧

<施設情報>
■も~も~らんど油山牧場
住所:福岡市南区柏原710-2
入園料:無料
駐車場:あり(普通車・準中型車300円、中型車1,000円、大型車2,000円)

【大野城市】大野城いこいの森中央公園

福岡市中心部から車で約40分。大野城市の牛頸ダム近くの『大野城いこいの森』内にある『大野城いこいの森中央公園』。2022年2月に大型遊具がリニューアルし、さらに魅力的になっています。

リニューアル時に新しく登場したのが、大野城市のPRキャラクター『大野ジョー』のパネルが特徴的なプレイキャッスル「大野ジョーと遊ぶ城(じょー)」。

大野城いこいの森中央公園 大野ジョーと遊ぶ城

画像:ハピ

大きな滑り台と全身を使って遊べるアスレチックが一体になっています。

小さな子どもでも安心して遊べるような小さな滑り台や、お店屋さんごっこが楽しめるスペースも。滑り台の着地点にはゴム製の滑り止めクッションが敷かれているのも安心です。

こちらは、斜面に設置されたクライミングウォールやネットを移動するアスレチック「アドベンチャーフィールド」。

大野城いこいの森中央公園 アドベンチャーフィールド

画像:ハピ

なかなかハードなので、子どもはもちろん、大人の運動不足解消にもちょうどいいかも!

街並みを眺めながら滑り降りる長さ90mの「ローラーすべり台」や、

いこいの森・スライダー

画像:ハピ

大人気の大型エアトランポリン「ふわふわドーム」、18ホールを周れる「パットゴルフ」(道具レンタル1人220円)のコースもあります。

遊び疲れたら、広々とした芝生の上で休憩しましょう。

大野城いこいの森中央公園 芝生

画像:ハピ

大きな木が多いので木陰で涼しく過ごせ、東屋やベンチもあるので、お弁当を持参してのピクニックもいいですね。

夏場には噴水広場で水遊びも楽しめますよ。

★この遊び場の記事をチェック!★
大型遊具リニューアル!“絶景スライダーも爽快”小さい子も楽しめるピクニック向けの「大野城いこいの森中央公園」(大野城市)

<施設情報>
■大野城いこいの森中央公園
住所:大野城市大字牛頸481
入園料:無料
駐車場:あり(普通車220円)

【筑紫野市大字山口】筑紫野市総合公園

筑紫野市、天拝山のふもとにある小高い丘の上にある大きな公園『筑紫野市総合公園』。

筑紫野市総合公園

画像:大戸千絵

遊具は、大きな海賊船がモチーフの『天拝の船』、長めのローラースライダー、芝生広場、小さい子ども向けの遊具、ロープジャングルジム、小さな砂場……と驚きの充実具合!

ちなみに、『天拝の船』は10歳以上から遊ぶことができる遊具なので、小さなお子さんが使う場合は、必ず保護者の方が一緒に遊んでくださいね。

筑紫野市総合公園

画像:大戸千絵

トイレ(おむつ交換台もあり)、自動販売機、無料の駐車場完備なのがうれしいポイント。駐車場から公園の頂上まで、舗装されたスロープが続いているので、ベビーカー持参でも安心です。

周辺にコンビニはないので、水筒やお菓子、お弁当は持参するのがおすすめです。

★この遊び場の記事をチェック!★
自販機・トイレ・駐車場情報も! 2児のママがよく行く「おすすめ公園」3選(筑紫野市/筑前町)

<施設情報>
■筑紫野市総合公園
住所:筑紫野市大字山口382-6
入園料:無料
駐車場:あり(無料)

【筑紫野市大字原田】上原田公園

九州自動車道のそばにある大きな公園『上原田公園』。

上原田公園

画像:大戸千絵

ローラースライダーをはじめ、さまざまな遊具が設置されています。

上原田公園

画像:大戸千絵

遊具の範囲が広すぎないので、子どもを見失うことが少ないのがうれしい!

トイレ、自動販売機、無料の駐車場を完備。しかも、公園の入り口まで舗装されたスロープが続いているので、ベビーカーがあっても安心です。

さらに、公園の横(歩いて5分くらい)には、『原田の田舎卵』という直売所があり、新鮮な卵や野菜が買えるんです。

ポニーもいるので、エサ(100円)をあげることもできますよ(1日の数が決まっているので、売り切れのときもあります)。

原田の田舎卵

画像:大戸千絵

★この遊び場の記事をチェック!★
自販機・トイレ・駐車場情報も! 2児のママがよく行く「おすすめ公園」3選(筑紫野市/筑前町)

<施設情報>
■上原田公園
住所:筑紫野市大字原田1629-1
入園料:無料
駐車場:あり(無料)

■原田の田舎卵
住所:筑紫野市原田1829-1

【朝倉郡筑前町】夜須高原記念の森

福岡市中心部からは車で1時間弱の『夜須高原記念の森』。自然たっぷりの山の中にある広大な公園です。

大人気なのが、ローラー滑り台とネットやロープなどの遊具が一体になった巨大な恐竜アスレチック『大恐竜ヤスゴン』。

夜須高原記念の森 風の広場

画像:ハピ

頂上はなかなかの高さ。一気に滑り降りるのは爽快です。

こちらは、小さい子でも遊びやすいアスレチック『古墳城』。登ったり、くぐったり、滑ったり、いろいろな仕掛けがありとてもおもしろいですよ。

夜須高原記念の森・古墳城

画像:ハピ

大きな砂場やボールブランコなどの遊具が充実した、小さな子どもから楽しめる『ちびっこ広場』もあります。

夜須高原記念の森・ちびっこ広場

画像:ハピ

ヤスゴンなど遊具のある『風の広場』は、広々とした芝生が広がり、ボール遊びも思いっきり楽しめます。ちなみにボールは、「管理センター」で無料貸し出しもされていますよ。

夏場は、『水の広場』で水遊びも。浅いので、小さな子どもでも遊べます。

夜須高原記念の森 水の広場

画像:ハピ

生け垣を美しく刈り込んで作られた『グリーン迷路』も要チェック。

夜須高原記念の森 グリーン迷路

画像:ハピ

意外と難易度が高いので、大人も楽しめます!

自由に使えるバスケットコート兼ドッジボールコートもあるほか、木工教室などのイベントも定期的に開催されています。

公園内に数か所自動販売機はありますが、近くにはコンビニやスーパーはないので、食べ物は事前に準備して行くのがおすすめです。

★この遊び場の記事をチェック!★
福岡中心部から車で約1時間!無料で遊べる「巨大恐竜アスレチックも人気」自然いっぱいの公園(朝倉郡筑前町)

<施設情報>
■夜須高原記念の森
住所:朝倉郡筑前町櫛木3-6
入園料:無料
駐車場:あり(無料)

【朝倉郡筑前町】多目的運動公園「筑前ぽぽろ」

筑前町にある多目的運動公園『筑前ぽぽろ』。

筑前ぽぽろ

画像:大戸千絵

『子ども広場』には、大型の複合遊具、幼児用のコンビネーション遊具などがあります。

画像:大戸千絵

こちらは、ハンモックのようなブランコ。小さな子どもでも安心です。

画像:大戸千絵

人工芝の上に屋根付きのベンチもいくつかあるので、見守る保護者も過ごしやすいですよ。

画像:大戸千絵

多目的トイレも、自動販売機もあるので安心。無料の駐車場は2か所あるので、遊具のところで遊ぶには「西側」に停めるのがおすすめです!

★この遊び場の記事をチェック!★
自販機・トイレ・駐車場情報も! 2児のママがよく行く「おすすめ公園」3選(筑紫野市/筑前町)

<施設情報>
■多目的運動公園「筑前ぽぽろ」
住所:朝倉郡筑前町下高場2717
入園料:無料
駐車場:あり(無料)

【北九州市小倉南区平尾台】ソラランド平尾台(平尾台自然の郷)

福岡市内から高速を使って1時間ちょっとで行ける日本有数のカルスト台地「平尾台」にある自然体験パーク『ソラランド平尾台(平尾台自然の郷)』。

ソラランド平尾台

画像:北九州市観光情報サイト

園内は、東京ドーム約5個分と広大! ベビーカー必須です。

4月~11月の土日祝日は、SL型連結バス『きたぽっぽ』が運行しています(年齢制限なし、4歳以上1回100円)。

ソラランド平尾台 SL

画像:ソラランド平尾台

こちらは、すべり台やトンネルなど大きな遊具で遊べる「ゆ~ゆう広場」。

ソラランド平尾台 ゆ~ゆ~広場

画像:もも

遊具のそばにはベンチが設置されていて、保護者は座って子どもたちを見守ることが可能です。

広場の遊具の近くには、「ハイジブランコ」も! カルスト台地を一望できる迫力満点の眺めです。

ソラランド平尾台 ハイジブランコ

画像:ソラランド平尾台

遊具のほかに、とっても広い砂場があるのも魅力的! しかも、砂遊び用のスコップなどの道具が置いてあり、自由に使えるんです。

ソラランド平尾台 遊具

画像:もも

砂場の横には、未就園児にぴったりの複合遊具。

ソラランド平尾台 遊具

画像:もも

さらに、園内で遊べる玩具やお菓子などを販売するショップの正面にも、遊具が設置されています。ショップでアイスやかき氷を食べて休憩しつつ、すぐに遊びに行けて、子どもたちも喜びます♪

ソラランド平尾台 遊具

画像:もも

そのほか、夏場に水遊びができる「せせらぎ広場(下の写真)」、野球場ほどの広さの芝生広場「のびのび広場」、平尾台を見渡すことができる「展望台」、「野草園」や「果樹園」、「草そり場」、パン作り・陶芸・木工などの体験ができる「工房」、「キャンプ場(要予約)」を完備。

ソラランド平尾台 せせらぎ広場

画像:ソラランド平尾台

さらには、なんと室内に「キッズスペース」も! 絵本やおもちゃが置いてありしっかり遊べるほか、授乳室や子ども用トイレもありますよ。

ソラランド平尾台 キッズスペース

画像:ソラランド平尾台

レストランやお土産ショップもあり、食事や買い物も楽しるほか、季節ごとのイベントもたくさん開催されています。

★この遊び場の記事をチェック!★
福岡市内から車で1時間強! “入場無料で子どもと遊び倒せる”自然体験型公園(北九州市小倉南区平尾台)

<施設情報>
■ソラランド平尾台(平尾台自然の郷)
住所:北九州市小倉南区平尾台1-1-1

【飯塚市八木山長倉】ふれあい動物園 ピクニカ共和国

福岡市内から1時間弱。飯塚市、八木山高原の中にある『ふれあい動物園 ピクニカ共和国』。

ピクニカ共和国 入口

画像:もも

たくさんの動物にふれあえたり、水遊びができたり、バーベキューを楽しめたりと、子育て世代にぴったりの施設です。

入場チケットを購入する場所に「ふれあいコーナー」があり、子どもたちのワクワクが止まりません! チケット購入後、抱っこやエサやり体験(おやつ200円)ができます。

ピクニカ共和国 ふれあいコーナー

画像:もも

「ふれあいコーナー」には、モルモットのほかにもデグーや猫、リスザルもいますよ。

園内に入ると、フラミンゴがお出迎え。

ピクニカ共和国 フラミンゴ

画像:もも

園内の広場では「ポニー乗馬」(3歳~小学4年生まで※体重制限40kg、1周500円)ができます。

ピクニカ共和国 ポニー乗馬

画像:もも

そこから、さらに奥に進むと、たくさんのひよこ! 自由にふれあうことができますよ。

ピクニカ共和国 ひよこ

画像:もも

ちなみに、動物がいる場所にはスタッフがいてくれるので安心です。

そして動物とのふれあいのほか、園内には自然の中で遊ぶことができる場所がたくさん!

森の中に、ハンモックやウッドハウスがありますよ。

ピクニカ共和国 ハンモック

画像:もも

さらに園内の中央には、八木山の地下水を利用した小川が設置されているので、夏場は水遊びも可能。深さは15cmほどなので、小さな子どもでも楽しく遊ぶことができます。

ピクニカ共和国 小川

画像:もも

小川のすぐ横には休憩所が設けられていて、お弁当やおやつの持ち込みOK。3日前までの事前予約で、テントの下でBBQ(食材・道具込み、1人前1,800円)が楽しめます。

ピクニカ共和国 BBQ

画像:もも

そのほか、日曜・祝日に不定期で開催されている『まきまきパン焼き体験』(300円)、大自然の中で楽しめる『キャンプ場』(キャンプ場入園料大人1,200円、子ども700円)、夏季限定(2022年は10月末頃までの予定)『ザリガニ釣り』なども! 1日遊び倒せて、大満足間違いなしです。

★この遊び場の記事をチェック!★
福岡市内から1時間弱! “動物ふれあい・水遊び・BBQも”子どもと遊び倒せる人気スポット(飯塚市)

<施設情報>
■ふれあい動物園 ピクニカ共和国
住所:飯塚市八木山長倉2288
入園料:大人800円、こども500円
駐車場:あり(無料)

【佐賀県神埼郡吉野ヶ里町】吉野ヶ里歴史公園

福岡市中心部から車で1時間弱で到着する『吉野ヶ里歴史公園』。弥生時代の遺跡がある公園というイメージですが、実は子どもと思いっきり遊べるスポットなんです!

西口エリアの「遊びの原」は、遊具が充実!

こちらは、歴史公園ならではの「物見やぐら風大型遊具」です。

吉野ヶ里歴史公園 遊びの原

画像:ハピ

長い2つのローラー滑り台と5つのトンネル滑り台、アスレチックや吊り橋など、端から端まで体を思いっきり使いながら楽しめます。

こちらは、子どもたちに大人気の大型エアトランポリン「ふわふわドーム」。

吉野ヶ里歴史公園 ふわふわドーム

画像:ハピ

ベンチがあるので、保護者は座って見守れますよ。

ほかにも、小さい子どもから遊べるコンビネーション遊具や、ターザンロープなど全10種の遊具が揃っています。

また、西口・北口そばの園内2か所に広大な芝生広場も完備。

吉野ヶ里歴史公園 弥生の大野

画像:ハピ

ボール遊びをしたり、走り回ったり、木陰でのんびりしたり。のびのびと遊べますよ。

無料で利用できる「野外炊事コーナー」では、BBQなども楽しめます(それぞれの入り口で受付が必要、予約不可・受付時間は14時まで)。

吉野ヶ里歴史公園 野外炊事コーナー

画像:ハピ

大きな遊具と火が使える公園が一緒になっている場所は少ないので、これはうれしいですね!

東口エリアの「環壕集落ゾーン」には、物見やぐらや王の家などの建物が復元されていて、昔の人々の暮らしや文化を知ることができます。

吉野ヶ里歴史公園 環壕集落ゾーン

画像:ハピ

「勾玉づくり」(1人200円~250円、未就学児は保護者の同伴が必要)や、「火おこし」(1セット100円、未就学児は保護者の同伴が必要、雨天強風時は「鐸型土製品づくり」に変更)など、ここでしかできない体験プログラムもありますよ。

★この遊び場の記事をチェック!★
大型複合遊具&BBQ&水遊び!子どもが喜ぶ“遊び方無限大”な公園(佐賀県・吉野ヶ里町)

<施設情報>
■吉野ヶ里歴史公園
住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
入園料:大人(15歳以上)460円、中学生以下無料
駐車場:あり(普通車310円)

【佐賀県佐賀市三瀬村】三瀬ルベール牧場 どんぐり村

福岡市内から車で約1時間ほど、標高450mの高原にある『三瀬ルベール牧場 どんぐり村』。約75万平米もの広大な敷地に、馬小屋・小動物などが暮らすエリア、パン工房、みやげ店、ワイン館、レストランが点在する観光牧場です。

三瀬ルベール牧場 どんぐり村 外観

画像:ハピ

『ふれあい広場』では、ヤギ・馬へのエサやり(1個100円)、土日・祝日は乗馬体験(3歳以上から、1周500円)が楽しめますよ。

エサやりは、エサを大きなスコップにのせて口元へ運んであげます。

三瀬ルベール牧場 どんぐり村 ふれあい広場

画像:ハピ

『小動物館』は、平日は無料、土日祝は1グループ(5名まで)100円で入館でき、ヤギ、ウサギ、モルモットなどと触れ合うことができます。エサやり(1個100円)することもできます。

どんぐり村・小動物館

画像:ハピ

園内には遊具もいくつかあります。大きくはないですが、小さな子どもなら十分楽しめます。

どんぐり村・遊具

画像:ハピ

子どもたちに人気の「釣りコーナー」など、手作りの遊び道具も。

夏場限定でオープンする、水遊びができる『じゃぶじゃぶ池』も人気です。

また、土日祝に運航している『ロードトレイン』(往復コース500円、片道コース300円)も大人気。

三瀬ルベール牧場 どんぐり村 ロードトレイン

画像:ハピ

園内はとても広いので、ロードトレインに乗って回るのもオススメです。

みつせ鶏やパンなど、どんぐり村名物グルメも楽しめますよ。

★この遊び場の記事をチェック!★
「じゃぶじゃぶ池」が早くもオープン!動物ふれあいもグルメも楽しめる子連れおでかけスポット(佐賀市)

<施設情報>
■三瀬ルベール牧場 どんぐり村
住所:佐賀県佐賀市三瀬村杠2234-67
入園料:高校生以上300円(土日祝600円)、4歳以上 200円(土日祝300円)、3歳以下無料
駐車場:あり(無料)

福岡近郊の子どもが喜ぶ遊び場をご紹介しました。

どこに行こう?と迷ったら、ぜひ参考にして出かけてみてくださいね。(構成/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/1・2・3・4・5・6:ハピ、2・4・5・7:大戸千絵、8・9:もも
※画像/1:のこのしまアイランドパーク

#おでかけ をまとめてチェック!
#福岡県 #佐賀県 #子連れ #ファミリー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀】子連れおでかけスポット11選