TOP > グルメ > 絶対食べたい! 人気店「ブランジェ・カイチ」の“栗ゴロゴロ”シュトーレン【古後大輔の福岡パンライフ#103】

絶対食べたい! 人気店「ブランジェ・カイチ」の“栗ゴロゴロ”シュトーレン【古後大輔の福岡パンライフ#103】

2021.12.06

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

ぱんにちは〜!

今日もすてきな「福岡パンライフ」をテーマに、最旬のベーカリー情報やおすすめ商品をお届けします。

今回は去年ご紹介した「クリスマスの約束」の続編をお届けします。

★2020年の記事はこちら★
福岡のパン好きもうなる!“一気に食べちゃいそう”「ブランジェカイチ」の斬新なシュトーレン【古後大輔のふくおかパンライフ#52】

絶対に食べておきたい!高宮の人気店「ブランジェ・カイチ」の人気シュトーレン!

「ブランジェ・カイチ」看板

画像:シティ情報ふくおか

「クリスマスの約束」と題して、高宮の人気店『ブランジェ・カイチ』の二日市シェフと「必ず食べにきます」と約束した「イチゴ味のシュトーレン」のおいしさをレポートしたのが2020年12月頭に掲載した記事(記事はコチラ)。

それから早いものでもう丸一年。今回は、その記事の最後に記した「もし栗のシュトーレンと黒豆のシュトーレンが出たら、絶対に食べ来ます」という約束を、一年ぶりに果たしてきました。

栗のシュトーレンと黒豆のシュトーレンが発売されたことを『ブランジェ・カイチ』のSNSでチェック! その日のうちにゲットしてきました。こちらがその約束のシュトーレン2つです。

「ブランジェ・カイチ」シュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

『ブランジェ・カイチ』では、1本売りもしているのですが、なんと1本の半分のお試しサイズも販売中。

「ブランジェ・カイチ」シュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

いろいろな味を食べてみたい人にとっては、なんともやさしい&うれしいサービスです。ということで、迷わずお試しサイズを購入しました。

シュトーレンの味はプレーン、ショコラ、マロン(栗)の3種類が定番で、新味として「抹茶と黒豆」が加わったようです。

「ブランジェ・カイチ」シュトーレンチラシ

画像:シティ情報ふくおか

こちらが『栗のシュトーレン』(お試しサイズ648円)。

『ブランジェ・カイチ』栗のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

栗の渋皮煮が惜しげも無くゴロゴロと入った贅沢な逸品。

『ブランジェ・カイチ』栗のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

ローストされた栗の粉が生地にもたっぷり練り込まれているので、一口ごとに栗の風味が広がります。

『ブランジェ・カイチ』栗のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

そして、こちらが『抹茶と黒豆のシュトーレン』(お試しサイズ594円)。

『ブランジェ・カイチ』抹茶と黒豆のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

黒豆と抹茶という和菓子の定番ゴールデン・コンビ。

『ブランジェ・カイチ』抹茶と黒豆のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

そこにナッツとドライフルーツが爽やかさと華やかさを添えた、和洋折衷シュトーレンの極み!

『ブランジェ・カイチ』抹茶と黒豆のシュトーレン

画像:シティ情報ふくおか

いずれも「僕はあんまり甘すぎるのは苦手で……」という二日市シェフならではの、甘み、風味、食感、いずれもバランスが取れた好きな塩梅。「また食べたくなる」味作りが光っています。

「ブランジェ・カイチ」秋冬の定番人気!栗尽くしメニューもお見逃しなく!

『ブランジェ・カイチ』栗づくしメニュー

画像:シティ情報ふくおか

栗のシュトーレンのほかにも、実は『ブランジェ・カイチ』には人気の栗メニューがたくさん! ということで、勝手に『ブランジェ・カイチ』栗尽くしメニューをピックアップ!

『栗のコンプレ』(216円)。

『ブランジェ・カイチ』栗のコンプレ

画像:シティ情報ふくおか

香ばしい全粒粉生地、やさしい甘みのマロングラッセ、その上に振りかけられたインパクトあるザラメ糖。

『ブランジェ・カイチ』栗のコンプレ

画像:シティ情報ふくおか

この三者の秋冬らしいハーモニーはクセになる味わい。ぜひコーヒーやミルクティーと一緒に!

『渋皮つき栗のベーグル』(226円)。

『ブランジェ・カイチ』渋皮付き栗のベーグル

画像:シティ情報ふくおか

国産小麦を使ったベーグル生地は、お餅みたいにふんわりとしていてモッチモチ。そこに栗の渋皮煮がたっぷり包まれています。

『ブランジェ・カイチ』渋皮付き栗のベーグル

画像:シティ情報ふくおか

『栗のマリトッツォ』(378円)。

『ブランジェ・カイチ』栗のマリトッツォ

画像:シティ情報ふくおか

シュー生地みたいにエアリーでメルティーなブリオッシュ生地で、マスカルポーネ入りの生クリームと大粒の栗をサンド。

カレーパンをはじめとした『ブランジェ・カイチ』のたくさんの名物パンと同じくらい人気なのが、スコーン。

『ブランジェ・カイチ』栗のスコーン

画像:シティ情報ふくおか

中でも、渋皮付きの栗が丸ごと一粒入った『栗のスコーン』(270円)。

『ブランジェ・カイチ』栗のスコーン

画像:シティ情報ふくおか

『ブランジェ・カイチ』栗のスコーン

画像:シティ情報ふくおか

栗・カボチャ好きな人はぜひ『栗とかぼちゃのスコーン』(216円)もチェックを!

「ブランジェ・カイチ」ならではの個性的かつ斬新な味作りが堪能できるおすすめパン!

まだまだあります!おすすめパン。

こちらは『肉味噌と玉子のパン』(237円)。

『ブランジェ・カイチ』肉味噌と玉子のパン

画像:シティ情報ふくおか

パンでありながらピザ生地のような容姿と食感。中にはなんと肉味噌と目玉焼き! 仕上げには岩塩を一振り!

『ブランジェ・カイチ』肉味噌と玉子のパン

画像:シティ情報ふくおか

挑戦的かつ手間暇惜しまぬ、自らの味へのこだわりと探究心。これはアリです!

『れんこんサンド』(356円)。

『ブランジェ・カイチ』れんこんサンド

画像:シティ情報ふくおか

サンドイッチも要注意。その日の仕入れと、二日市シェフの気分次第で、いろいろな味が登場するから面白い!

『ブランジェ・カイチ』れんこんサンド

画像:シティ情報ふくおか

こちらは分厚くカットして揚げたレンコンを大胆にサンド。ロデブの風味と濃厚な肉味噌、シャキシャキのレンコンと紫キャベツが奇跡のようにベストマッチ!

『じゃがいもパン』(302円)。

『ブランジェ・カイチ』じゃがいもパン

画像:シティ情報ふくおか

こういうシンプルだけど、いいクセを醸し出すパンがあるのも『ブランジェ・カイチ』ならでは。ジャガイモがたっぷり練り込まれた生地は、モッチリ&フンワリ。

『ブランジェ・カイチ』じゃがいもパン

画像:シティ情報ふくおか

この細かな膜が折り重なった内層は、まるでふかふかの布団のようだ。この生地にくるまって眠りたい(笑)。

どこにでもある定番メニューながら、どこにもない味わいにしてしまうのも『ブランジェ・カイチ』の醍醐味の一つ。その筆頭がこの『ガーリックトースト』と『明太フランス』だ。見た目からも伝わってくる、攻めた香ばしさと深いコク。いずれの自家製フィリングもまた個性的だ。

『ガーリックトースト』(280円)。

『ブランジェ・カイチ』ガーリックトースト

画像:シティ情報ふくおか

『ブランジェ・カイチ』ガーリックトースト

画像:シティ情報ふくおか

『明太フランス』(248円)。

『ブランジェ・カイチ』明太フランス

画像:シティ情報ふくおか

『ブランジェ・カイチ』明太フランス

画像:シティ情報ふくおか

恐るべし『ブランジェ・カイチ』ワールド。

『ブランジェ・カイチ』ショップカード

画像:シティ情報ふくおか

二日市シェフ、また来年も「クリスマスの約束」をしましょう!(文/古後大輔)

<店舗情報>
■Boulanger Kaiti(ブランジェ・カイチ)
住所:福岡市南区高宮3-7-4 アキヤマビル1階
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文/古後大輔
※画像/シティ情報ふくおか

#パン をまとめてチェック!
#福岡周辺 #グルメ #テイクアウト
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【今泉ニューオープン】コスパ◎寿司居酒屋

【鳥栖ニューオープン】食のテーマパーク
【インパクト抜群】話題の海鮮丼5選