TOP > グルメ > 薬院の美味しいランチ8選!駅から徒歩15分以内のおすすめの店

薬院の美味しいランチ8選!駅から徒歩15分以内のおすすめの店

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

おしゃれなカフェや飲食店がたくさん立ち並ぶ薬院エリア。

西鉄天神大牟田線や福岡市地下鉄七隈線も通っているので、アクセスも抜群です。

今回は、これまでARNEで紹介したものから、西鉄天神大牟田線「薬院」駅から徒歩15分以内のランチ8選をご紹介します。

【薬院駅から徒歩1分】and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩1分ほどの場所に、2022年5月12日にオープンした『and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)』。

女性の美と健康を牽引しているヨガスタジオ『STRI(ストリ)』の新業態カフェで、身体の内面からも健康をサポートできるように、という想いが込められています。

and S organic cafe(アンドストリ オーガニックカフェ) 外観

画像:chippachapus

店内は植物を中心とした緑がいっぱいの空間で、リラックスして過ごせます。

カウンター席のほか、お店の奥に広い個室もありますよ(個室は要予約)。

and S organic cafe(アンドストリ オーガニックカフェ)店内

画像:chippachapus

ランチメニューは、『ランチコース』『パスタランチ』『おにぎり』『サラダ』『スムージー』『コーヒー』などメニューも充実しています。

『オーガニックランチコース』(2,800円)は、1日20食限定のため予約必須です(ランチコースは15時まで)。

コース内容は、冷製スープ、前菜プレート、有機野菜ミニサラダ、全粒粉パスタ、グルテンフリーデザート(コーヒーor紅茶付き)の全5品で、使用する食材は季節によって変わります(写真はすべて2022年6月のもの)。

こちらは、色鮮やかな盛り付けがすてきな『前菜プレート』。

and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)前菜プレート

画像:chippachapus

「全粒粉パスタ」は、数種類から選ぶことができます。写真は、『4種のキノコと大豆ミートの全粒粉パスタ』です。

and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)全粒粉パスタ

画像:chippachapus

食後は、グルテンフリーのデザートが楽しめますよ。写真は、濃厚な味わいの『オーガニックガトーショコラ』です。

and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)オーガニックガトーショコラ

画像:chippachapus

『and S organic cafe』の魅力は、ランチ以外におつまみメニューも充実しており、お昼からオーガニックワインも楽しめる空間になっていることです。

and S organic cafe(オーガニックワイン)

画像:and S organic cafe

また、『おにぎり』は、全10種類もの味を楽しむことができます。

お米は島根県産の『つや姫』という特別栽培米を使用しており、身体や環境にやさしいのはもちろん、粒感と甘みをしっかり感じられるのが特徴なのだそう。

and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)おにぎり

画像:chippachapus

上の写真は、手前から『有明海苔と塩』(250円)、『桜えびと翡翠(ひすい)』(250円)、『無化調明太とミョウガ』(280円)、『ふき味噌』(250円)、『ツナ豆乳マヨ』(260円)です。どれも素材の味を活かしたやさしい味わいが楽しめます。おにぎりはテイクアウトも可能ですよ。

★このランチスポットの記事をチェック!★
ヘルシーなのに満足感たっぷり! “テイクアウトもOK”薬院駅徒歩1分のオーガニックカフェ

<店舗情報>
■and S organic cafe(アンドエス オーガニックカフェ)
住所:福岡市中央区薬院3-3-5

【薬院駅から徒歩3分】かんすけ 薬院店<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩3分ほどの場所にある居酒屋『かんすけ 薬院店』。

外観

画像:てしまかおり

店内には、昭和レトロなポスターなどが貼ってあり、どこか懐かしい雰囲気。2~4人のテーブル席とカウンター席がありますよ。

かんすけ 薬院店(店内)

画像:てしまかおり

月曜日から土曜日まで、11時半から14時(ラストオーダーは13時半)までランチが注文できます。平日だけでなく土曜日も実施されているのはうれしいですね!

メニューは、『日替り定食』(800円)、『塩サバ定食』(750円)、『若鶏チキン南蛮定食(5コ)』(780円)、『南蛮丼(3コ)』(600円)、『南蛮・塩サバハーフ&ハーフ(南蛮3コ、サバ半分)』(880円)、『牛すじカレー』(700円)、『ソースカツ丼』(750円)、『カツカレー』(1,050円)、土曜日限定の『トルコライス』(1,380円)など。

かんすけ 薬院店 メニュー

画像:てしまかおり

こちらは、『若鶏チキン南蛮定食(5コ)』。こんもりとお皿にのったチキンに、たっぷりのタルタルソース。ご飯、お味噌汁、小鉢がついています。

かんすけ 薬院店 チキン南蛮定食

画像:てしまかおり

こちらは『塩サバ定食』。夜の居酒屋メニューは、玄海島で獲れた新鮮な魚介がメイン。魚も期待大ですよ!

かんすけ 薬院店 塩サバ定食

画像:かんすけ 薬院店

こちらは、水曜日の日替わりメニュー『からあげ定食』。なんと、唐揚げ10個まで同じ料金なんです。※日替わりは変わることもあるので、最新情報はお店のSNSなどをチェックしてください。

から揚げ定食 かんすけ 薬院店

画像:かんすけ 薬院店

定食はいずれも、お財布にやさしい価格設定に加え、ご飯大盛り、おかわりも無料! 腹ペコで行きたいお店です!

★このランチスポットの記事をチェック!★
【薬院駅から徒歩3分】ボリューム満点「チキン南蛮定食」が780円!コスパ◎大人気ランチ(福岡市中央区)

<店舗情報>
■かんすけ 薬院店
住所:福岡市中央区薬院1丁目5-25

【薬院駅から徒歩3分】白のフライパン<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩3分ほどの場所にある『白のフライパン』。

白のフライパン外観

画像:よりみち

ランチの流れとしては、テーブルについてメニューを眺めて、決まったら先に支払いをして待つシステム。

ディナータイムは、帰る時にお支払いするシステムです。

白のフライパン内装

画像:よりみち

こちらの写真は、『広島ムール貝の合鴨スモークのフリカッセ仕立て きのことガーリックバター』(1,400円)。

白のフライパン(広島ムール貝の合鴨スモークのフリカッセ仕立て)

画像:白のフライパン

スモークの香りが食欲をそそるふっくらとした合鴨とプリっとした弾ける身のムール貝。

ふんわりとガーリックの香りをまとい、肉の旨みがぎゅっと閉じ込められたクリームソースが絡む秋初めの一品です。

こちらの写真は、『トルタディチョコラータ』(600円)。

白のフライパン(トルタディチョコラータ)

画像:白のフライパン

こちらのこだわりは、現地のお店と同じカカオ66%のフランス産有機チョコレートを取り寄せて仕上げていること。

自家製アングレーズソース、ストロベリーソースにバニラアイスが添えてあり、見た目もきれいな定番ドルチェです。

生パスタはオリジナルブレンドの小麦で作られており、ソースや食材との相性を考えて作られているそうですよ。

★このランチスポットの記事をチェック!★
食べないなんて損してる! “ソースも残したくない”プロが唸る絶品生パスタ(福岡市中央区薬院)

<店舗情報>
■白のフライパン
住所:福岡市中央区薬院1‐6‐5

【薬院駅から徒歩4分】YAKUIN 3 TERRACE(ヤクインスリーテラス)<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩4分ほどの場所にある『YAKUIN 3 TERRACE(ヤクインスリーテラス)』。

YAKUIN3TERRACE(外観)

画像:chippachapus

カフェ・ダイニング・リラクシング、3つの要素が融合していて、コーヒー1杯からのカフェ利用はもちろん、モーニングやランチまでシーンに合わせて利用できるお店です。

YAKUIN3TERRACE(店内)

画像:chippachapus

ランチのオススメは、季節の炊き込みご飯、こだわりのソース、チーズ、スフレの4層に重ね、焦げ目がつくまでスキレットで焼き上げる『エビクリームドリアランチ(サラダ・スープorコーヒー付)』(1,280円)。

YAKUIN 3 TERRACE(エビクリームドリアランチ)

画像:YAKUIN 3 TERRACE

こちらは、『やまや』の明太子を使用した『めんたいヴィシソワーズパスタ(サラダ・スープorコーヒー付)』(1,280円)。

YAKUIN 3 TERRACE(純白ソースのめんたいパスタ)

画像:YAKUIN 3 TERRACE

モチモチの生麺と明太子を混ぜたパスタで、上にかかっているのは、じゃがいもを使ったヴィシソワーズ風ソース。

純白のめんたいパスタ

画像:chippachapus

味変として、大葉・ネギ・海苔をお好みで入れて楽しむこともできます。

★このランチスポットの記事をチェック!★
「YAKUIN 3 TERRACE(ヤクインスリーテラス)」の記事一覧

<店舗情報>
■YAKUIN 3 TERRACE
住所:福岡市中央区薬院3-2-23

【薬院駅から徒歩5分】. AND READY(ドットアンドレディ)<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩5分ほどの場所にある『. AND READY(ドットアンドレディ)』。ヘルシーな料理が揃うカフェです。

. AND READY(外観)

画像:てしまかおり

広々とした店内は、コンクリートや木を基調としたおしゃれで落ち着く空間。

. AND READY(店内)

画像:てしまかおり

こちらの写真は、『クロワッサンサンド(たまご)』(700円)。

. AND READY(クロワッサンサンド)

画像:. AND READY

お店で焼きあげたクロワッサンに、朝倉で育った有精卵と野菜をサンドしています。

一緒にスープがついてくるのも、うれしいポイント。

こちらの写真は、『アサイーボウル』(フル1,320円、ハーフ880円)。

アサイーボウル

画像:. AND READY

スーパーフルーツアサイーに多くの果実をブレンドし、ナッツやグラノーラにもこだわった本格アサイーボウルです。

グラノーラのザクザク食感がたまりません。

そのほか、『キウイとブルーベリー』(760円)、『Saturday’sレモンケーキ』(310円)、『いちごケーキ』(310円)、土日祝日限定の『フルーツサンド』(890円)などスイーツの種類も豊富。

ほとんどのメニューが、モーニングの時間からテイクアウトもOKです!

★このランチスポットの記事をチェック!★
ダイエット中も楽しめるヘルシー料理揃い! “朝8時からモーニングOK“薬院駅5分のおしゃれカフェ

<店舗情報>
■. AND READY (ドットアンドレディ)
住所:福岡市中央区薬院1丁目12-30

【薬院駅から徒歩8分】パスタ食堂 amabile(アマービレ)<福岡市中央区薬院>

西鉄「薬院」駅から徒歩8分ほど、地下鉄七隈線「薬院大通」駅から徒歩30秒ほどの場所にある『パスタ食堂 amabile(アマービレ)』。

ビルの2階に入っているので、この看板を目印にしてください。

パスタ食堂 amabile(外観)

画像:ayu.latte

お店に入ると、たくさんのドライフラワーやオシャレなアンティーク家具が出迎えてくれ非日常を味わうことができます。

パスタ食堂 amabile(店内)

画像:ayu.latte

ランチメニューは、パスタの単品とパスタセットから選べます。

こちらは、一番人気の『アボカドと海老の塩麹梅クリーム』(1,380円)。

パスタ食堂 amabile(アボカドと海老の塩麹梅クリーム)

画像:パスタ食堂 amabile(アマービレ)

梅肉と塩麹クリームを使った、アマービレの創作パスタです。

アボカドとエビがたっぷり入っており、チャービルがアクセントになっています。

添えてあるお花はエディブルフラワー(食用花)を使っているので、パスタと一緒に食べられますよ。

こちらの写真は、『半熟卵とアボカドの明太バタークリーム』(1,380円)。

パスタ食堂 amabile(半熟卵とアボカドの明太バタークリーム)

画像:パスタ食堂 amabile(アマービレ)

半熟卵とアボカドが入った濃厚な明太バタークリームのパスタです。

周りに添えられているベビーリーフも、シャキシャキとした食感で良いアクセントになっています。

パスタセットは、パスタ単品に+500円で2種類から好きなほうを選べます。

こちらのAセットは、アマービレ特製サラダとスープ付き(+100円でドリンクが付けられます)。

パスタ食堂 amabile(Aセット)

画像:パスタ食堂 amabile(アマービレ)

たっぷりの生野菜と自家製ラペ&マリネ、スペイン産の生ハム『ハモンセラーノ』が豪快にのったサラダです。

ビーツを使ったピンク色のドレッシングは自家製で、甘みがありさっぱりしています。

Bセットは、自家製の選べるタルトとドリンク。

パスタ食堂 amabile(Bセット)

画像:パスタ食堂 amabile(アマービレ)

自家製のタルトは不定期で変わるので、ぜひお気に入りのタルトを見つけてみてください。

★このランチスポットの記事をチェック!★
前菜付きで980円から!薬院大通駅そばで楽しめる“コスパ最強ランチ”【パスタ食堂 amabile(アマービレ)】

<店舗情報>
■パスタ食堂 amabile(アマービレ)
住所:福岡市中央区薬院2-3-5 エコール薬院2F

【薬院駅から徒歩13分】平尾ハンバーグ<福岡市中央区平尾>

西鉄「薬院」駅から徒歩13分ほど、「平尾」駅から徒歩2分ほどの場所にある『平尾ハンバーグ』。

『焼き鳥の六角堂』の間借りで、11:20〜14:00のランチ時間限定で営業をしています。

店内にはカウンターとテーブル席で14席あり、1人でもサクッと立ち寄りやすい雰囲気です。

平尾ハンバーグ(店内)

画像:CHIHIRO

メニューは『平尾ハンバーグ』(1,200円)のみ。

注文すると、はじめにご飯、お味噌汁、香の物、梅鬼おろしが運ばれてきます。

平尾ハンバーグ(平尾ハンバーグ)

画像:CHIHIRO

厳選された国産の牛豚合い挽き肉を使用したハンバーグは、炉端スタイルで目の前で焼きあげ、焼きたてのものを1個ずつ配膳してもらえます。

炭火を使用して一気に焼き上げられていて、肉汁たっぷりです!

3個まで同一価格で、好きな個数を選べます。1個目はそのまま、2個目・3個目は梅鬼おろしやテーブルに置かれた薬味と一緒に、とさまざまな楽しみ方ができます。

平尾ハンバーグ(平尾ハンバーグ)

画像:CHIHIRO

ご飯の上に、ハンバーグと『卵黄の醤油漬け』をのせて食べるのもオススメ。この上からスタッフの方がパルミジャーノ(削るチーズ)をかけてくれるという演出もありますよ!

平尾ハンバーグ(平尾ハンバーグ)

画像:CHIHIRO

★このランチスポットの記事をチェック!★
オープン後早くも大人気! “同一価格で3個まで注文OK”肉汁たっぷり炭火焼ハンバーグ(福岡市中央区平尾)

<店舗情報>
■平尾ハンバーグ
住所:福岡市中央区平尾2丁目3-15

【薬院駅から徒歩14分】favo(ファボ)<福岡市中央区平尾>

西鉄「薬院」駅から徒歩14分ほど、「平尾」駅から徒歩6分ほどの場所にあるイタリアンレストラン『favo(ファボ)』。

favo(外観)

画像:favo

テーブルが4卓と、カウンターが数席の小さなお店ですが、入って右側は鏡張りで広く感じる作りになっています。

favo(店内)

画像:ayu.latte

ランチは、『Aメインランチ』(1,485円)、『Bカレーランチ』(1,320円)、『Cパスタランチ』(1,210円)の3種類。内容は月替わりです。

また、どのプレートにもお料理に合わせた季節のお総菜付きです。

こちらは、ある月のAメインランチ『favoの粗挽きハンバーグ』。Aメインランチは、バゲットが付いてきます。

favo(Aメインランチ)

画像:ayu.latte

こちらは、ある月のBカレーランチ『チキンのコンフィとスパイシーカレー』。

favo(Bカレーランチ)

画像:ayu.latte

ライスの上にはドドン!と大きなチキンのコンフィ、そしてこだわりのスパイスカレーソースがかかっています。スパイスカレーがお好きな人にはたまらないはず。

こちらは、ある月のCパスタランチ『イタリアンハムと枝豆&キノコのクリームパスタ』。

favo(Cパスタランチ)

画像:favo

どのランチにも、好きなスイーツとドリンクがセットで付けられます。セットにすると、合計金額から100円値引きになりますよ。

★このランチスポットの記事をチェック!★
【テイクアウトOK】子ども歓迎がうれしい♡イタリアンレストランの絶品ランチ&スイーツ(福岡市中央区平尾)

<店舗情報>
■favo(ファボ)
住所:福岡市中央区平尾4-4-26 桑原ビル1-A

今回は、薬院駅から15分圏内のランチ8選をご紹介しました。

おいしいお店がたくさんなので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。(構成/岡田ナオキ)

【参考・画像】
※文・画像/1・4:chippachapus、2・5:てしまかおり、3:よりみち、6・8:ayu.latte、7:CHIHIRO
※画像/1:code、and S organic cafe、2:かんすけ 薬院店、3:白のフライパン、4:YAKUIN 3 TERRACE、5:. AND READY、6:パスタ食堂 amabile、8:favo

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#薬院 #ランチ #まとめ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア