TOP > ビューティー・ヘルスケア > お肌の透明感アップ!“美容師がおすすめ”大人も挑戦しやすい「青系ヘアカラー」

お肌の透明感アップ!“美容師がおすすめ”大人も挑戦しやすい「青系ヘアカラー」

こんにちは。天神の美容室『HEART』スタイリストのオギサヤカです。

以前「暖色カラー」の記事でもお話しましたが、2020年の夏はオレンジや赤のビビットなカラーが流行りました(暖色カラーの記事はこちらから) 。

オレンジや赤に比べると、ブリーチなしでは色味の入りにくい青系カラーですが、お肌がブルーベース寄りの方はお肌に透明感が出てきれいに見えます!

この冬、ビビッドなカラーに挑戦したい方にも「青」はオススメです!

3タイプの事例でご紹介していきます。

1:ナチュラルで挑戦しやすい!ブリーチ1回でも可能な「薄めのブルー」

まずは、髪質によりますが1回のブリーチでも再現可能な薄めのブルーです。

画像:オギサヤカ

光に透けると水色のような色合いです。こちらも根元は少し暗めにして、よりナチュラルに見せています。

根元からバッチリ色味を入れると少しアニメっぽくなってしまうので、「派手なカラーにはしてみたいけど、不自然にはなりたくない」という方には、絶対に“根元を暗め”にすることをオススメします。

「しっかりめのネイビーカラー」や「薄めのブルー」スタイルの色落ちは、ブリーチをした髪(黄色)+カラー剤(青色)をのせているので、じわじわと緑っぽく色落ちしていきます。この変化も一緒に楽しみたい方は、通常通りのシャンプーやトリートメントでケアをしてください。

できる限り青味をキープしたいという方は、紫シャンプーやネイビーの“カラーシャンプー”を使うのがオススメです。

2:就活生にもオススメ!「ブルーブラック」

次は、就活生の方にオススメのブルーブラック。

画像:オギサヤカ

ブラウンで自然な髪色に戻すのもいいけれど、ブルー系のカラー剤でしっかり暗くするのもかわいいです。

ぱつんとしたラインで思いっきりモードによせると、カラーに制限がある方でもヘアスタイルを楽しめるのではないでしょうか。

画像:オギサヤカ

3:メイクや洋服に意外となじむ!ブリーチ2回以上の「ネイビーカラー」

最後に、2回以上のブリーチが必須のしっかりめのネイビーカラーです。

しっかりめのネイビーカラー

画像:オギサヤカ

ビビッドなカラーは、根元を少し暗めにすることで不自然になりすぎず、オシャレ度がアップします!

画像:オギサヤカ

思い切って挑戦してみたい方は、このくらいの濃いめのブルーがオススメです。

色味は強いですが、カラーのトーン自体は暗めなのでメイクやお洋服も意外と合わせやすいですよ。

赤味系のあとは青味系カラー、極端な色が流行っている印象です。マスク生活になり、派手なカラーに対してのハードルが少し下がってきている気がします。

どうせなので、今のうちにいろいろ挑戦してみるのもアリです。大人っぽく見せたい方も、派手にカラーを楽しみたい方もこの冬は「青」に挑戦してみてはいかがでしょうか?(文/オギサヤカ)

【参考・画像】
※文・画像/オギサヤカ

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ビューティー #ファッション
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】低身長さんに似合うヘア
【時短家事】トイレ掃除で手放したモノ
【ダイソー】車内で役立つ便利グッズ