TOP > グルメ > 小倉の人気店がリニューアル!“リピ確実の美味しさ”もつ鍋・水炊き・和牛熟成肉を実食レポ(北九州市)
こらぁ源

小倉の人気店がリニューアル!“リピ確実の美味しさ”もつ鍋・水炊き・和牛熟成肉を実食レポ(北九州市)

こんにちは。グルメを中心に福岡の情報をゆるっと発信している、ちひログです。

今回は、リニューアルオープンした小倉の人気店をご紹介します。

待望のリニューアルオープン!和牛熟成肉ともつ鍋・水炊きの店「こらぁ源」(北九州市小倉北区鍛治町)

2007年2月のオープン以来、長らく小倉で愛されているもつ鍋と水炊きの専門店『こらぁ源』。

2023年5月からしばらくの間休業していましたが、9月8日に、鍛治町にある姉妹店・旧『たんはらみ源』の店舗へ移転、営業を再開しました。

JR・小倉駅から徒歩5分、北九州モノレール・平和通駅から徒歩1分ほどの場所です。

こらぁ源:外観

画像:CHIHIRO

先代の味を現スタッフが忠実に受け継いで再現。『こらぁ源』のもつ鍋と水炊きに加え、『たんはらみ源』で提供していた黒毛和牛はらみ焼きや熟成牛タンなどのメニューも楽しめるようになりました。

店内は、和の雰囲気がたまらないオシャレな空間。

こらぁ源:店内・テーブル席

画像:CHIHIRO

テーブル席だけでなく、奥には一人でも訪れやすいカウンター席もありますよ。

こらぁ源:カウンター席

画像:CHIHIRO

2階には、大人数で利用可能なお座敷もあります。これから年末にかけて大活躍しそうですね。

こらぁ源:2階席

画像:CHIHIRO

注目メニューをご紹介

『こらぁ源』のメニューは、『もつ鍋コース』(1人前3,500円)に『水炊きコース』(1人前4,500円)、『熟成牛タンコース』(1人前6,000円)や『黒毛和牛ハラミコース』(1人前6,000円)などのコースのほか、単品も種類豊富。※コースはいずれも2人前~注文可能

今回は単品メニューで楽しんできたので、一つずつ詳しくご紹介していきます。

お通しは茶碗蒸し

お通しは、『こらぁ源』の名物と言っても過言ではない『茶碗蒸し』(500円)。

牛の骨から長時間かけてとったスープが使われていて、奥深い味わいがたまりません。

こらぁ源:茶碗蒸し

画像:CHIHIRO

上にのっているいくらのようなものは、ポン酢のジュレ。

濃厚な味わいの茶碗蒸しと、ジュレのまろやかな酸味が絶妙なバランスですよ。

こらぁ源:茶碗蒸し

画像:CHIHIRO

名物のもつ鍋は3種類

おいしいもつ鍋のお店を聞かれると、私は必ず『こらぁ源』と答えるほど、私はこのお店のもつ鍋が大好き!

そんな『もつ鍋』(1人前1,650円)は、味噌、醤油、塩の3種類。今回は味噌を注文しました。

こらぁ源:もつ鍋・味噌

画像:CHIHIRO(写真は2人前)

長時間かけてとった特製スープに、国産の黒毛和牛のもつと国産野菜の旨みがギュッと溶け込んでいます。

上品な味噌の味わいが最高!

ふわっ、ぷるっとしたもつのおいしさは、まさに感動ものです。

こらぁ源:もつ鍋

画像:CHIHIRO

鍋の最後は『〆の麺』(440円)を注文。

こらぁ源:〆

画像:CHIHIRO

麺を入れて、麺のスープとして味わうと、また違った味わいに! 最後まで大満足の内容でした。

こらぁ源:〆の麺

画像:CHIHIRO

もうひとつの名物「水炊き」

こちらは、長時間かけて丁寧にとったスープの旨みがたまらない『水炊き』(1人前2,860円)。

こらぁ源:水炊き

画像:CHIHIRO(写真は2人前)

まずはスープをそのまま一口。あっさりとしていながらも、濃厚な鶏の風味に驚きます。

その後は、つみれを入れていきます。

こらぁ源:つみれ

画像:CHIHIRO(写真は2人前)

つみれを入れた状態で、スープをさらに一口。卓上にある塩をひとつまみ入れてもおいしいですよ。

スタッフの方によると、つみれを入れた後のスープが一番おいしいのだそう!

こらぁ源:つみれ

画像:CHIHIRO(写真は2人前)

その後はたっぷりの野菜や豆腐を入れて完成。

お肉はジューシーで柔らか。肉やスープの旨味を吸った野菜も、いくらでも食べられそうなおいしさです。

こらぁ源:水炊き

画像:CHIHIRO(写真は2人前)

スープを余すことなく味わうには、『〆の雑炊』(440円)の注文も欠かせません。まさに、絶品でした!

こらぁ源:〆の雑炊

画像:CHIHIRO

熟成牛タン焼き

こちらは、旧『たんはらみ源』の看板メニュー『熟成牛タン焼き』(4,070円)。米粉と塩で作られた淡雪塩、かぼす、塩昆布が添えられた華やかな盛り付けに、心を奪われます。

こらぁ源:熟成牛タン焼き

画像:CHIHIRO

驚くほどの柔らかさと肉の旨みに感激しました。

こらぁ源:黒毛和牛タン焼き

画像:CHIHIRO

黒毛和牛ハラミ焼き

旧『たんはらみ源』のもうひとつの看板メニュー『黒毛和牛ハラミ焼き』(4,070円)。

こらぁ源:黒毛和牛ハラミ焼き

画像:CHIHIRO

外は香ばしく、中は柔らかな、熟練した料理人による絶妙な火入れに感動! 口に含むと甘みがひろがり、ジューシーでおいしかったです。

こらぁ源:黒毛和牛ハラミ焼き

画像:CHIHIRO

『熟成牛タン』と『黒毛和牛ハラミ焼き』はどちらも、柚子胡椒、洋わさび、自家製青唐辛子、わさび、自家製のタレ、自家製の辛味噌など、さまざまな薬味でも味わえますよ。

こらぁ源:薬味

画像:CHIHIRO

酢もつ

次回もリピートを決めたのが、『酢もつ』(880円)。

ふっくらジューシーで、口の中でジュワッと旨みが溢れ出します。頬張るたびに、ため息が出るほどのおいしさでした。

こらぁ源:酢もつ

画像:CHIHIRO

せんまい刺し

隣に座っていた料理人の方が「こんなにキレイなセンマイはなかなか見ない!」と驚いていたのが、『せんまい刺し』(990円)。

こらぁ源:せんまい刺し

画像:CHIHIRO

添えられている自家製のからし味噌や、特製のチョジャンでいただきます。

コリコリとした食感がたまりませんでした。

こらぁ源:せんまい刺し

画像:CHIHIRO

とうもろこしの天ぷら

あごだしベースの天つゆや抹茶塩でいただく『とうもろこしの天ぷら』(770円)。

サクッと揚がっていて、甘さたっぷり! こちらも絶品でしたよ。

こらぁ源:とうもろこしの天ぷら

画像:CHIHIRO

〆にピッタリ!テールラーメン

旧『たんはらみ源』のメニューの中でも大好きだった、『テールラーメン』(1,870円)も復活!

テールの旨みが凝縮されたスープは、濃厚ながらくどすぎず、締めにもぴったりです。

こらぁ源:テールラーメン

画像:CHIHIRO

テール肉も柔らかでおいしくて、箸が止まりませんでした!

こらぁ源:テールラーメン

画像:CHIHIRO

リニューアルしてますます魅力が増した『こらぁ源』。

ぜひ足を運んでみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■こらぁ源
住所:福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1丁目1-15
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:不定
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#グルメ をまとめてチェック!
#小倉 #居酒屋 #肉料理 #ディナー 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店