TOP > グルメ > 買わずに作れる“お店の味”!ポン酢と定番調味料で簡単「冷やし中華」
冷やし中華

買わずに作れる“お店の味”!ポン酢と定番調味料で簡単「冷やし中華」

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

各地で梅雨入りの気配がしてきました。蒸し暑い日も多いですね。

そこで今回は、夏の定番「冷やし中華」をご紹介します。暑い日につるっと食べると最高ですよね。

味の決め手になるのはタレ。実は、わざわざタレ付きの麺や、専用のタレを購入しなくても、「ポン酢」で簡単においしいタレが作れます。麺は、3玉セットなどで販売されているちぢれ麺「生めんタイプ」を使用しますよ。

1:ポン酢の手作りタレで「冷やし中華」はじめましょう!

今回はトマトときゅうりを使っていますが、冷蔵庫にある野菜でOK! ゆで豚の代わりに、蒸し鶏、ハム、カニカマ、ツナなどもおすすめです。

冷やし中華

画像:中願寺あゆみ

【材料】(1人分)
中華麺・・・1玉
ゆで豚・・・50g
きゅうり・・・1/3本
トマト・・・1/2個
錦糸卵・・・1個分
白ごま・・・適量
Aポン酢・・・大さじ3
A水・・・大さじ1
A酢・・・小さじ1
A砂糖・・・小さじ1
A鶏がらスープの素・・・小さじ1/2
A和からし・・・少々
Aごま油・・・小さじ1

<作り方>

(1)きゅうりは千切りにする。ミニトマトは薄切りにする。ゆで豚は細切りにする。Aをしっかり混ぜ合わせて、タレを作っておく。

(2)鍋に湯を沸かし、中華麺を袋の表示通りゆでる。

(3)湯を切った中華麺は氷水でしっかりとしめる。

(4)麺を器に盛り、具材を並べて、白ごまを散らす。タレをかけて食べる。

個人的にはからしをしっかりときかせたタレが好きなので、いつも多めに入れています。お野菜は冷蔵庫にあるもので……と言いましたが、意外におすすめの野菜が「ピーマン」。だまされたと思って千切りのピーマン、入れてみてください。

また、材料の中で出てくる「ゆで豚」のレシピは、以前ご紹介しています。あわせてご覧ください(記事はこちら)。

2:おすすめ副菜「いんげんのマヨたらこ和え」

冷やし中華の時の副菜、迷いますよね。そもそも具材も多いので、一皿で十分な気もしますが、でもなんかちょっと欲しい……そんな時におすすめのレシピです。これから流通量が多くなる「いんげん豆」を、おいしくいただきましょう。

インゲン

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
すじなしいんげん・・・10本
たらこ(明太子でも可)・・・20g
マヨネーズ・・・大さじ1/2
塩・・・小さじ1

<作り方>

(1)鍋に500mlの熱湯(分量外)を入れ、塩とすじなしいんげんを入れて2分くらいゆでて、冷水に取る。水分をキッチンペーパーでふき取り、食べやすいように3センチ幅に切る。

(2)たらこは薄皮を取り除き、マヨネーズと混ぜ合わせ、いんげんを絡める。

いんげん豆は買ってきて一気にゆでて、冷蔵庫でストックしておくのもおすすめ。使いたいときにさっと切って胡麻和え、ポン酢和え、からしマヨネーズなどと合わせれば、副菜があっという間に作れますよ。

今回は手作りタレの冷やし中華と、いんげん豆の副菜をご紹介しました。ぜひ作ってみてくださいね!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #時短 #料理

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡県内】美味しいホットドッグ8選

【太宰府ニューオープン】注目のカフェ
【久留米】木曜だけ営業のパンとおやつの店