TOP > グルメ > “とろ~り”ひんやり「冷たい生フレンチトースト」は要チェック!『アマムダコタン』の冷やしパンスイーツ【古後大輔の福岡パンライフ#30】

“とろ~り”ひんやり「冷たい生フレンチトースト」は要チェック!『アマムダコタン』の冷やしパンスイーツ【古後大輔の福岡パンライフ#30】

2020.07.13

ぱんにちは〜!

今日も素敵な「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

気温が上昇するにつれて「冷やしパン」ブームの熱気も急上昇! 今回は『アマムダコタン』の「冷やしパンスイーツ」をご紹介します。

 

ローマの郷土菓子が新感覚「冷やしパンスイーツ」に変身!

『アマムダコタン』「冷やしパンスウィーツ」

画像:シティ情報ふくおか

『アマムダコタン』の限定新メニュー!

『八女産ふくえくぼのマリトッツォ』(480円)と『八女産ふくえくぼのグラタンマリトッツォ』(520円)。

※『アマムダコタン』にて14時から販売予定

画像:シティ情報ふくおか

画像:シティ情報ふくおか

『アマムダコタン』でも人気のローマの郷土菓子をアレンジした新メニュー『マリトッツォ』の最新バージョン。

甘さ控えめの生クリームの中には、八女産『ふくえくぼ』というブランドのフレッシュなモモがなんと半玉入り! グラタン風のキャラメリゼしたタイプも最高です!

ブリオッシュ生地のパンにはサツマイモがたっぷり練りこまれていて、しっとり、もっちり。後味がシュークリームみたいでこれまた新感覚。

そのまま食べてもおいしいけど、持って帰ってたっぷり冷やしてからたべるとさらにおいしさ倍増なんですよね〜コレが!

『アマムダコタン』にて14時からの限定販売メニューなのでお間違いなきように!

 

夏の王様とハニートーストで発明的スープスイーツ!?

※ここから下で紹介する3つは『アマムダコタンカフェ』のメニューです。

画像:アマムダコタン

アマムダコタンカフェ限定『スイカのグラニテとヨーグルトチーズスープ ハニートースト添え』(750円)

画像:アマムダコタン

スイカよりスイカらしいグラニテの夏全快の淡い甘さに感動!

さらにヨーグルトチーズスープのスッキリだけどコクがある、酸味と甘味、この季節だからこそカラダにひ〜んやり染み入るこの快感はヤミつきもの。

着想はスーパーやコンビニで昔から売られているビニール袋入りのイチゴ味のかき氷をグラスに入れて、冷えた牛乳やヨーグルトジュースを掛けて、グチャグチャにかき混ぜながら食べる(みなさんも一度はしたことあるのでは!?)、チープだけどゴージャスなおうちデザート。

その夏の王様「スイカ」バージョンとでも申しましょうか(もちろん、質と味のパフォーマンスは比べ物になりませんが……)。そこに、カリカリ、ザクザクのハニートーストがプラスされれば、灼熱の太陽と夏の日差しに感謝をしてしまうくらい、夏日和なパンスイーツが完成。

うっかり一度味わったら、忘れられない夏の味になってしまうのでご用心を。「これって発明!?」ってくらい、今夏のベストヒットになるのではなかろうか。

 

ナイフを入れる!その瞬間が、絶好のムービーチャンス!

画像:シティ情報ふくおか

アマムダコタンカフェ限定『八女産ふくえくぼの冷たい生フレンチトースト』(1,150円)

画像:シティ情報ふくおか

画像:シティ情報ふくおか

SNSで告知したところ、発売前から問合せが殺到したという『生フレンチトースト』の夏バージョン。

八女産『ふくえくぼ』のモモにナイフを入れた瞬間、クリームがひんやりととろけ出る、夏らしい、いや夏だからこそ感動を味わえる絶品パンスイーツ!

上品な甘味の八女産ふくえくぼが半玉ド〜ンとのっていて、その上には特製生フレンチソースをどっぷりかけて……さらに上空から粉糖を粉雪のごとくかる〜く、た〜っぷりとふりかけて……表面はガッチリとキャラメリゼ!

食べた瞬間、カリカリ、ふわふわ、ト〜ロトロのおいしい食感三兄弟がいっぺんにやってきます。それをしっかりと縁の下から支えるフレンチトーストはひんやりしっとり。

フレンチトーストって冷やしてもイケてるんですね。ほんとおいしい発想ってまだまだ無限大!

春の大好評パフェが、上品な桃をたっぷり入れてリニューアル!

画像:シティ情報ふくおか

アマムダコタンカフェ限定『八女産ふくえくぼの冷たいグラタンパフェ』(850円)

画像:シティ情報ふくおか

画像:シティ情報ふくおか

大好評だった春限定『イチゴのハニートーストパフェ』の夏版は八女産『ふくえくぼ』のモモが贅沢かつ大胆に入ったモモパフェ!

こちらも大ブレイク間違いナシ! 水切りヨーグルトと卵でつくったソース、その上にスライスした八女産ふくえくぼを綺麗にセッティング。

さらにソース、粉糖、カラメリゼのおいしい方程式にあてはめれば、間違いない正解が導き出される!

グラス側面にこれでもかと並べられたモモの量にちょっぴり驚きながらも、躊躇することなくスプーンを差し込もう。思いっきりすくい上げたら、添えられたハニートーストにオ〜〜ン!

ハニートーストをおかわりしたくなってしまう…濃厚パンスイーツ!

中にもどっさりとカリカリのハニートーストが入っているんだなぁ。抜かりなし! 最後まで一度もがっかりさせない、一口ごとに違うおいしさで魅了させられる。(文/古後大輔)

※文中価格はいずれも税別です。

<店舗情報>

『amam dacotan(アマムダコタン)』
住所:福岡市中央区六本松3-7-6
詳細はamam dacotan

 

『amam dacotan cafe(アマムダコタンカフェ)』
住所:福岡市中央区六本松3-7-8
詳細はamam dacotan cafe

【参考・画像】

※古後大輔

※シティ情報ふくおか

この記事は公開日時点の情報です。

<こんな記事も読まれています>

“パンの顔つき”が違う!愛されるまちのパン屋『BAKERY タツヤ』へ【古後大輔のふくおかパンライフ#16】

商品はほぼ100円台!地域愛溢れるベーカリー『パン工房 笹山』【古後大輔のふくおかパンライフ#19】

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)