TOP > ファッション > 【セルフ骨格診断】スタイリストが教える「骨格ストレート」向けの洋服の選び方
骨格ストレート

【セルフ骨格診断】スタイリストが教える「骨格ストレート」向けの洋服の選び方

こんにちは。福岡出身のパーソナルスタイリストsumireです。パーソナルスタイリストとして、基本の骨格診断やパーソナルカラー診断を行っています。

かわいいと思ってゲットした洋服を着てみると、何だかイマイチだった経験が一度はありませんか? それって、自分の骨格に合っていないアイテムを選んでいるせいかもしれません!

今回は、今すぐできる骨格診断のセルフチェック方法をご紹介します。骨格3タイプの中から、骨格ストレートさんにおすすめのアイテムもまとめているので、当てはまる人は参考にしてみてください。

今すぐできる骨格診断セルフチェック

まずは、骨格診断のセルフチェック項目をまとめてみました。A・B・Cのどれが一番多いか確認していきましょう。

1:首

首

画像:Shutterstock

A:どちらかというと短め
B:どちらかというと長め
C:どちらかというと太めで筋張った印象

2:鎖骨・デコルテ

鎖骨・デコルテ

画像:Shutterstock

A:鎖骨はあまり目立たない
B:鎖骨は目立たないが華奢な印象
C:鎖骨は大きく存在感がある

3:肩

肩

画像:Shutterstock

A:肩幅が狭く厚みがある
B:肩のラインがなだらかで薄い
C:がっしりと肩幅を感じる

4:胸

骨格診断セルフチェック

画像:Shutterstock

A:トップの位置が高く、鳩胸で厚みがある
B:トップの位置が低く、横から見ると薄さを感じる
C:AとBどちらでもなく普通だと思う

5:手・指

手・指

画像:Shutterstock

A:手のひらに厚みがあり、指は短め
B:手のひらが薄く、指は長め
C:手のひらの骨や関節が目立つ

6:お尻

お尻

画像:Shutterstock

A:ボリュームがある
B:平たく少し低めの位置にある
C:お尻よりも骨盤の広さが気になる

7:脚

脚

画像:Shutterstock

A:太ももは太めで膝下に向かって細くなる、まっすぐな脚のライン。膝の皿が小さい
B:太ももは細めでふくらはぎに太さを感じる。膝の皿が出ている
C:太ももは肉感を感じにくい。スネの骨や膝の皿が目立つ

8:足

画像:Shutterstock

A:身長に対して足のサイズが小さい
B:身長の割合に合った足のサイズ感
C:身長に対して足のサイズが大きい

診断結果

Aが一番多い人・・・骨格ストレートタイプ
Bが一番多い人・・・骨格ウェーブタイプ(おすすめアイテムはこちら)
Cが一番多い人・・・骨格ナチュラルタイプ(おすすめアイテムはこちら)

メリハリのある美ボディ体型♡骨格ストレートの特徴

骨格ストレートの特徴

画像:Shutterstock

骨格ストレートタイプに当てはまる人は、全体的に上重心でメリハリのある体型が魅力的。胸元やヒップラインには立体感があり、下半身に向かって細くなっていく逆三角形のシルエットが特徴です。

ほかの骨格タイプに比べると腰の位置が高くグラマラスなので、着飾りすぎるとやりすぎに見えてしまうので要注意。ファッションにおいては“引き算”を意識することが大切です。

また、肌や筋肉にはハリがあるため、サテンやシルク、カシミヤなど高級感のある素材がとてもお似合い♡ 柄においても、無地やストライプなど素材やボディラインの立体感を際立たせてくれるようなベーシックなものがおすすめですよ!

骨格ストレートが似合うトップス

骨格ストレートトップス

画像:sumire

骨格ストレートさんは、シンプルでジャストサイズのトップス選びを心がけると、華やかなボディラインがより一層引き立ちます。

夏に欠かせない白Tシャツは、無地をセレクトして顔まわりをスタイリッシュに。丈感は、短すぎず長すぎない定番の長さを選ぶようにしましょう。袖も落ち感のあるものより、身頃に沿って切替の入ったセットインスリーブがおすすめです。

ほかにも、胸元に抜け感を与えてくれるVネックのトップスや、少し大きく開いた襟のシャツも得意。アクセサリーは華奢で縦のラインを強調してくれるタイプならバランスを取りやすいでしょう。

骨格ストレートが似合うボトムス

骨格ストレートボトムス

画像:sumire

膝下に向かって細くなる骨格ストレートさんは、太ももをカバーしつつ足首の細い部分を強調してくれるテーパードパンツや、スラリとまっすぐな美脚を作るIラインシルエットのアイテムがGOOD!

スッキリとした腰まわりを作ってくれるハイウエストタイプや、膝下だけを肌見せできる膝丈のスカートなどもよく似合います。

一方、気を付けたいのはボディラインが際立つようなスキニーパンツやタイトスカート。太ももやふくらはぎのハリが強調され、むっちりとした印象に見えてしまいます。ゆったりワイドパンツもだらしなく見える危険性があるので要注意ですよ。

骨格ストレートが似合うワンピース

骨格ストレートワンピース

画像:sumire

ワンピースもジャストサイズで縦のラインを強調してくれる、まっすぐなシルエットのアイテムがおすすめ。襟元が開いたデザインなら、首を長く見せる効果も期待できます。

夏は1枚でサラッと着こなしたいので、素材選びも大切。ハイゲージのニットやコットン、デニムなどハリのある素材を選ぶことで、骨格ストレートさん特有のリッチ感が引き立ちます。

フレアなラインを着こなしたい場合は、形状記憶するようなハリのある素材でウエストまでのラインにメリハリをつけると◎。また、柔らかくふんわりボリューミーなワンピースは、首や手首、足首を肌見せして抜け感を加えましょう。

骨格診断のセルフチェックは、うまく活用できましたか? 骨格ストレートさんは、メリハリのあるボディラインを引き立てるベーシックなファッションがとてもお似合い。引き算を意識して毎日のコーディネートを組んでいきましょう。(文/sumire)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/sumire
※画像/Liza888、Irina Bg、yayhastudio、Andrii Hushtiuk、Dmytro Flisak、titov dmitriy、m.fuwari/Shutterstock

#ファッション をまとめてチェック!
#コーディネート #ショッピング
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【糸島ドライブ】お土産にも◎海辺の雑貨店
【こんまり流】家中スッキリ!片づけ術
【毎週水曜更新】イヴルルド遙華の12星座占い