TOP > おでかけ > 大型複合遊具&BBQ&水遊び!子どもが喜ぶ“遊び方無限大”な公園(佐賀県・吉野ヶ里町)

大型複合遊具&BBQ&水遊び!子どもが喜ぶ“遊び方無限大”な公園(佐賀県・吉野ヶ里町)

2022.06.15

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは! アウトドアやおでかけが大好き、子どもと一緒に自分も楽しく遊びたいと毎日遊ぶことばかり考えているハピです。

今回は、子連れで出かけたい佐賀県・吉野ヶ里町の『吉野ヶ里歴史公園』を紹介します。

遺跡だけじゃないよ!大型複合遊具がすごい「吉野ヶ里歴史公園」(佐賀県・吉野ヶ里町)

広大な敷地面積を誇る『吉野ヶ里歴史公園』。小学生の頃などに、社会科見学で訪れたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

弥生時代の遺跡がある公園というイメージですが、実は子どもと思いっきり遊べる公園なんです!

大型の複合遊具があったり、無料で利用できる「野外炊事コーナー」もありますよ。

吉野ヶ里歴史公園・複合遊具

画像:ハピ

広大な敷地は、映像施設やレストランがある歴史公園センターを中心とした「入口ゾーン」、公園北部にある弥生時代の森を再現した「古代の森ゾーン」、レクリエーション施設がある「古代の原ゾーン」、吉野ヶ里遺跡の巨大環壕集落が復元された「環壕集落ゾーン」の4つに分かれています。

遊具が揃う「遊びの原」など、子連れ向け施設が集中しているのは「古代の原ゾーン」。JR神埼駅側からの入口「西口」から入場し、駐車場は「西口駐車場」(駐車料金:普通車310円)が近くて便利です。遺跡エリアは、「東口」からどうぞ。

利用料金は、大人(15歳以上)460円、中学生以下無料。『海の中道海浜公園』と共通で使える年間パスポートも販売されていますよ。

物見やぐら風の大型複合遊具や「ふわふわドーム」で遊び尽くそう!

まずは、10種類の楽しい遊具が揃う「遊びの原」からご紹介しますね。

とにかく、子どもが大興奮の大型複合遊具がすごいんです。こちらは、ここならではの「物見やぐら風大型遊具」。

吉野ヶ里歴史公園・複合遊具2

画像:ハピ

2つのローラー滑り台と5つのトンネル滑り台、アスレチックや吊り橋など、端から端まで体を思いっきり使いながら楽しめます。

長いローラー滑り台やトンネル滑り台は楽しくて、何度滑っても子どもたちは飽きないようです。

この大型遊具の周辺には、小さい子から遊べる遊具もありますよ。

吉野ヶ里歴史公園・遊具小

画像:ハピ

そして、外せないのは大人気のエアトランポリン「ふわふわドーム」。

吉野ヶ里歴史公園・ふわふわドーム

画像:ハピ

感染対策のため、利用時間と一度に利用できる人数が決まっています。

ベンチがあり座って見守れるのはうれしいです。休日は行列ができていますよ!

ほかにも、人気の「ターザンロープ」などもあります。

大芝生広場を駆け回り、園内を流れる小川で水遊び!

園内にはとーっても広い「芝生広場」が2か所あります。

「遊びの原」近くにあるのは、約6ヘクタールの芝生広場「弥生の大野」。

吉野ヶ里歴史公園・大芝生広場

画像:ハピ

もう1つは北口近く、「古代の森ゾーン」にある「大芝生広場」。

「西口サービスセンター」「北口サービスセンター」で遊具の貸し出しも行われています。
※遊具・ベビーカー等の貸出は、新型コロナ対策として停止中。2022年6月15日時点では再開していません。

広大な広場で、ボール遊びをしたり、走り回ったり、木陰でのんびりしたり。のびのびと遊ぶことができますよ。

西口側の「弥生の大野」では、「せせらぎ川」が流れていてこれからの季節にうれしい水遊びも!

吉野ヶ里歴史公園・小川

画像:ハピ

とても浅いので小さな子どもでも安心して遊ばせられます。

夏場は、小川の周りにポップアップテントがずらりと並びます。

園内は木がたくさん植えられており、木陰が多いので暑い夏でも木陰では涼しく過ごせますよ。

無料の「野外炊事コーナー」でBBQなども楽しめる!

西口と北口から入った2か所にある無料で利用できる「野外炊事コーナー」でBBQなども楽しめます。

それぞれの入り口で受け付けが必要です(予約不可・受け付け時間は14時まで)。

吉野ヶ里歴史公園・野外炊事コーナー

画像:ハピ

大きな遊具と火が使える公園が一緒になっている場所はなかなか少ないので、これはうれしいですね!

木の椅子やテーブルが備え付けられているので、少ない荷物で利用できるのがありがたいです。

道具を駐車場から運ぶのにリヤカーも貸してもらえますよ。

たくさん遊んで、BBQでお腹いっぱいになりましょう!

復元建物見学や体験プログラムも楽しめる!

『吉野ヶ里遺跡』は弥生時代の集落跡。公園内の「環壕集落ゾーン」には、物見やぐらや王の家などの建物が復元されていて、昔の人々の暮らしや文化を知ることができます。

吉野ヶ里歴史公園・「王」の家

画像:ハピ

また、好ききな石を選んで下絵を描き、砥石で磨き上げて作る「勾玉づくり」(1人200円~250円、未就学児は保護者の同伴が必要)や、摩擦熱で火をおこす「火おこし」(1セット100円、未就学児は保護者の同伴が必要、雨天強風時は「鐸型土製品づくり」に変更)など、『弥生くらし館』でのここでしかできない体験プログラムも!

歴史の勉強にもなり、小学生の子どもから大人まで、しっかり楽しめますよ。

いかがでしたか? 丸一日たっぷり遊べる『吉野ヶ里歴史公園』。ぜひ足を運んでみてくださいね。(文/ハピ)

<施設情報>
■吉野ヶ里歴史公園
住所:佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ハピ

#おでかけ をまとめてチェック!
#佐賀県 #ドライブ #子連れ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること