TOP > おでかけ > 高さ約17m!ドキドキヒヤヒヤ!海を見渡せる「アスレチックタワー」誕生(海の中道海浜公園)

高さ約17m!ドキドキヒヤヒヤ!海を見渡せる「アスレチックタワー」誕生(海の中道海浜公園)

2022.03.14

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。子連れのおでかけが大好き、ライターのルミルミです!

春を感じる季節になりましたね。春といえば、お花見やピクニックに行きたくなりませんか?

今回は、明日2022年3月15日(火)にリニューアルオープンする『海の中道海浜公園』の「光と風の広場」に登場したアスレチックタワー『シー・ドラグーン』を一足先に体験してきたので、ご紹介します!

海の中道海浜公園に巨大なアスレチックタワー「シー・ドラグーン」新登場!

広大な敷地を有する海沿いの国営公園『海の中道海浜公園』。

四季を通していろいろなお花が楽しめるだけでなく、約50種の動物たちとふれあえる『動物の森』、サイクリングコース、子どもたちに大人気の巨大トランポリン『くじらぐも“ふわんポリン”』などがあり、一日中遊べる大好きな公園です。

そんな『海の中道海浜公園』の「光と風の広場」に、巨大なアスレチックが出現! その名も『シー・ドラグーン』。92種類のアイテムが設置された九州初&国内最大規模のアスレチックタワーです。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン

画像:ルミルミ

高さ16.8mの4層構造+展望台。1階が『キッズコース』、2~4階が『アスレチックコース』、5階が展望台『天空回廊』です。自然と調和したデザインも特徴ですよ。

92種類あるというアイテムは多岐にわたり、ロープや吊り橋はもちろん、樽、タイヤ、スケボー、ボルダリング。さらには、自転車やボートなども“空中”で楽しむことができます。

コース別に、それぞれ詳しくご紹介していきますね! 各コースの料金はこのあと紹介しますが、いずれも別途『海の中道海浜公園』入園料が必要です。

60分遊び放題!身長100cmからOK「キッズコース」

身長100cm以上125cm未満、体重40kg未満の子どものための『キッズコース』(1人1,500円)。安全器具装着と安全講習を含んで60分間遊び放題です!※未就学児は、保護者の同伴(無料)が必要。

子ども用のハーネス(安全器具)を装着してもらい、安全性を確保した上で、スリリングかつチャレンジングな体験がスタート!

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

地上1.2mの高さに設置されていて、保護者は地上から見守ります。

足場がゆらゆら……。最初は「怖い!」とへっぴり腰だった子どもも、慣れてきたらどんどん次のコースに自分で進んでいました。短い手足を精一杯伸ばし、果敢にチャレンジ!

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

ロープ上に設置された車で、シューっと進むコースに大喜び!

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

ソリで進むコースもあり、車やソリは子どもたちに人気でした!

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

少し怖くても、その先に面白そうなアイテムが見えると「あそこまでは頑張るぞ~」と怖さを乗り越えて進んでいく姿が見られますよ。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

付き添いの保護者は、近くで応援したり、写真が撮れるのもうれしいポイントです。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン キッズコース

画像:ルミルミ

60分遊び放題!身長125cm以上の小学生から大人まで遊べる「アスレチックコース」

身長125cm以上、体重120kg以下、小学生以上が遊べる『アスレチックコース』(中学生以上1人3,500円、小学生1人2,500円)。安全器具装着と安全講習を含んで60分間遊び放題です。※140cm未満または小学生には保護者か140cm以上の方の同伴(有料)が必要。※利用には同意書の記入が必要(小学生は保護者のサインも必要)。  

装着する安全器具の先端にある2つのカラビナ(金属フック)が、どちらか片方しか開かない構造で、次のアトラクションへ移動する際に片方のカラビナを開錠するともう片方がロックされる仕組み。入場から退場までセーフティーワイヤーに繋がれているので、落ちないようになっています。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

操作方法は簡単ですし、最初に操作もレクチャーしてくださるので安心です。…とはいえ、めちゃくちゃ怖い!!(笑)

足はガクガクブルブルです。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

いざコースに立ってみると、怖くてなかなか一歩が踏み出せない……という人もいるかと思いますが、一方通行ではなく多方向への移動が可能で、決まったルートは存在しないので、渋滞が起きて進めないということが起こりにくくなっています。

こういうアスレチックだと、前方を行く人の進む速さによって思ったように遊べなかった……なんて経験もあるかと思いますが、『シー・ドラグーン』ではそれがないんです。多方向に進めるので、なんと、一度に120人が同時プレイ可能だそう!

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

2階~4階、どこからチャレンジしてもOK。各アスレチックのワイヤーに、青・赤・黒の順で難易度を表すタグが付いていて、難易度の選択も自由(緑は通路、階段用)。自分のスピードで進むことができます。

画像:ルミルミ

3階には“空中ピクニック”できる場所もあり、のんびり(内心ヒヤヒヤ!)休憩することも! 目の前には博多湾が広がり、開放感抜群です。辿り着くまではドキドキですが、座ってしまえばなかなか優雅な気分♪ 8mの高さにいることを忘れちゃいます。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

高さ13mの4階には“空中に浮かぶボート”! 空中にボートが浮かんでいるなんて、ここだけではないでしょうか!?

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

さらに4階には、自転車も! 13mの高さで、タイヤと同じくらいの幅しかない木のレールの上を走ります。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

この自転車は、体験前から「絶対乗るぞ!怖くても乗るぞ!!乗ってやる!!!」と意気込んでいたので、地上にいる人たちにも響き渡るほど「ギャー」と叫びながら、私めちゃくちゃ頑張りました(笑)。

頑張った先には、ゴールといっても過言ではない「カリヨン(鐘)」が。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

アスレチックタワーから突き出した一本橋の先にあるカリヨン(鐘)を鳴らします。

辺り一帯に「カーン♪」と鐘が響くと、「シー・ドラグーン(希望の象徴)」を召喚することができるのだとか!

ただ、これがなかなか難しい。なんとか先端に辿り着いても、手を精一杯伸ばさないと鐘が鳴らせない位置に紐があるんです。勇気を振り絞って、ぜひ鳴らしてみてくださいね。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン アスレチックコース

画像:ルミルミ

ほかにも、助走をつけてサーフボードに飛び乗って進む「サーフィン」、2枚のボードを指先と腕の力だけで進む「忍者ボード」、手足を使って横移動する「クライミングパネル」などなど、たくさん遊べます!

時間制限なし!地上16.8mの絶景展望台「天空回廊」

時間制限なし、1回500円で上ることができる展望台『天空回廊』。※3歳以下の利用不可。※保護者が抱っこ・おんぶをしての利用不可。※10歳以下は、18歳以上の方の付き添い(有料)が必要。 

16.8mの高さにあり、景色を360度楽しめます。

展望台だけの利用ももちろんOKなので、運動はできないけど絶景を楽しみたいという人にもうれしいですね。

北を見ると玄界灘! この日はいい天気で、空と海のグラデーションがこんなにもくっきりと!! ここからしか見えない絶景です。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン 展望台「天空回廊」

画像:ルミルミ

南西を見ると、カモ池と博多湾、「光と風の広場」に誕生したグランピング施設『INN THE PARK福岡』が見えますよ(「INN THA PARK福岡」宿泊レポはこちらから)。

海の中道海浜公園 シー・ドラグーン 展望台「天空回廊」

画像:ルミルミ

最後に・・・

『シー・ドラグーン』のコンセプトは、「蒼穹ヘ翔昇レ」。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でレジャー業界全体が打撃を受けている中、コロナ禍で希薄になった人のつながりや、低迷している福岡の観光の賑わいを取り戻したいという想いから作られたんだそう。

そのため、コンセプトには「自己と対峙し、勇気を持って困難を乗り越えた者だけが希望を掴むことができる」という強い想いが込められています。

高いところで吹く風は、とても心地良く、すがすがしさを感じます。ドキドキワクワクが詰まった『シー・ドラグーン』、勇気を持ってぜひチャレンジしてみてください!(文/ルミルミ)

<コース情報>
【キッズコース】
・利用時間:60分(安全器具装着と安全講習を含む)
・利用条件:身長100cm以上125cm未満、体重40kg未満
・利用料金:1,500円/名
※未就学児は、保護者の同伴(無料)が必要。

【アスレチックコース】
・利用時間:60分(安全器具装着と安全講習を含む)
・利用条件:身長125cm以上、体重120kg以下、小学生以上
・利用料金:大人(中学生以上)3,500円/名、こども(小学生)2,500円/名
※140cm未満または小学生には保護者か140cm以上の方の同伴(有料)が必要。
※利用には同意書の記入が必要(小学生は保護者のサインも必要)。  

【天空回廊】
・利用時間:制限なし
・利用料金:500円/名
※3歳以下の利用不可。※保護者が抱っこ・おんぶをしての利用不可。※10歳以下は、18歳以上の方の付き添い(有料)が必要。 

<施設情報>
■シー・ドラグーン
住所:福岡市東区西戸崎18-26 海の中道海浜公園「光と風の広場」内
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ルミルミ

#おでかけ をまとめてチェック!
#子連れ #ファミリー #ニューオープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀】子連れおでかけスポット11選