TOP > グルメ > 【福岡市】今泉エリアの絶品ランチ5選!天神・大画面から徒歩圏内の美味しいお店

【福岡市】今泉エリアの絶品ランチ5選!天神・大画面から徒歩圏内の美味しいお店

2022.10.16

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

西鉄「薬院」駅、「西鉄福岡(天神)」駅の両方から徒歩約10分圏内の福岡市中央区今泉。

おいしい飲食店やおしゃれなセレクトショップなどが点在する人気のエリアです。

今回は、これまでARNEでご紹介してきたお店から、「今泉エリアでランチが楽しめるおすすめのお店」を5つご紹介します。

※「西鉄福岡(天神)駅」=「ソラリアステージ広場ビジョン(ソラリア大画面)」からの所要時間 

【西鉄福岡(天神)駅から徒歩7分】すし酒場 さしす 天神店<福岡市中央区今泉1丁目>

大阪随一の繁華街・梅田を中心に、1日に300人が来店することもあるという大人気の居酒屋『すし酒場 さしす』。

九州初上陸の「天神店」は、2021年12月にオープン。場所は、国体道路から少し入ったところで、アクセス抜群です。

すし酒場 さしす 天神店 外観

画像:ayu.latte

こちらのお店では、平日15時~、土日祝日12時~昼飲みが楽しめます。

すし酒場 さしす 天神店 店内

画像:ayu.latte

「お小遣いの範囲内で何度でも来ていただけるような値段」設定にしているそうで、寿司2貫165円~、一品料理308円~、アルコール1杯319円~! かなりのコスパの良さです。

まずは、お寿司メニューからご紹介します。こちらは、『うなカツサンド』(1,078円)。

すし酒場 さしす 天神店 うなカツサンド

画像:すし酒場 さしす

うなぎのカツをパンではなくシャリで挟み、炒り卵をまぶしたお寿司です。ふんわりとしたうなぎに、サクサクの衣の歯触りが心地いいと大人気。

こちらは、『トロサーモン巻き』(968円)。

すし酒場 さしす 天神店 トロサーモン巻き 

画像:ayu.latte

巻き寿司は、オーダーしてから丁寧に巻いてもらえます。しかも、巻物からはみ出してしまうほどのネタのボリュームがインパクト抜群!

続いて、一品料理。こちらは、『さしす茶碗蒸し』(528円)。

すし酒場さしす 茶わん蒸し

画像:ayu.latte

クリームチーズが入った茶碗蒸しベースに、具もチーズ! 生クリームとトンブリがトッピングされた、クリーミーな洋風茶碗蒸しです。

こちらは、『寿司屋のポテサラ』(440円)。

すし酒場 さしす 天神店 寿司屋のポテサラ

画像:すし酒場さしす

「すし酒場さしすならではのアテ」として大人気のメニュー。マヨネーズに頼りすぎない、あっさりとしたポテサラに、プチプチのトビコとイクラを豪快にトッピングしてあります。食感がとても楽しいですよ。

ほかにも、さまざまなメニューが揃っています。お酒の種類も豊富なので、「昼からちょっと一杯」にぜひ立ち寄ってみてください。

ちなみに、2022年10月4日には、KITTE博多の地下1階に『すし酒場 さしす KITTE博多』もオープンしています。

★このランチスポットの記事をチェック!★
大阪で行列ができる人気店が九州初上陸! 寿司2貫165円~安くてうまい寿司居酒屋(福岡市中央区今泉)

<店舗情報>
■すし酒場 さしす 天神店
住所:福岡市中央区今泉1-13-21 フィル・パーク福岡今泉1階

【西鉄福岡(天神)駅から徒歩7分】はんばーくとおむらいすのお店 いくら(鉄板焼酒場 いくら)<福岡市中央区今泉1丁目>

『フィル・パーク福岡今泉』という建物の2階にある『鉄板焼酒場 いくら』。

ランチタイムは『はんばーくとおむらいすのお店 いくら』として営業していて、週末には階段の下まで列ができるほど大人気のお店です。

はんばーくとおむらいすのお店 いくら(鉄板焼酒場 いくら) 外観

画像:chippachapus

店内は、オープンキッチンのカウンター席がメイン。奥にテーブル席も数卓あります。

はんばーくとおむらいすのお店 いくら(鉄板焼酒場 いくら) 店内

画像:chippachapus

お昼に味わえるのは、ソースが選べる「ハンバーグ」、4種類の「オムライス」、オムレツとハンバーグのセット「オムバーグ」。

こちらは、名物の『オムバーグ(サラダ・ごはん付き)』(1,400円)。多い日だと、100~120個ほど注文が入るそうです。

はんばーくとおむらいすのお店 いくら オムバーグ(サラダ・ごはん付き)

画像:chippachapus

ソースは、デミソース、チリソース、明太ソースの3種類から選べます。写真は一番人気のデミソース。赤ワインをベースにした大人な風味で、しっかりとした味わいです。

さらに、料金追加でチーズをトッピングしてもらうこともできます。

オムレツには生クリームをたっぷり入れているそうで、ふわふわ&とろとろ食感。

和牛をたっぷり使ったハンバーグは、溢れ出す肉汁がたまりません! 満足感たっぷりです。

はんばーくとおむらいすのお店 いくら オムバーグ(サラダ・ごはん付き)

画像:chippachapus

こちらは、SNSでも話題の『ハンバーグオムライス(サラダ付き)』(1,400円)。

はんばーくとおむらいすのお店 いくら ハンバーグオムライス(サラダ付き)

画像:chippachapus

オムレツ、ハンバーグ、ケチャップライスが一度に楽しめる欲張りなメニューです!

はんばーくとおむらいすのお店 いくら ハンバーグオムライス(サラダ付き)

画像:chippachapus

ケチャップライスは、鶏ミンチと玉ねぎのみでシンプル。下のデミグラスソースとの相性が抜群です。

どちらもボリューム満点ですよ。

人気店のランチでしか食べることのできないメニュー。ぜひ味わってみてください。

★このランチスポットの記事をチェック!★
「はんばーくとおむらいすのお店 いくら」・「鉄板焼酒場 いくら」の記事一覧

<店舗情報>
■鉄板焼酒場 いくら(ランチタイムは『はんばーくとおむらいすのお店 いくら』)
住所:福岡市中央区今泉1-13-21 フィル・パーク福岡今泉2B

【西鉄福岡(天神)駅から徒歩9分】Gaogao(ガオガオ)<福岡市中央区今泉1丁目>

『今泉公園(三角公園)』の目の前にある『Gaogao (ガオガオ)』。

Gaogao (ガオガオ) 外観

画像:ARNE編集部

土鍋ごはんが名物で、ランチは予約をしないとほとんど入れないという人気店です。

木を基調とした店内には、テーブル席のほか、半個室もあります。また、大きな窓の先に公園があるので、自然もたっぷりと感じられ、開放感たっぷりで気持ちよく過ごせます。

Gaogao (ガオガオ) 店内

画像:Gaogao

ランチメニューは、『花籠本膳』(1,800円)、『季節の花籠膳』(2,000円)、『牛フィレステーキ花籠膳』(2,300円)の3種類。いずれも炊き立ての土鍋ごはんがセットになっています。

こちらは、『花籠本膳』。

Gaogao (ガオガオ) 花籠本膳

画像:よりみち

メインの「花籠本膳」と土鍋ごはんのほかに、味噌汁、お漬物、デザートがついています。

土鍋ごはんは、基本は白ごはんですが、プラス料金で具材がのった土鍋ごはんを選ぶことも可能。写真は、+500円の『炙り和牛の土鍋飯』です。

Gaogao (ガオガオ) 炙り和牛の土鍋飯

画像:よりみち

「注文が入ってから炊く」という土鍋ごはんは、最高のクオリティー。釜ごと持ってきてもらえるから保温できるし、炊き立てを急いで食べなきゃって思わなくてもいいのがうれしいですよね。

メインの「花籠本膳」の中には、小鉢、揚げ物、ちょうちん(下の写真)、お刺身、焼き魚などが盛り付けられています。

Gaogao (ガオガオ) 花籠本膳

画像:よりみち

こちらは、セットのデザート『抹茶の水信玄餅』。

Gaogao (ガオガオ) 抹茶の水信玄餅

画像:よりみち

透明度が高すぎて、まるで水のよう。

料理もデザートも全てのクオリティーが高くて大満足間違いなし。プチ贅沢ランチにおすすめです。

★このランチスポットの記事をチェック!★
「Gaogao(ガオガオ)」の記事一覧

<店舗情報>
■Gaogao(ガオガオ)
住所:福岡市中央区今泉1-15-4 DSビル1F

【西鉄福岡(天神)駅から徒歩11分】Manly(マンリー)<福岡市中央区今泉1丁目>

福岡では珍しいオーストラリアカフェ『Manly(マンリー)』。ペット連れでも利用できるお店です。

Manly(マンリー) 外観

画像:ayu.latte

奥に長い店内は、一番奥にソファ席。お店の入り口には、テラス席もあります。

Manly(マンリー) 店内

画像:ayu.latte

ランチタイムに食べることができるメニューをご紹介していきます。

こちらは、『肉汁たっぷりOZビーフステーキ』(1,600円)。

Manly(マンリー) 肉汁たっぷりOZビーフステーキ

画像:Manly

オーストラリア産の牛肉を使用したステーキのプレートで、サラダとライスがついています。お肉をガッツリ食べたい!という方におすすめ。

こちらは、『カンガルー肉のキーマドリア』(1,300円)。

Manly(マンリー) カンガルー肉のキーマドリア

画像:Manly

珍しいカンガルー肉を使ったManly特製のドリア。どんな味なのか気になりますね。

こちらは、『OZプレート』(1,200円)。

Manly(マンリー) OZプレート

画像:Manly

オーストラリアでよく食べられているというミートパイとフィッシュ&チップスが一緒になった人気メニューです。

『Manly』といえばな、「ふわふわなパンケーキ」もおすすめです。

定番メニューの『リコッタチーズのパンケーキ』(1,200円)は、パンケーキ2つとメイプルシロップ、ホイップとバナナがのったプレート。

Manly(マンリー) リコッタチーズのパンケーキ

画像:Manly

自家製のリコッタチーズをふんだんに使ったパンケーキはとにかくぷるぷるでふわふわ! 口の中に入れた途端に、溶けてなくなってしまいます♡

ランチのお店としてもカフェとしても使えるお店です。ぜひ足を運んでみてくださいね。

★このランチスポットの記事をチェック!★
ぷるっぷる&ふっわふわ♡口に入れると溶けてなくなる絶品パンケーキ(福岡市中央区今泉)

<店舗情報>
■Manly(マンリー)
住所:福岡市中央区今泉1-18-55

【西鉄福岡(天神)駅から徒歩12分】como es(コモエス)<福岡市中央区今泉2丁目>

今泉の路地裏にあるカフェ『como es(コモエス)』。白い2階建ての建物です。

como es(コモエス) 外観

画像:伊藤舞

オーナーは、福岡の音楽シーンに深く関わってきた西田陽介さん。「音楽やアートなど、カルチャーを気軽に楽しめる場を」と2018年にオープンしました。

como es(コモエス) 店内

画像:伊藤舞

こちらは、お店自慢の『キーマカレー』(1,000円)。写真は、+100円で卵黄をトッピングしています(トッピングなしの場合はレモンのスライスがのります)。

como es(コモエス) キーマカレー

画像:伊藤舞

ごはん、キーマカレー、卵黄に、紫キャベツの副菜が彩りを添えています。

そして、ごはん全体にトッピングされている緑色のスパイスは「カスリメティ」。ほろ苦くも甘い香りが食欲をそそりますよ。

como es(コモエス) キーマカレー 

画像:伊藤舞

カレーの辛さは控えめ。お肉は質感は残しつつも柔らかい食感に仕上げてあるので、とってもマイルドな口あたりです。上にパラパラっと振ってあるナッツのトッピングが食感のアクセントに。

スパイスはしっかり使っているけれど、ベースの味わいがしっかりしているので、辛いものやスパイスが苦手な人でも好んで食べられる味になっています。

テイクアウトも可能です。

como es(コモエス) テイクアウト用カレー

画像:伊藤舞

そのほか、スイーツやドリンクなども楽しめます。ぜひゆっくりした時間を過ごしてくださいね。

★このランチスポットの記事をチェック!★
「como es(コモエス)」の記事一覧

<店舗情報>
■como es(コモエス)
住所:福岡市中央区今泉2-1-75

今泉エリアで絶品ランチを楽しめる、おすすめのお店をご紹介しました。

おしゃれな今泉エリアで、楽しいランチタイムを過ごしてくださいね!(構成/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/1・4:ayu.latte、2:chippachapus、3:よりみち、5:伊藤舞
※画像/1:すし酒場 さしす、4:Manly

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#天神 #薬院 #ランチ #まとめ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選