TOP > グルメ > “予約の取れないイタリアン”の姉妹店が春日原に!「和モダンな上質ランチが◎」話題の新店(春日市)
松島茶寮

“予約の取れないイタリアン”の姉妹店が春日原に!「和モダンな上質ランチが◎」話題の新店(春日市)

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは! ライターのてしまかおりです。

本業が不動産関係なので、福岡の街の動きにも敏感な私。今注目しているのは、2022年8月に高架切り替えした西鉄「雑餉隈」駅~「下大利」駅エリア! 駅舎がきれいになり、高架下の活用も始まれば、街がより賑わうと期待されています。

今回は、そんな注目のエリアにある西鉄「春日原」駅近くに、2022年8月8日にオープンしたお店をご紹介します。なんと、知る人ぞ知る名店『Bistro Matsushima(ビストロマツシマ)』の姉妹店です。

★「Bistro Matsushima(ビストロマツシマ)」についてはこちらの記事で!★
地元でも”知る人ぞ知る”!本当はヒミツにしておきたいイタリアンの名店「Bistro Matsushima」(福岡市博多区)

西鉄「春日原」駅から徒歩約3分!人気イタリアンが手掛ける和モダンなおしゃれカフェ「松島茶寮」(春日市)

高架切り替えできれいになった、西鉄「春日原」駅。

西鉄春日原駅

画像:てしまかおり

そこから約3分ほど歩くと、大通り沿いにある和モダンな雰囲気の『松島茶寮』に到着します。

外観 松島茶寮

画像:てしまかおり

『松島茶寮』は、“予約の取れない”人気イタリアン『Bistro Matsushima(ビストロマツシマ)』が手掛ける、和テイストのおしゃれなカフェ。

のれんも「和」な雰囲気。ガラス張りの店内は、とても明るく開放的です!

内装 松島茶寮

画像:てしまかおり

店内は、シックながら温かみもある雰囲気。オープンキッチンなのも安心感があります。

今回は小さな子どもが一緒だったので、その旨をお店に伝えると「まだ子ども用の椅子がないから」とベビーカーでの入店を勧められました。

席の間にたっぷりとスペースが取ってあるので、ベビーカーでも移動しやすく、ゆっくりと食事ができましたよ。何より、温かい心配りを感じるので、子どもと一緒でも過ごしやすいです。

4種類からメインが選べる!「選べる松島茶寮膳」

ランチは『選べる松島茶寮膳』(1,800円~)。前菜の盛り合わせに、「選べる食事」が付きます。

選べる食事は、『大分名物だんご汁と天むす膳』、『唐津とと屋の明太子パスタ』、『本日のお魚膳 ご飯と味噌汁付き』、『特選和牛かつ膳 ご飯と味噌汁付き(+800円)』の全4種類です。

なぜ“大分名物”があるかというと、『松島茶寮』は、大分出身の方と長崎・松島出身の方のお二人の共同経営だから。

このお店では、大分のご実家で採れた新鮮な野菜と、長崎・松島のご実家から直送された海鮮が楽しめるんです。2つの街のおいしい食材を一度に味わえるのは、とても贅沢ですね!

今回は2人で訪れて、メインは『大分名物だんご汁と天むす膳』と『本日のお魚膳 ご飯と味噌汁付き』を選びました。

まずは前菜が運ばれてきます。

思わず感嘆する美しさ! この日のメニューは左手前から時計回りに「夏大根のフリット」、「おかかのポテトサラダ」、「水ナスの煮びたし」、「茶碗蒸し」、「オクラとモロヘイヤの白和え」、「切干大根」、そして真ん中に「ローストビーフ」でした。

前菜 松島茶寮

画像:てしまかおり

この時はまだ暑い時期だったので、清涼感のある旬の食材が使われていました。

素材を生かした繊細な味付けは、一口ごとに、そのおいしさに驚いてしまうほど!

前菜 松島茶寮

画像:てしまかおり

ちなみに、器もすてきじゃありませんか? こちらは佐賀県有田焼の窯元『福寿窯』の器。豆皿の柄はすべて違い、目でも楽しませてくれるんです。

さて、期待が高まるメイン! まずはこちら、『大分名物だんご汁と天むす膳』です。

大分名物だんご汁と天むす膳 松島茶寮

画像:てしまかおり

見た目もかわいい天むすと大きなだんご汁のセット。ボリュームも見た目以上にしっかりとあります!

だんご汁の出汁は、毎日イチから取っているそう。その手間が伝わる、深くてやさしい味。

天むすは、まるで雑貨みたいにかわいらしい見た目!

大分名物だんご汁と天むす膳 松島茶寮

画像:てしまかおり

カラフルなあられをまとっているほうはカリカリ、ベーシックなほうはしっとり。お米がとってもおいしいのはもちろん、食感の違いも楽しいです。

続いてのメインは、『本日のお魚膳 ご飯と味噌汁付き』。

本日のお魚膳 ご飯と味噌汁付き 松島茶寮

画像:てしまかおり

この日の魚はサバの塩焼き。しっかりと大きさがあります。ご飯、味噌汁、漬物がセットで満足感のあるメニューです。

本日のお魚膳 ご飯と味噌汁付き 松島茶寮

画像:てしまかおり

見てください!この美しい焼き目! グリーンのお皿に映えますね。

パリパリの皮にふわふわの身、ジュワっと甘い脂……新鮮な素材が丁寧に料理されたらこんなにもおいしいんだ!と感動しきりでした。

ランチタイムはもちろん、夜もティータイムも魅力たっぷり!

17時半からは夜メニュー。素材を生かしたさまざまなお料理が楽しめます。

メニュー 松島茶寮

画像:てしまかおり

こちらは夜メニューの『ヤリイカの丸焼き』です。おいしそうですね~!

ヤリイカの丸焼き 松島茶寮

画像:松島茶寮

夜にはおいしいお酒も楽しめますよ。オーナーがビール好きなので、ビールの種類も豊富なんだとか! ワインセラーもありましたよ。

また、珈琲や紅茶、煎茶や抹茶などのドリンク類や、おはぎやぜんざいなどの和スイーツもありました。本店の『Bistro Matsushima(ビストロマツシマ)』はスイーツも美しくておいしいお店なので、『松島茶寮』のスイーツも期待大です!

今後はカフェタイムもつくることも、検討されているとのこと。今度は別の時間帯にも訪れたいと思いました。

『松島茶寮』も『ビストロマツシマ』と同じように、思わず誰かに教えたくなるお店です。

素材の新鮮さ、味のおいしさ、見た目の美しさ、お店の雰囲気どれをとってもすばらしく、それに加え、お店の方の真摯さに感動をもらえます。

肌寒くなってきたこの頃、「今日、ここに来てよかった」と心が温かくなる幸せを味わいに、ぜひ訪ねてみてください!(文/てしまかおり)

<店舗情報>
■ 松島茶寮
住所:春日市春日原北町4-18-1 ウイングス春日原 103
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/てしまかおり

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#カフェ #ランチ #2022年オープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【太宰府天満宮周辺】グルメライター厳選17店
【ヌン活】福岡市内のおすすめ店5選
【福岡市近郊】いちご狩りスポット9選