TOP > グルメ > 肉の旨みが出汁にぎゅっ!小倉名物「肉うどん」専門店が門司港に登場(北九州市)

肉の旨みが出汁にぎゅっ!小倉名物「肉うどん」専門店が門司港に登場(北九州市)

2022.04.01

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。Instagramで『インスタグルメアワード』と福岡グルメ『ちひログ』を運営しているCHIHIROです。

今回は2022年3月26日(土)に門司港エリアにオープンした、まるでカフェのような小倉名物「肉うどん」専門店『KITCHEN(キッチン)あーる』をご紹介します。

小倉名物の伝統を守りつつ新しいスタイルを追求!カフェのような肉うどん専門店「KITCHEN(キッチン)あーる」(北九州市門司区港町)

『KITCHENあーる』は、小倉名物「肉うどん」の専門店。

場所は、JR門司港駅から徒歩約1分の『旧大阪商船』の目の前。オシャレな木のドアを開けて、階段を上がった先の2階にあります。

キッチンあーる:外観

画像:KITCHENあーる

足を踏み入れると、そこにはカフェのようなホッと落ち着く空間が広がります。

男性も女性も、一人でも入りやすい雰囲気です。

kitchenあーる:内観

画像:CHIHIRO

窓際のカウンター席からは関門海峡を一望でき、本州と九州を繋ぐシンボル『関門橋』を眺めながら食事を楽しむことができます。

kitchenあーる:窓際カウンター席

画像:CHIHIRO

『KITCHENあーる』を運営しているのは、オーナーのリオさん。もともと飲食店での経験が長かったものの、子育てを機に福祉関係の仕事へと転職。

福祉関係の仕事に7年間携わった後、今年、自分のお店を持ちたいという夢を叶えました。

kitchenあーる:オーナーさん

画像:CHIHIRO(左側がオーナーのリオさん・右側はスタッフさん)

そんな飲食と福祉の両方を経験してきたリオさんだからこそ、食を通して社会貢献をできないかと、オープン前にはクラウドファンディングを設立。

障がいの特性により一般企業への就労が困難な就労継続支援のみなさんが作った器をお店で使用したい、というプロジェクトでした。

プロジェクトは見事に成功。「一つひとつ形が違って温かみがあるんですよ!」とうれしそうに器を見せてくださる様子に、リオさんの温かな思いが感じられました。

kitchenあーる:器

画像:CHIHIRO

一度食べるとやみつきになる!小倉名物「肉うどん」

まずご紹介するのは、看板メニューの小倉名物『肉うどん』(750円)。+100円で大盛りにすることもできます。

kitchenあーる:全体図

画像:CHIHIRO

北九州市出身のリオさんが、独自に研究を重ねた、まさに極上の一杯。

うどんの出汁は、昆布と鰹の一番出汁を使用。甘辛く味付けしたお肉の旨みがぎゅっと溶け込んでおり、ほかでは味わえないクオリティーです。

kitchenあーる:

画像:CHIHIRO

麺には福岡県産の小麦を使用。もちっとした食感で程良くコシがあって、お出汁と極上の相性です。

kitchenあーる:麺

画像:CHIHIRO

小倉名物「肉うどん」で使われるのは「すじ肉」が多いのですが、『KITCHENあーる』では「カシラ肉」という部位を使用しています。

やわらかくクセがないのが特徴で、ホロホロとした食感に感動します。

上質なお肉を使用しているので脂身もおいしく、「脂身を多めに入れてほしい!」という注文も受けてもらえるそうですよ!

kitchenあーる:肉

画像:CHIHIRO

そして、小倉名物「肉うどん」のアクセントといえば「鷹の爪」。

かわいいボトルに入っていて、見た目がオシャレなのもうれしいポイントです。

kitchenあーる:鷹の爪・七味

画像:CHIHIRO

「鷹の爪」だけでなく、観光地なので訪れた方の好みに合わせて選べるよう「七味」も用意してあります。

お肉の旨みが溶け込んだお出汁に、華やかなアクセントを加えてくれますよ。

kitchenあーる:鷹の爪

画像:CHIHIRO

4月1日からは季節の食材を使用した「月間トッピング」もスタートするそう!

ちなみに4月は『新玉ねぎの天ぷら』が登場するそうなので、ぜひトッピングも試してみてくださいね。

平日ランチ限定の定食も要チェック!

2022年4月4日(月)からは、平日限定『月替わりランチ定食』(950円)もスタート。

メイン料理に、小鉢、漬物、お味噌汁、ご飯がセットになった定食で、+350円で『ミニ肉うどん』を付けることもできます。

4月のメイン料理は『トマト煮込みハンバーグ』。

kitchenあーる:月替わりランチ定食

画像:CHIHIRO

肉厚でボリューム満点のハンバーグと、やさしくまろやかな味わいに仕上げられたトマトソースが相性抜群。

肉うどん専門店とは思えないクオリティーの高さで、感動してしまいました。

お料理は出来るだけ手作りにこだわり、小さなお子さんにも安心して食べてもらえるものを心がけているそう。

kitchenあーる:週替わりランチ定食

画像:CHIHIRO

門司港へ観光に来る方はもちろん、お仕事の合間に立ち寄った方にも満足してもらえるよう、ボリューム満点のメニューを月替わりで提供していくそうですよ。

単品メニューも充実

うどんや定食に組み合わせたい、単品メニューも揃っています。

コラーゲンたっぷりとろっとろ豚足

オーナーのリオさんおすすめの『コラーゲンたっぷりとろっとろ豚足』(400円)。

存在感抜群のとろっとろ、ぷるっぷるの豚足を楽しむことができます。炙った状態で提供されますよ。

kitchenあーる:豚足

画像:CHIHIRO

食材は、オーナーのリオさんが心から信頼できる、真心のこもったものを厳選。豚足は、北九州で30年以上愛され続けている食肉の卸『サトフーズ』のものを使用しています。

kitchenあーる:サトフーズさん

画像:CHIHIRO(右側がサトフーズの代表里さん・左側がスタッフの藤井さん)

かしわおにぎり

うどんと一緒に注文したいのが、絶妙な味わいの『かしわおにぎり』(2個250円、1個150円)。

食べた瞬間にお出汁の風味が口いっぱいに広がります。

一度食べればリピート間違いなしの一品です!

キッチンあーる:かしわおにぎり

画像:CHIHIRO

悪魔のたまご

トッピングにもおすすめなのが『悪魔のたまご』(200円)。

たまごを割ると、中からはとろ〜んと濃厚な黄身が溢れ出します。

肉うどんのトッピングとしても、ご飯の上にのせて卵かけご飯風にしてもたまらない逸品ですよ!

キッチンあーる:悪魔のたまご

画像:CHIHIRO

今回は、3月26日にオープンしたばかりの肉うどん専門店『KITCHENあーる』をご紹介しました。

伝統を守りながらも新しいスタイルやおいしさを追求した、北九州のこれからの「食」がさらに楽しみになるお店です。

カフェのようなおしゃれな空間で入りやすいので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。(文/CHIHIRO)

<店舗情報>
■KITCHEN(キッチン)あーる
住所:北九州市門司区港町9-7 2階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/CHIHIRO

#ニューオープン をまとめてチェック!
 #北九州周辺 #小倉・門司 #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【赤坂ニューオープン】話題のパン屋さん

【小倉ニューオープン】牛タンランチ専門店
【久留米】わざわざ食べに行きたいプリン5選