TOP > グルメ > まさに焼き立てパン市場! “ピスタチオ系も充実”人気ベーカリーがリニューアル【古後大輔の福岡パンライフ#145】

まさに焼き立てパン市場! “ピスタチオ系も充実”人気ベーカリーがリニューアル【古後大輔の福岡パンライフ#145】

2022.09.26

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は人気店のリニューアルオープン情報をご紹介。

待ちに待ったリニューアル初日から大行列!「ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー」(福岡市中央区薬院)

店舗改装工事で、約1か月半の間お休みしていた『The ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー)』(※以下『ザ・ルーツ』)。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 看板

画像:古後大輔

2022年9月17日(土)に、ついにリニューアル・プレオープン!

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー ブラックボード

画像:古後大輔

初日は開店時からずっと大行列! やっと入店できたときには商品がほぼ売り切れていたので、翌日再訪問してきました。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー レジ横

画像:古後大輔

入口のデザインも、グッと大人の雰囲気に一新。

 店内 ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

店に入ると広いカウンターがドーンと鎮座。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー パン一覧

画像:古後大輔

約70種類の焼き立てパンが、どんどん並べられていく。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 焼き立てが並ぶ

画像:古後大輔

売場を限定した分、入店は一度に3組までに。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 焼き立て

画像:古後大輔

でもその分「今日は何がおすすめ?」「これどんな味なの?」なんてスタッフとの会話を楽しみながら、ゆっくりと品定めできるのが良い。

選んでるうちにも、どんどん新しいメニューが追加されていくし、何が出てくるかはその日次第って感じもあって、一期一会のワクワク感もある。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー パンがずらり並ぶ

画像:古後大輔

たとえるなら、採れたて野菜や魚が並ぶ産直市場のような臨場感と高揚感。

そんな店内リニューアルに伴って、オーナーシェフ・三浦さんの個性的なパンもさらにオリジナリティーがパワーアップ!

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー パン一覧

画像:古後大輔

リニューアルに向けて試行錯誤された新メニューも盛りだくさん。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー パンが並ぶ

画像:古後大輔

定番メニューも、レシピや味付けの細かな部分まで改良されているのでお見逃しなく。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 三浦さん

画像:古後大輔

「まずは今の形からですが、これからもっともっとおいしく&面白くブラッシュアップしていきますんで、お楽しみに!」とオーナーシェフ・三浦さん。

ひとまずリニューアルオープン、おめでとうございます!

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 玄関

画像:古後大輔

インパクトある見た目と味付け!誰にも止められないオーナーシェフ・三浦節が炸裂!

今回は、新メニューを中心にピックアップしてみました。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー 商品いろいろ

画像:古後大輔

フランボワーズとピスタチオを使った色鮮やかなメニューが登場!

『クロワッサンフランボワーズ』(378円)。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー クロワッサンフランボワーズ

画像:古後大輔

『クロワッサンピスターシュ』(324円)。

クロワッサンピスターシュ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

カラフルな見た目がとっても印象的!

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー クロワッサンフランボワーズ

画像:古後大輔

外側はもちろんクロワッサンの中もしっかりスイート!

クロワッサンピスターシュ 断面 ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

『フランボワーズのあんぱん』(302円)。

フランボワーズのあんぱん ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

『ピスタチオのあんぱん』(302円)。

ピスタチオのあんぱん ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

小豆を練り込んだ柔らかな食感のパンに、フランボワーズやピスタチオを練り込んだあんこをたっぷりサンド!

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー フランボワーズのアンパン

画像:古後大輔

ピスタチオのアンパン 中身 ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

『フランバニーユ』(302円)。

フランバニーユ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

フランバニーユ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

『フランピスターシュ』(302円)。

ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー フランピスターシュ

画像:古後大輔

フランピスターシュ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

「フラン」とは、牛乳・卵などをタルト生地を敷いた型に流し込んで焼き上げるフランスの伝統菓子のこと。

『カヌレ』(270円)。

カヌレ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

外はカリカリ、中はしっとり。焼き具合も味付けもメリハリばっちり!

カヌレ ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー

画像:古後大輔

そのほかスコーン、ベニエ、ファーブルトンなど焼き菓子も盛りだくさん!

そのほか『栗とカボチャのタルト』なんかもおすすめ。

画像:古後大輔

画像:古後大輔

『自家製ロースハムのクロックムッシュ』(410円)。

画像:古後大輔

画像:古後大輔

以前から豊富な種類で大人気のクロックムッシュもソースづくりから一新。

『ゴルゴンゾーラと栗と鶏』のクロックムッシュも要チェック!

『アンチョビオリーブ』(1個75円)。

画像:古後大輔

カリッとモチッとしたパン生地で、まるっと一粒包み込まれたアンチョビオリーブ。最高のおつまみパン!

画像:古後大輔

『りんごとカマンベールと生ハム』(324円)。

画像:古後大輔

シンプルなプチバゲットの中に角切りリンゴの甘みと酸味、そこにカマンベールチーズと肉肉しい生ハムの旨みと塩味がベストマッチ。

画像:古後大輔

『雑穀と山栗のバゲット』(345円)。

画像:古後大輔

あえて栗そのものの味わいを強調した、栗ご飯みたいな素朴な味わいの季節バゲット。

画像:古後大輔

『ザ・ルーツ』得意のバトン形状メニューも新入りを加えつつ健在!

『オリーブペーストと豚トロソーセージ』(432円)。

画像:古後大輔

粒々感が楽しいオリーブペーストと豚トロの濃厚な味わいがたまりません。

画像:古後大輔

『イチヂク赤ワイン煮のバトン』(345円)。

画像:古後大輔

イチジクやナッツがゴーロゴロッ! 秋らしい具材がいっぱいの香ばしいバトンバゲット!

画像:古後大輔

ご馳走感あふれる自慢のサンド類も抜かりなし!

『豚のリエットサンド』(410円)。

画像:古後大輔

丁寧に下ごしらえされた豚のリエットがモリモリっとサンドされた豪華な逸品!

画像:古後大輔

『トリュフ香るキノコと塩豚のサンド』(410円)。

画像:古後大輔

肉厚でジューシーな豚肉の上には、あふれんばかりの秋の味覚・キノコのソテーがどっさり!

画像:古後大輔

リニューアルオープンした『The ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー)』。これからどんな風になっていくのか楽しみです。(文/古後大輔)

<店舗情報>
■The ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー)
住所:福岡市中央区薬院4-18-7
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#薬院 #パン #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目新店も】福岡市早良区のグルメ情報

【コストコ通が厳選】コストコおすすめ商品
【北九州】わざわざ行きたい人気洋食店