TOP > グルメ > もはやアート! “楽しめるのは今だけ”人気店「パンシリオ」注目パフェ3選(福岡市中央区黒門)

もはやアート! “楽しめるのは今だけ”人気店「パンシリオ」注目パフェ3選(福岡市中央区黒門)

2022.04.02

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

SNSなどでいちごの写真をたくさん目にしていると、どれもおいしそうで迷ってしまいますね。

そこで、味だけではなく見た目にもこだわりの詰まったスイーツを食べたい人にオススメ! 福岡の数あるお店の中でも、ひときわ目を引くパフェを提供している、黒門の『パンシリオ』のパフェをご紹介します。

どれも美しい!パフェ専門店「パンシリオ」(福岡市中央区黒門)

福岡市中央区黒門にあるパフェ専門店『パンシリオ』。旬のフルーツを使ったおしゃれなパフェが楽しめると人気のお店です。

春のパフェは、ひときわみずみずしく、アートな雰囲気たっぷり! この時期に楽しめるパフェ3種をご紹介します。

昔ながらのプリンだけど見た目は斬新!「パフェ専門店のプリンアラモード」

プリンアラモード

画像:パンシリオ

2022年4月1日(金)から登場しているのが、『パフェ専門店のプリンアラモード』(2,100円)。

試作に4か月をかけたという“昔ながらの固めのプリン”を主役にした、プリンアラモードのパフェです。繊細な飴細工がキレイ!

バニラジェラートがたっぷりのったボリューミーで固めなプリンを引き立てるのは、まーるくカットされたキウイやバナナ、リンゴ、ブルーベリーなどのフルーツ。それぞれの味わいと食感の違いを楽しめるのも魅力です。プリンの甘さとフルーツの酸味が口の中で重なり合い、プリンアラモードの醍醐味を味わえます。

プリンの下には、ホワイトチョコ板、生クリームジュレ、コーヒーキャラメル、チーズケーキ、クレームシャンティ、コーヒージュレと、贅沢な味わいが重なりあっていますよ。

パフェらしい風味や食感の違いを一口ごとに味わいながらスプーンを下まで掘り進める、至福のひとときを楽しめます。

毎春人気のティラミスも今年バージョンで登場!「雛菊ティラミス」

雛菊のティラミス

画像:パンシリオ

この春のティラミスは、『雛菊ティラミス』(1,900円、提供終了は4月中旬から下旬頃の予定)。
今年は、春を告げる花「デイジー」をモチーフに作られています。

トップの部分に贅沢にあしらわれたいちごは「あまおう」。

白の可憐な花びらがひらひらと春風になびく様子を「チーズクリーム」で、そして、花芯の黄色の部分はティラミスの中にたっぷりと入った濃厚な「ディプロマットクリーム」で表現されています。

グラスの中には、コーヒービスキュイ、いちご、チーズケーキ、塩バターサブレ、エスプレッソジュレが重ねられています。

「おいしいパフェで笑顔と幸せが少しでも増えますように」と、これから季節を迎えるデイジーに、平和の祈りを込められた一品です。

「パンシリオ」の人気No.1パフェを食べられるのは今!「いちごの森」

いちごの森

画像:パンシリオ

毎年大人気、パフェの中でダントツ1番人気という『いちごの森』(2,200円、提供終了は4月中旬から下旬頃の予定)。

「一度入ればいちごを味わい尽くすまで出られない神秘の森」と表現されることもあるメニュー。どこを食べてもいちごが楽しめるのですが、実は中にも秘密がいっぱい!

クリームソース、イチゴソルベ、クランブル、ナッツキャラメリゼ、イチゴプリン、ピスタチオクリーム、白ワインジュレ……上から下まで、いちごを活かすためのさまざまな味わいが散りばめられています。最高のマリアージュでいちごを楽しませてくれますよ。※いちごは時期によって種類が変わります。

あなたはどれを食べたくなりましたか? 季節のフルーツを使ったパフェが楽しめるお店だけに、このメニューが楽しめるのは“今だけ”。ぜひ足を運んでみてくださいね。(文/ARNE編集部)

<店舗情報>
■パンシリオ
住所:福岡市中央区黒門8-15
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
パンシリオ

#スイーツ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #カフェ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【福岡・佐賀】山の絶景が楽しめるお店4選

【うきは市】わざわざ行きたい人気パン屋さん
【福津ニューオープン】ご褒美サンド専門店