TOP > PR > 地元食材の絶品ランチが楽しめるカフェも!佐賀県・話題の新エリア「SAGAサンライズパーク」
SAGAサンライズパーク

地元食材の絶品ランチが楽しめるカフェも!佐賀県・話題の新エリア「SAGAサンライズパーク」

2024.01.19

Sponsored by 佐賀県

2023年に誕生した佐賀県の“新エリア”、『SAGAサンライズパーク』。

おいしいメニュー揃いのカフェがあったり、誰でも無料で使えるゾーンがあったり、イベント開催時だけでなく“普段使いしたくなる”、“わざわざ訪れたくなる”魅力が満載。いま注目のエリアなんです。

さっそくご紹介していきます。

2023年5月グランドオープン!“新たな価値を創造するエリア”「SAGAサンライズパーク」(佐賀市日の出)

佐賀市日の出に、2023年5月にグランドオープンした『SAGAサンライズパーク』。

プロスポーツの試合や楽しいイベントが行われるアリーナや、国際基準のプールなどを備えた、“新たな価値を創造するエリア”です。

SAGAサンライズパーク

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

JR・佐賀駅から徒歩約15分(博多駅から佐賀駅まで特急電車で約40分)。福岡市・天神から高速バスで約1時間15分(アリーナ前にバス停あり)とアクセス良好。駐車場もあります(イベントによっては利用できない場合があるのでご注意を)。

ちなみに、『SAGAサンライズパーク』から佐賀駅までの約1.4kmの道は、『サンライズストリート』と呼ばれていて、ご当地フードの看板やゲームコラボのマンホールなどが設置されています。

サンライズストリート 看板

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

プロのスポーツチーム『佐賀バルーナーズ(バスケットボール)』と『久光スプリングス(バレーボール)』の選手が必勝祈願に訪れるという『鏑流(てきりゅう)神社』も。両チームのチームカラーに合わせ、珍しい「青」の鳥居です。

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

佐賀駅から散策しながら向かうのも楽しいですよ。

プロスポーツやコンサートなどが楽しめる“新時代のエンタメアリーナ”「SAGAアリーナ」

まずご紹介するのは、『SAGAアリーナ』。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

バレーボールやバスケットボールなどのプロスポーツのほか、コンサートや大型イベントなどが楽しめる、“新時代のエンタメアリーナ”です。

ここからは、『佐賀バル―ナーズ』のホームゲームが行われた日の様子をご紹介していきます。

まず外では、選手たちの大きな旗がお出迎え。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ 

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

中に入ると、真ん中に大きな「センタービジョン」。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ センタービジョン

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

その奥に「壁面ビジョン」。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ 壁面ビジョン

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

そして、客席の間に設置された「リボンビジョン」も。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ リボンビジョン

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

この3つの大型ビジョンで、迫力ある映像や光の演出などが楽しめるようになっています。臨場感満点、スポーツ観戦やコンサートの熱狂が倍増しますよ!

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

観客席は、1階から4階まであわせて約8,400席。最大勾配35度の“すり鉢状”になっているので、上のほうの席からでも見やすいのが特徴です。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ 観客席 

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

また、通常席のほか、「ファミリー・グループ席」、「マス席」、「カップル席」、「車イス席」と、さまざまな観客席があるので、それぞれのスタイルに合わせて観戦を楽しむことができます。

SAGAサンライズパーク SAGAアリーナ 観客席

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

個人利用もOK!国際基準の公認プール「SAGAアクア」

続いては、『SAGAアクア』。

SAGAサンライズパーク SAGAアクア

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

競泳、アーティスティックスイミング、水球などのトップクラスの大会が開催できる国際基準の公認プールです。

SAGAサンライズパーク SAGAアクア

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

観客席は約1,200席。大型ビジョンも備えています。

SAGAサンライズパーク SAGAアクア 大型ビジョン

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

さらに、屋外には『ダイビングプール』も。※一般利用不可 

SAGAサンライズパーク SAGAアクア ダイビングプール

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

屋内のプールは、おとな500円、小学生~高校生200円で「個人利用(2時間)」が可能です。

SAGAサンライズパーク SAGAアクア

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

ランチができるカフェも!さまざまな店が並ぶ「パークテラス」

『SAGAアリーナ』や『SAGAアクア』を利用しなくても楽しめるのが、『佐賀バルーナーズ』や『久光スプリングス』の応援グッズショップやカフェなど、さまざまなお店が並ぶ『パークテラス』。

SAGAサンライズパーク パークテラス

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

特にカフェは注目です!

SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)

こちらは、『SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)』(営業時間11:00~18:00)。

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)外観

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

『佐賀県産野菜のキッシュランチ』(スープ付き1,200円)、

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)佐賀県産野菜のキッシュランチ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

『肥前さくらポークの自家製ベーコン温玉丼』(サラダ・スープ付き1,200円)、

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)肥前さくらポークの自家製ベーコン温玉丼

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

『骨太有明鶏のチキン南蛮ランチ』(ごはん・スープ付き1,200円)など、佐賀県産のおいしい食材を使ったメニューが盛りだくさん。

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)骨太有明鶏のチキン南蛮ランチ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

そのほか、『嬉野産ほうじ茶のガトーショコラ』(550円)、

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)嬉野産ほうじ茶のガトーショコラ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

お米をミルクで炊いたフランスのデザート『リオレ』(500円)なども揃っています。

SAGAサンライズパーク パークテラス SCOL CAFE&D(スコル カフェ&ディー)リオレ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

店内には、テーブル席やカウンター席のほか、ペットと一緒に利用できるソファー席もありますよ。

La Pause(ラ・ポーズ)

こちらは、『La Pause(ラ・ポーズ)』(営業時間11:00~24:00)。

SAGAサンライズパーク パークテラス La Pause(ラ・ポーズ) 外観

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

佐賀の食材や自家製調味料を使った料理が楽しめるお店です。

ランチには、『みつせ鶏のチキンカツ スープ付きワンプレート(タルタルソースorポン酢)』(1,200円)、

SAGAサンライズパーク パークテラス La Pause(ラ・ポーズ) みつせ鶏のチキンカツ スープ付きワンプレート(タルタルソースorポン酢)

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

1日5食限定『佐賀牛ローストビーフ丼』(スープ・サラダ付き2,000円)などが味わえますよ。

SAGAサンライズパーク パークテラス La Pause(ラ・ポーズ) 佐賀牛ローストビーフ丼

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

※紹介メニューは2023年11月取材時点での情報です。また、イベントの開催時間等により営業時間が異なる場合があります。詳細は各店舗にお問い合わせください。

<SCOL CAFE&D>電話番号:0952-37-7423/Instagram:@scolcafe_d

<La Pause>電話番号:0952-97-6577/Instagram:@la_pause_0513_rs

ジョギングや散歩が楽しめる「ランニングループ」

いつでも誰でも無料で使うことができる、ジョギングや散歩用のコース『ランニングループ』も見逃せません。

SAGAサンライズパーク ランニングループ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

地上から約6mの高さにあるので、まわりの景色を楽しみながら爽快感たっぷりに、走ったり歩いたりを楽しめます。

SAGAサンライズパーク ランニングループ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

コースは距離別に3つ。700m『にじゅうまるコース』、1,100m『サガンスギコース』、1,530m『いちごさんコース』と、佐賀県の特産品が名前についているのが注目ポイント。コース上にそれぞれの絵も描かれています。

ライトアップされてまた違った雰囲気が楽しめる、日没後の利用もおすすめです。※ライトアップは21時まで

SAGAサンライズパーク ランニングループ

画像:FBS福岡放送『mori モリ SAGA』

スポーツ観戦はもちろん、著名アーティストのコンサートも続々。

今後の『SAGAサンライズパーク』にも注目ですよ。話題の“新エリア”、ぜひ訪れてみてくださいね。(文/ARNE編集部)

<施設情報>
■SAGAサンライズパーク
住所:佐賀県佐賀市日の出2丁目1-10
電話:0952-32-4070(代表)
HP:https://saga-sunrisepark.com/
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
SAGAサンライズパーク

#おでかけ をまとめてチェック!
#佐賀県 #カルチャー #ランチ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから