TOP > グルメ > 【福岡県】美しい断面にうっとり♡ “県内のおすすめを厳選”萌え断スイーツ「フルーツ大福」<5選>

【福岡県】美しい断面にうっとり♡ “県内のおすすめを厳選”萌え断スイーツ「フルーツ大福」<5選>

2022.03.20

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

フルーツがごろっと入った「フルーツ大福」。

最近では専門店も登場するなど、人気のスイーツです♪ 色鮮やかな断面も魅力的で、手土産にも◎!

そこで今回は、福岡県内でおすすめの「フルーツ大福」が買えるお店をご紹介します。

【福岡市中央区大名】覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん)

2021年1月に福岡市中央区大名の「中央区役所」前にオープンした『覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん)』。

名古屋を中心に全国で大人気で、関東ではテレビに出演するなど大注目のお店です。

覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん)

画像:chippachapus

『覚王山フルーツ大福 弁才天』のフルーツ大福は、フルーツ、白餡、求肥のみというシンプルなもの。フルーツ本来の味を邪魔しないように、求肥と白餡は薄くしているそうです。

店頭には、常時約12種類のフルーツを使用したフルーツ大福が並んでいます。

覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん) フルーツ大福

画像:chippachapus

『みかん』(700円)、『キウイ』(550円)、『パイン』(500円)などの定番に加え、旬のフルーツを使った大福が楽しめます(フルーツは季節によって変わる場合があります)。

今の時期、やっぱり注目したいのが『あまおう』(取材時は800円 ※金額は大きさによって変動)。

覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん) フルーツ大福(あまおう)

画像:chippachapus

きれいな断面にうっとり♡ いちごが甘酸っぱく最高においしいです!

そして注目なのが、大福をカットする際に使用する“白い糸”。

実はこのお店、フルーツ大福に糸をつけて販売した元祖として、2020年の日経トレンディ地方発ヒット大賞を受賞したお店なのです。

覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん) フルーツ大福

画像:chippachapus

糸でカットしているのに、まるでナイフで切ったかのようにきれいなフルーツの断面!

覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん) フルーツ大福

画像:chippachapus

糸を使って自分でカットするのも、フルーツ大福の楽しみ方のひとつです♪

★詳しくはこちらの記事で!★
ついに福岡初上陸!“紐1本でSNS映え”大人気のフルーツ大福「弁才天」(福岡市中央区大名)

<店舗情報>
■覚王山フルーツ大福 弁才天(べんざいてん)
住所:福岡市中央区大名2-10-1

【福岡市博多区博多駅中央街】松風庵 かねすえJR博多店

JR「博多」駅の筑紫口改札口付近、『博多デイトス』1階「いっぴん通り」にある『松風庵 かねすえJR博多店』。

香川県高松市に本店がある和菓子屋さんで、福岡の店舗はここだけです。

松風庵 かねすえJR博多店 

画像:chippachapus

「和三盆糖」という四国地方の伝統的な砂糖を使った『わらび餅』が有名なお店ですが、大粒のいちごがのった『いちご大福』(380円〜400円※いちごの大きさによって価格は変動)も年中販売しています。

松風庵 かねすえJR博多店 いちご大福

画像:chippachapus

酸味が強くてさっぱりした大粒のいちごを厳選しているそうで、時期によって品種は異なります。

いちごの下のお餅の中には、白餡といちごを混ぜて作った「自家製いちご餡」が入っていますよ。

松風庵 かねすえJR博多店 いちご大福

画像:chippachapus

食後のデザートとして食べても重くならないように、後味がすっきりとなるように甘さを調整しているそう。

博多駅を訪れる際は、わらび餅と一緒に手土産として購入して帰るのも◎です。

★詳しくはこちらの記事で!★
とろっぷるん食感に感動! “福岡の店舗はここだけ”「わらび餅」が大人気の和菓子屋さん(福岡市博多区博多駅中央街))

<店舗情報>
■松風庵 かねすえJR博多店
住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1

【福岡市南区野間】hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店

SNSでも話題の創作和菓子専門店『hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店』。

野間本店のほか、ソラリアステージ、博多マルイ、マリノアシティ福岡、今津、パークプレイス大分にも店舗があります。

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 外観

画像:chippachapus

野間本店の店内には、串団子、カップ団子、本わらび餅など、一つひとつ手作業で丁寧に作られた和菓子が100種類以上!

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 串団子

画像:chippachapus

フルーツ大福の種類も豊富で、季節によって購入できる種類が異なります。2022年3月現在は、通年販売の「定番商品」7種類が購入可能です。

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 フルーツ大福

画像:hakata//yamadaya 野間本店

イエローが鮮やかな『パイン』(380円)。

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 フルーツ大福(パイン)

画像:hakata//yamadaya 野間本店

意外と珍しい『チョコバナナ』(380円)。

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 フルーツ大福(チョコバナナ)

画像:hakata//yamadaya 野間本店

切り口から少し飛び出した見た目がかわいい『いちご』(380円)。

hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店 フルーツ大福(いちご)

画像:hakata//yamadaya 野間本店

そのほかの定番は、『みかん』(580円)、『グリーンキウイ』(580円)、『ゴールドキウイ』(580円)、『りんご』(380円)です。

また、「瓶団子」など話題のスイーツもあり、味はもちろん、五感で楽しめる和スイーツが揃うお店なので、ぜひ足を運んでみてください。

★このお店の記事をチェック!★
「hakata//yamadaya 野間本店」の記事一覧

<店舗情報>
■hakata//yamadaya(博多やまだや)野間本店
住所:福岡市南区野間1-10-7

【福岡市早良区原】浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店

福岡市早良区原に2021年4月4日にオープンした『浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店』。

福岡では、浄水通本店、西中洲店、別府店に次ぐ4店舗目です(現在は、パルコ店もオープンしています)。

日本全国から選び抜いた旬のおいしい果物を使った「フルーツ大福」のお店で、SNS映えする美しい断面で、一気に話題となりました!

浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店 看板

画像:ayu.latte

こちらのお店では、大福を購入すると「赤い糸」がついてきます。ぎゅ~っと巻き付けるようにすると、きれいにカットできますよ!

浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店 フルーツ大福

画像:ayu.latte

今回は、常時ある3種類のメニューをご紹介!

まずは、みんな大好き『あまおう』(594円)。

浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店 フルーツ大福(あまおう)

画像:ayu.latte

糖度が12度もあり、かなり甘くてジューシーです♡

お次は『アップルマンゴー』(788円)。

浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店 フルーツ大福(アップルマンゴー)

画像:ayu.latte

柔らかいマンゴーの果肉が口の中でとろけて、とってもおいしい!

そして、『キウイ』(594円)。

浄水通 果実大福 華菱(はなびし)原店 フルーツ大福(キウイ)

画像:ayu.latte

この日の品種は「ヘイワード」。日本で1番食べられているキウイだそうです。キウイは、甘い中に酸味も感じられ、しっかりした硬さがあって切りやすいので、“赤い糸初心者”向けかもしれません!

自分へのご褒美や、お土産にもピッタリです。

★詳しくはこちらの記事で!★
大人気!“映える”フルーツ大福「浄水通 果実大福 華菱」の新店が登場(福岡市早良区原)

<店舗情報>
■浄水通果実大福華菱 原店
住所:福岡市早良区原6-22-26

【宮若市上大隈】瀬川菓子舗(せがわかしほ)

もうすぐ創業100年になる宮若市のお菓子屋さん『瀬川菓子舗(せがわかしほ)』。

瀬川菓子舗(せがわかしほ) 外観

画像:瀬川菓子舗

店内には、こだわり抜かれた和菓子や洋菓子、そしてパンと幅広く並んでいます。

フルーツがゴロッとまるごと中に入った『まるごとフルーツ大福』も人気商品のひとつ!

瀬川菓子舗(せがわかしほ) フルーツ大福

画像:瀬川菓子舗

2022年3月現在は、「いちご」と「キウイ」の大福が楽しめます(いちごは4月末まで)。

まずは、『いちご(白餡)』(小250円、中324円 ※いちごのサイズが違います)。

瀬川菓子舗(せがわかしほ) フルーツ大福(いちご)

画像:瀬川菓子舗

『いちご(黒餡)』もあり、こちらは、小と中に加え、デラックス(400円)と大(756円)のサイズもあります。

瀬川菓子舗(せがわかしほ) フルーツ大福(いちご)

画像:瀬川菓子舗

そしてもう1種類が『キウイ(白餡のみ)』(486円)。

瀬川菓子舗(せがわかしほ) フルーツ大福(キウイ)

画像:瀬川菓子舗

どちらもふわふわの求肥と餡でフルーツを包んでいて、フルーツの香りと甘みが最大限に生かされています♪

宮若産のフルーツと日本各地から取り寄せた旬のフルーツを主に使っているので、商品は基本“季節限定”のものばかり。その時期ならではのメニューもぜひチェックしてみてください!

また、変わり種として、シュークリームの中にいちご大福を丸ごと入れた『いちご大福シュー』(540円)もありますよ。

画像:瀬川菓子舗

人気スイーツのまさかの組み合わせ! 見た目にもインパクトのある、食べ応え充分な一品です。

お店ならではのオリジナルメニューもぜひ堪能してみてください。

<店舗情報>
■瀬川菓子舗(せがわかしほ)
住所:宮若市上大隈757-6

ここ数年で新たに登場したフルーツ大福の専門店から、長く愛されている和菓子店の人気メニューまで、おすすめの「フルーツ大福」をご紹介しました。自分へのご褒美にはもちろん、手土産、贈り物にもおすすめですよ♪(ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/1・2・3:chippachapus 、4:ayu.latte
※画像/3:hakata//yamadaya 野間本店、5
瀬川菓子舗 

#スイーツ をまとめてチェック!
#手土産 #まとめ #福岡県

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【警固の注目新店】手土産にも◎和スイーツ

【地元民イチオシ】食事が美味しい喫茶店
【コスパ◎】スイーツ食べ放題フェア