TOP > ファッション > 今から秋までたっぷり着られる!使い勝手バツグンの超便利なワンピース3つ

今から秋までたっぷり着られる!使い勝手バツグンの超便利なワンピース3つ

2020.09.01

こんにちは! 大戸千絵です。

まだまだ暑い日が続きますが、あっという間にもう9月ですね。

これから徐々に涼しくなりそうですが、まだ暑さが厳しい日もあるし、どのタイミングで秋の服にスイッチしよう?……と季節の変わりめは洋服選びに困りませんか。

そこで今日は、暑い時期から秋まで続けて使えるワンピースをご紹介します。

1:生地とデザインにこだわる!リネン生地のワンピース

アルパカリネンワンピース

画像:大戸千絵

夏から秋まで続けて使えるワンピース、まずは“生地”に注目してアイテムを選ぶことと、フレアなデザインのものがオススメです。

これは、『Chaos(カオス)』のアルパカリネンワンピース。

このワンピースは生地が“アルパカリネン”。長袖ですが袖にたっぷりと幅があるデザインなので肌に密着せず、夏に着てもとても涼しいのです。

夏は肌を出しがちになりますが、必ずしも肌を出せば涼しいというわけではないですよね。逆に長袖のものをチョイスすることで、汗を吸ってくれたり、直接日が当たらずに涼しく感じるときもあります。

このアイテムもその通りで、“夏に長袖”でも、とても涼しい1枚なんです。

生地が肌に密着しないだけでなく、胸元や背中のほどよいカッティングがセクシーすぎず、さわやかに見せてくれるデザインで◎!

画像:大戸千絵

実は、ショップの店員さんに「このワンピースは、年中着られます!」とオススメされ購入したものなのですが、生地が本当にしっかりしていることもあり、夏だけでなく秋のアイテムとの相性も抜群です。

夏は、これ1枚にアクセサリーをつけて軽やかに。秋はレザージャケットを羽織って、ショートブーツを履けば秋らしい着こなしになります。

2:きちんと感も◎!紺のスーツワンピース

画像:大戸千絵

幼稚園の入園式や、夫の職場の方へのご挨拶など、母親になりさらに増えた、“きちんとしなければならない場面”。

ラフな格好では行けないけど、スーツでは硬すぎる……というときに助かるのが、紺のワンピースです。

この紺のワンピースは『Theory(セオリー)』のもので、ほとんどスーツのような感じなので、ジャケットを羽織ればきちんと感が出るのはもちろん、足元や小物アイテムなどの使い方によっては、ぐっとカジュアルに見せることもできます。

スーツワンピース

画像:大戸千絵

本当に使い勝手の良いワンピースで、(私史上)今世紀最大の良い買い物!と確実にいえるアイテムです。

とりあえず1枚持っておけば損はないし、なによりも紺色は季節を選ばないのでオススメです。

3:合わせ方次第で季節を選ばない!ショート丈の前あきワンピース

前あきワンピース

画像:大戸千絵

これも『Theory(セオリー)』のもの。前あきのワンピースは、1枚あると助かります!

これはシャツ素材のものですが、私は冬仕様のニットタイプも持っています。

上の写真のようにこれ1枚で着ても良いし、黒Tシャツとショートパンツを中に着て、前を開けて羽織りとしても使っても◎!

秋のワンピース

画像:大戸千絵

上からレザージャケットを着てショートブーツを合わせれば、しっかり秋仕様。ベレー帽を合わせて季節感を出すのもオススメです。

ショート丈の前あきワンピースは、合わせ方次第で季節を選ばず、さまざまな使い方ができますよ。

いかがでしたか? 1枚持っていると便利な夏から秋まで使えるワンピースをご紹介しました。ぜひ参考にしてみてください。(文/大戸千絵)

【参考・画像】

※大戸千絵

この記事は公開時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

「それどこの?」と聞かれる!“アラサー女子が狙いたい”憧れハイブランドの褒められアクセ2つ

マスクによる肌荒れが増加中?“「東急ハンズ」で発見”悩む人におすすめのアイテム2つ

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)