TOP > グルメ > 行くなら絶対寄るべき!【太宰府天満宮参道】ARNEが大注目のカフェ2店<手土産も◎>
tōn(トオン)

行くなら絶対寄るべき!【太宰府天満宮参道】ARNEが大注目のカフェ2店<手土産も◎>

2023.12.07

福岡観光はもちろん、これからの初詣でも欠かせないスポット『太宰府天満宮』。

最近は、参道エリアにSNSで話題になるような食べ歩きグルメやスイーツもたくさん登場しています! そんな中でもぜひ立ち寄ってほしい話題のお店を、ARNE編集部が厳選してご紹介します。

手土産にもぴったりの商品もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

【西鉄太宰府駅から徒歩2分】九州初「カタラーナ」専門店「AMARILLO(アマリージョ)」

AMARILLO アマリージョ カタラーナ

画像:AMARILLO

まずご紹介するのは2022年10月23日にオープンした、スペイン発祥のスイーツ「カタラーナ」の九州初の専門店『AMARILLO(アマリージョ)』。

西鉄・二日市駅から徒歩3分ほどの場所にあった人気カフェ『GOOD LIFE CAFE』が、移転リニューアルしたお店です。

AMARILLO(アマリージョ) 外観

画像:AMARILLO

「カタラーナ」は、クレームブリュレによく似ていて、アイスのようなプリンのような味わいが特徴。通常は表面をキャラメリゼしていますが、こちらのお店ではあえて炙らず、さまざまなソースでケーキのように味わいます。

こちらは『太宰府産卵のプレーンカタラーナ』(ドリンク付き1,100円)。カタラーナの上に、オレンジの果肉、キャラメリゼしたナッツ、生クリーム、キャラメルソースがかかっています。周りに散らしてあるのは、クッキーを砕いたもの。

AMARILLO(アマリージョ)カタラーナプレーン

画像:ayu.latte

なめらかで卵の味をしっかり感じられるカタラーナと、トッピングとのバランスが秀逸。さまざまな食感も良いアクセントになっていますよ。

現在はほかに、『イチゴのミルフィーユカタラーナ』(1,500円)、『宇治抹茶とサツマイモのモンブランカタラーナ』(1,300円)、『紅茶とリンゴのタルトカタラーナ』(1,200円)、『ビターチョコのカタラーナ』(1,200円)、『ナッツのカタラーナ』(1,200円)が楽しめます。いずれもドリンク付き、イートイン限定です。

また、2023年12月15日(金)に登場予定のイートインメニューで楽しみなのが、『イチゴのミルフィーユ』(ドリンク付き、1,500円)。イチゴの酸味とカタラーナの濃厚な甘みに、パイのサクサクとした食感が相性抜群です!

いちごのミルフィーユ AMARILLO(アマリージョ)

画像:AMARILLO

さらに、お土産としてテイクアウトできる商品がたくさん揃っているのも、このお店の魅力。

こちらは『瓶入りカタラーナ』(500円)。6種の味が揃います。

AMARILLO(アマリージョ)テイクアウトカタラーナ

画像:AMARILLO

クッキーでカタラーナをサンドした『クッキーサンドカタラーナ』(450円)は、食べ歩きにも◎。

AMARILLO(アマリージョ)クッキーサンドカタラーナ

画像:AMARILLO

さらに、2023年12月からは新しく『タルトアイスカタラーナ』(580円)が登場しています。「プレーン(カラメルとドライオレンジ)」「紅茶(ホワイトチョコとレモンピール)」「抹茶(抹茶と小豆)」「ナッツ(ナッツとドライバナナ)」「チョコ(チョコレートとアーモンド)」「ラズベリー(ラズベリーとホワイトチョコ、ピスタチオ)」の6種。華やかな見た目もステキです!

AMARILLO(アマリージョ) タルトアイスカタラーナ

画像:AMARILLO ※写真は半分にカットした状態

ほかに、『カタラーナクッキー』(680円)や、お店で使用している和紅茶の茶葉(780円~980円)も購入できますよ。

★このお店の記事をチェック★
太宰府天満宮すぐ近くにオープン!カフェ利用や手土産にも♡九州初「カタラーナ」専門店 

<店舗情報>
■AMARILLO(アマリージョ)
住所:福岡県太宰府市宰府2-6-20
営業時間:11:00〜17:00
定休日:不定

【西鉄太宰府駅から徒歩2分】“ツー トオン”メニューが話題のおしゃれカフェ「tōn(トオン)」

tōn(トオン)

画像:chippachapus ※写真は過去のもの

お次は、太宰府天満宮に向かう参道の1つ目の鳥居を右折してすぐの場所に、2023年2月17日にオープンした、太宰府の新名所『NISHIKIMACHI』の中にあるカフェ『tōn(トオン)』。福岡市内にある人気カフェ『TAGSTÅ(タグスタ)』の系列店です。

建物には、ほかに『Loop a Bread(ループ ア ブレッド)』・『鮨ひら乃』が入っていますよ。

tōn(トオン)外観

画像:chippachapus

看板メニューは、一度に2種類のチーズケーキ(上と下がベイクドチーズケーキ、間がレアチーズケーキ)を味わえる『ツー トオン チーズケーキ』。店名『tōn(トオン)』にちなんで、ツートーン(2色)になっています。

tōn(トオン)ツートオンチーズケーキ

画像:chippachapus ※写真は過去のもの

こちらは『バニラ×バニラ』(630円)。上下のベイクドチーズケーキはほんのりチーズの酸味があるやさしい甘さ、間はクリームのようななめらかな味わい。合わせて食べたときの、くちどけの良さがたまりません。

tōn(トオン)ツートオンチーズケーキ(バニラ×バニラ)

画像:chippachapus

こちらは『抹茶×黒豆きなこ』(730円)。茶葉の風味がダイレクトに味わえる抹茶ベイクドチーズケーキと、きな粉の香ばしさがふわっと広がる黒豆きなこレアチーズケーキの組み合わせ。ゴロっと入った黒豆も良いアクセントに。

ツー トオン チーズケーキ(抹茶×黒豆きな粉)

画像:tōn

こちらは『ほうじ茶×塩キャラメル』(630円)。チーズの酸味と塩キャラメルの甘さがバランスよく味わえるレアチーズケーキに、ほうじ茶の茶葉の風味が後からふわっと広がっておいしい!

tōn(トオン)ツートオンチーズケーキ(ほうじ茶×塩キャラメル)

画像:chippachapus

現在はほかに、『ピスタチオとフランボワーズ』(730円)、『チョコ×ラムレーズン』(630円)、『アールグレイ×アップルシナモン』(630円)と、計6種の味が楽しめます。テイクアウトできるので、手土産としても見逃せません。

また、キャラメリゼされたパリッパリのパイにクリームと限定レアチーズケーキ(日替わり)、そして季節のフルーツ(写真はいちご)をあわせた『ミルフィーユ』も人気。

2023年12月~2024年1月は、ピスタチオとフランボワーズのミルフィーユ(1,250円)の予定だそう。

tōn(トオン)ミルフィーユ

画像:chippachapus ※写真は過去のもの

ランチは、麺とソースそれぞれで2種類の味が味わえる『ツー トオン パスタ』や『りんご豚のラグーパスタ』、『週替わりパスタ』が楽しめます。内容は不定期で変わるので、訪れてからのお楽しみ! 単品のほか、コースとしても味わえますよ。

tōn(トオン)パスタ

画像:chippachapus ※写真は過去のもの

★このお店の記事をチェック★
太宰府のおしゃれな新名所!一度に二度おいしい“ツートオン”チーズケーキやパスタが楽しめるカフェ

<店舗情報>
■tōn(トオン)
住所:福岡県太宰府市宰府2-7-5
営業時間:9:00~18:00(ランチ11:30~15:00)
定休日:不定

おしゃれな空間とおいしいスイーツに、テンションが上がること間違いなしの2店です。太宰府に出かけたら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。(構成/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

◆ ARNE TV #202「【太宰府天満宮参道】手土産にも◎!注目のカフェ2店」

【参考・画像】
※文・画像/ayu.lattechippachapus
※画像/AMARILLO、tōn

#太宰府 をまとめてチェック!
#カフェ #スイーツ #まとめ #手土産
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ