TOP > グルメ > 儲け無視の贅沢仕上げ!「ザ・ルーツ」の斬新シュトレン&大晦日の特別営業【古後大輔のふくおかパンライフ#105】

儲け無視の贅沢仕上げ!「ザ・ルーツ」の斬新シュトレン&大晦日の特別営業【古後大輔のふくおかパンライフ#105】

2021.12.20

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは~! 今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は、クリスマス直前に現れた新感覚シュトレンをご紹介!

赤と緑のクリスマスカラーで“映えシュトレン”大賞!薬院の人気ベーカリー「ザ・ルーツ」の新感覚シュトレン

11月の5周年祭も大好評だった福岡市中央区薬院の人気ベーカリー『The ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー)』(以下『ザ・ルーツ』)。

いつも斬新なメニューを繰り出すオーナーシェフ・三浦さんが、クリスマスに向けて、シュトレンで新境地を開拓したという噂を聞きつけ伺ってまいりました。

画像:シティ情報ふくおか

その新境地のシュトレンというのがこちらの2つ!

画像:シティ情報ふくおか

1つはなんと、シュトレンとガレットをフュージョンさせた『赤ワインのガレットシュトレン』(2,160円)。

画像:シティ情報ふくおか

シュトレンの中身をジューシーかつ味わい深くしようと思ったときに、どうしても形を保たせるのが難しかったそう。そのときに、ちょうどガレットを作っていて「あ!ガレットで包んで仕上げちゃえば形もジューシーさもいろいろな問題が解決しちゃうじゃん!」と閃いてチャレンジしたところ予想以上においしく仕上がって商品化。

ガレットとシュトレンというヨーロッパの冬の伝統菓子同士の偶然の出会いから誕生したんだとか。

画像:シティ情報ふくおか

中には赤ワインにしっかりと漬け込んだクランベリー、ブルーベリー、レーズンと、フランボワーズのガナッシュがたっぷり! ワイン好きにはもってこい、大人味の新感覚シュトレンです。

画像:シティ情報ふくおか

ナイフでカットするよりも「ざっくり手で割って食べてもらいたい」と三浦シェフ。

画像:シティ情報ふくおか

ちょっぴり月餅や和菓子にも似た要素も含んだ『ザ・ルーツ』流ガレットシュトレン。

画像:シティ情報ふくおか

ぜひクリスマスにも、年末年始にも、赤ワインと一緒に楽しんでみてください。

もう1つは贅沢の極み的な『ピスタチオのシュトレン』(2,808円)。

画像:シティ情報ふくおか

カットすると中身はピスタチオのグリーン一色!

画像:シティ情報ふくおか

ピスタチオとピスタチオペーストをメインに、アーモンド、マカダミアナッツ、クランベリー、イチゴが「これでもか〜!」と言わんばかり、ミッチリと贅沢に詰め込まれています。

画像:シティ情報ふくおか

画像:シティ情報ふくおか

「いや〜これはやりすぎというか、2種類ともに原価無視でしょう!」と三浦シェフに問うたところ「でも、せっかくのクリスマスと年末年始ぐらいパーッとみんなに喜んでもらいたいじゃないですか。僕も新しいことをするのが好きやきー。まぁ、正直なところ儲け無視です。ガハハハハハ!」となんとも三浦シェフらしい答えと笑い声が返ってきました。

画像:シティ情報ふくおか

粉雪のごとき粉糖のホワイトに、ピスタチオのグリーン、赤ワイン漬けのガレットシュトレンの赤。まさにクリスマス・カラーで彩られた2種類のニューシュトレンたち。年末の映えシュトレン大賞に決定です(勝手にね)!

画像:シティ情報ふくおか

ということで、両方ともに限定数の「巡り会えたらラッキーね!」的な希少な奉仕品でございますので、シュトレン・マニアのみなさまぜひともお見逃しなく!

去年も大行列!大晦日は勝手にパンの紅白歌合戦!超スペシャル・正月パンのオンパレード

シュトレンに負けず劣らず人気なのがこちらの『ガレットデロワ』(ホール3,240円、カット594円)。

画像:ザ・ルーツ

週末、土曜・日曜のみ登場する限定メニュー。スペイン産のマルコナ種アーモンドクリームを使用した、三浦シェフ渾身の作とのこと。シュトレンと一緒に味わってみてください。

画像:ザ・ルーツ

そして、最後に超面白い情報を入手! そんな感じで「いつもついつい頑張りすぎちゃう」三浦シェフが、1年の締めくくりに、大晦日の正月パン・スペシャル営業(大晦日にしか出さない、年末年始や正月をテーマにしたスペシャルメニューが主役の特別営業)をやっているとのこと!

画像:シティ情報ふくおか

毎回『ザ・ルーツ』スタッフが「毎日こんなに並んでいただけたら助かるのにー!」と驚嘆するくらいの行列ができる、大晦日の恒例行事だとか。ということで、毎回大忙しで写真なんか撮影している場合じゃないそうで、イメージ写真は残念ながらございませんが、昨年のメニューは以下のような、これまた前代未聞の正月パンを出したそうです。参考までにご覧下さい!

2020年の大晦日に出された正月パン・スペシャルメニューはこちら!

・栗きんとんのブリオッシュサンド
・がめ煮のクロックムッシュ
・お雑煮キッシュ
・黒豆のロデヴ
・シュトレンの具材パン
・黒豆もっちりあんぱん

などなどがあったそうです(もう覚えていないのもあったとか)。

三浦シェフ曰く「今年も近しいものが出る予定です!ぜひお楽しみに!」とのこと。

ちなみに、今年は以下の3種類は絶対に出してみたいそうな。

・黒豆のガレット デ ロワ
・そば粉のバゲット
・そば粉のベーグル

パン好きのみなさま、2021年のパン巡りの最終日は『ザ・ルーツ』の勝手にパンの紅白歌合戦的大晦日恒例イベントで締めくくってみてはいかがでしょうか!(文/古後大輔)

<店舗情報>
■The ROOTS neighborhood bakery(ザ・ルーツ・ネイバーフッド・ベーカリー)
住所:福岡市中央区薬院4-18-7
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/古後大輔
※画像/シティ情報ふくおか、ザ・ルーツ

#パン をまとめてチェック!
#薬院 #グルメ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【今泉ニューオープン】コスパ◎寿司居酒屋

【鳥栖ニューオープン】食のテーマパーク
【インパクト抜群】話題の海鮮丼5選