TOP > おでかけ > 10分の船旅で“非日常”へ!季節の花や絶景が楽しめる人気おでかけスポット(福岡市)

10分の船旅で“非日常”へ!季節の花や絶景が楽しめる人気おでかけスポット(福岡市)

2022.05.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは! アウトドアやおでかけが大好き、子どもと一緒に自分も楽しく遊びたいと毎日遊ぶことばかり考えているハピです。

今回は、姪浜渡船場からフェリーで約10分で行ける離島「能古島」にある『のこのしまアイランドパーク』をご紹介します。

気軽に行けて非日常感たっぷり!「のこのしまアイランドパーク」へ出発

姪浜にある『姪浜渡船場』からフェリーに乗り、能古島まで約10分の船旅です(片道大人230円、小人120円)。

のこのしま・フェリー

画像:ハピ

めったに乗ることのないフェリーなので、子どもも大人もワクワク!

『能古島渡船場』に到着したら、『のこのしまアイランドパーク』へは西鉄バスで「アイランドパーク行き」に乗って約15分(片道大人240円、小人120円)。

『のこのしまアイランドパーク』は季節の花々と絶景が魅力の大人も子どもも楽しめるスポットです!

いつ行ってもどこを見てもきれいな花々が咲き誇る園内

毎年5月から6月にかけての時期は「リビングストンデイジー」や「マリーゴールド」、「アジサイ」などが見頃を迎えます。

リビングストーンデージー 

画像:のこのしまアイランドパーク

園の中心部に続く道もカラフルなお花がたくさん植えられていて、見て歩くだけでも楽しい!

のこのしま・季節の花

画像:ハピ

『芝の広場』のお花畑には、ゴールデンウイークにマリーゴールドが植えられていて、6月中旬ごろに満開を迎えます。黄色とオレンジの花の絨毯と、その奥に青い海が望める絶景に出会うことができますよ。

のこのしま・お花畑

画像:ハピ

滑り台の先は海!子どもが夢中で遊ぶアスレチック

園内にはアスレチックもあり、子どもも楽しく遊ぶことができます。

のこのしま・アスレチック

画像:ハピ

娘は木のトンネル滑り台が大のお気に入り!

のこのしま・滑り台

画像:ハピ

つるつるでスイーっと滑るのが楽しいようで何度も繰り返し滑っていました。滑った先では海を見下ろすことができますよ!

手作りのロングブランコも大人気!

大人気のロングブランコは、「アスレチックの隣」と「うさぎ園の近く」の2か所にあります。

のこのしま・ブランコ

画像:ハピ

特にアスレチック横のブランコは海を見下ろしながら乗ることができ、“映えスポット”として人気です。海をバックにすてきな写真をぜひ撮ってみてくださいね。

家族みんなで楽しめる!オリジナルスポーツ「のこのこボール」

『のこのしまアイランドパーク』オリジナルのスポーツ『のこのこボール』は家族みんなで楽しめます。

のこのしま・のこのこボール

画像:ハピ

ゲートボールで使うようなクラブとボールを使い、ゴルフみたいに楽しむスポーツです(9ホール500円、18ホール(2周)800円)。

コース内は少し勾配もあるので、ちょうど良い運動になります。ホールインまで一筋縄ではいかず、必死になってしまいます!

全部回れたときは「やったー!」と達成感を味わえました。

かわいい動物たちにエサやり体験

『のこのしまアイランドパーク』には、かわいいうさぎやヤギ、ポニーが住んでいます。

100円でエサを購入し、エサやり体験ができますよ。

のこのしま・うさぎ

画像:ハピ

数えきれないほどのウサギにびっくりしました。立ち上がってエサをもらおうとする姿がとてもかわいかったです。

園内にはレストランやバーベキューハウスなど4つの飲食スポットやお土産やさんなどがあるだけでなく、陶芸体験・絵付け体験なども楽しめるので、丸一日たっぷりと楽しめますよ。

のんびりと自然を満喫したい方や絶景に癒されたい方におすすめのスポットです!(文/ハピ)

<施設情報>
■のこのしまアイランドパーク
住所:福岡市西区能古島
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ハピ
※画像/のこのしまアイランドパーク

#おでかけ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #子連れ #ファミリー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年上半期の運勢
【整理のプロ直伝】部屋をスッキリ見せるコツ
【福岡県内の絶景】あじさいの名所15選