TOP > グルメ > 【天神エリアの居酒屋新店】炭火焼の匂いがたまらん!七輪で焼く絶品「鶏焼き」(福岡市中央区今泉)
鶏や久本

【天神エリアの居酒屋新店】炭火焼の匂いがたまらん!七輪で焼く絶品「鶏焼き」(福岡市中央区今泉)

こんにちは、おいしいごはんが大好きなライター・ayu.latteです。

今回は、天神からアクセス抜群の注目居酒屋をご紹介します。

一人でも気軽に立ち寄れる鶏料理専門店「鶏や 久本(とりやひさもと)」(福岡市中央区今泉)

2023年9月24日、福岡市地下鉄七隈線・天神南駅から徒歩3分の場所にオープンした居酒屋『鶏や 久本(とりやひさもと)』。

警固にある人気居酒屋『舩橋洋品店』の姉妹店です(舩橋洋品店の記事はこちら)。タレに漬け込んだ鶏焼きをメインに、バラエティ豊富な小皿料理が楽しめますよ。

目印は赤い鶏。

鶏や久本 入口

画像:ayu.latte

店内は奥に長い造りで、カウンター席と、立ち飲みのスタンド席があります。

鶏や久本 店内

画像:ayu.latte

各席に七輪が用意されています。真上に換気扇がついているので、焼いているときの煙もあまり気になりませんでした。

ちなみに、スタンド席のほうは予約はできませんが、ドリンクが20%オフで楽しめます。サクッと飲みたいときに、良さそうです!

香ばしさもたまらない!絶品「鶏焼き」

席に着くと、まずお通し(300円)が運ばれてきます。

この日は、鶏ささみのお浸しでした。柚子が効いていて、さっぱり楽しめました。

鶏や久本 お通し

画像:ayu.latte

それでは、さっそく看板メニューの『鶏焼き』をご紹介しますね。

使用しているのは、一般的に「若鶏」として販売されているものの約9倍、450日以上の育成日数をかけた「種鶏」。旨みたっぷりで、固すぎず柔らかすぎない、独特の歯応えが楽しめるんだそう。

部位は『もも』(640円)、『ふりそで』(430円)、『はらみ』(380円)、『せせり』(430円)、『ぼんじり』(380円)、『砂ずり』(430円)、『やげん軟骨』(430円)の全7種類のラインナップ。自分で焼くほか、お店の方に焼いてもらうことも可能です。

こちらは私の大好物、『砂ずり』。とってもキレイな赤い色で、新鮮なことが分かります。

鶏や久本 砂ずり

画像:ayu.latte

炭火焼の香ばしい匂い! タレもおいしくて、歯ごたえもたまりませんでした♡

鶏や久本 砂ずり

画像:ayu.latte

こちらは、『やげん軟骨』。コリコリとした食感が心地良くて、いくらでも食べられそう!

鶏や久本 軟骨

画像:ayu.latte

お肉以外にも『エリンギ』(300円)、『山芋』(350円)、『雲仙ハム』(430円)、『たこ天』(430円)、『えいひれ』(480円)といったお酒のすすみそうなメニューも揃っていますよ。

鶏や久本 エリンギ

画像:ayu.latte

焼き物には、お好みで「ゆず七味」、「七味」、「山椒七味」をつけていただきます。個人的には、ふんわりと香る「ゆず七味」が好みでした。

有料のトッピングは『出汁とろろ』(200円)、『旨辛白髪葱』(180円)、『鬼おろし レモン酢』(150円)の3種類。

『鬼おろし レモン酢』をオーダーしましたが、サッパリとしていて、とってもおいしかったです。

鶏や久本 七味

画像:ayu.latte

どれにするか迷っちゃう!小皿おつまみの数々

サイドメニューも多くあり、目移りしちゃいます。お店の方にオススメを教えていただいたのでご紹介しますね。

写真左は、粒が大きいタスマニア産のマスタードをのせた『鶏時雨煮入りポテトサラダ』(450円)。鶏の時雨煮がたっぷりなのがうれしい、お酒が進む味わいでした。

写真右の鰹節が散らしてあるほうは、『長芋紫蘇漬け』(380円)。シャキシャキとした食感と紫蘇のさっぱりとした風味がベストマッチの逸品です。

鶏や久本 ポテトサラダ

画像:ayu.latte

こちらは、醤油漬けにしたアボカドとささみの上に、茎山葵入りの雲丹醤油がかけられている『ささみ漬けアボカド』(580円)。雲丹が加わることで濃厚な旨みが増して、箸が止まらなくなるおいしさでした。

鶏や久本 ささみ漬けアボカド

画像:ayu.latte

こちらは、粗めのヤゲン軟骨のミンチと海老、レモンの皮などが入った『鶏海老焼売 レモン醤油』(2個380円)。とっても肉々しい味わいで、いくつでも食べられそう!

鶏や久本 鶏海老焼売

画像:ayu.latte

こちらは、『THEチキン南蛮』(480円)。秘伝のタレにつけて揚げた鶏肉が、外側はカリッと、中はジューシーで柔らか。燻製たくあんを使った具たっぷりのタルタルが、また良いんです! ピクルスが定番だと思っていましたが、たくあんがこんなに合うことに驚きました。

鶏や久本 チキン南蛮

画像:ayu.latte

〆にピッタリなのが、アツアツで届く『石焼ガーリックライス』(730円)。甘辛く味付けされた鶏肉がたっぷり!

鶏や久本 ガーリックライス

画像:ayu.latte

仕上げに鶏油醤油を加えて、よく混ぜてからいただきます。あまりのおいしさに感動しました! ニンニクの香ばしさと鶏肉のジューシーさが相性抜群です♡

鶏や久本 ガーリックライス

画像:ayu.latte

そして外せないのが、食後のスイーツ! きな粉と黒みつで味わう『雫 わらび餅』(280円)をいただきました。

本物の雫のように透明でぷるんぷるん! 甘ったるくなく、食後にぴったりの味わいでした。

鶏や久本 わらび餅

画像:ayu.latte

ドリンクも種類豊富

アルコール、ノンアルコールともに、料理に合うドリンクの種類も豊富。

写真は『紫蘇サワー』(480円)。梅じそのような酸っぱさがクセになるおいしさでした♡ 赤い色もかわいらしいですよね。

鶏や久本 ドリンク

画像:ayu.latte

そのほか、『知覧紅茶ハイ』(450円)や『瀬戸内レモンサワー』(480円)なども。

ワインや日本酒はリストもありましたよ。

仕事終わりに立ち寄ったり、気の合う友達とちょっと飲みたいときに。ぜひ『鶏や 久本』に行ってみませんか?(文/ayu.latte)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■鶏や 久本(とりやひさもと)
住所:福岡県福岡市中央区今泉1-13-28 サンスペース今泉Ⅱ 1F
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:第2火曜日、平日の31日
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#天神エリア #居酒屋・バー #肉料理 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【城南区】週2日営業の人気隠れ家ベーカリー

【久留米】知る人ぞ知る人気スイーツ店
【北九州】ボリューム◎話題の焼肉鉄板定食