TOP > ニュース > “福岡の新名所”待望のオープン!スリル満点コースターも楽しめる「BOSS E・ZO FUKUOKA」<7/1~チケット発売>

“福岡の新名所”待望のオープン!スリル満点コースターも楽しめる「BOSS E・ZO FUKUOKA」<7/1~チケット発売>

2020.06.30

7月21日(火)に開業を迎える、ホークスの本拠地PayPayドームに隣接する『BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)』。飲食店や多彩なエンターテインメント施設が入る、地上7階建ての大規模複合施設です。

新型コロナウイルス感染症の影響で開業が遅れていましたが2020年7月21日(火)に待望のグランドオープン、それに先駆けて7月1日(水)からは一部フロアのチケット販売がスタートします。

 

エンタメがギュッと詰まった“遊べる”施設!

日本初登場の絶景アトラクションから、多彩なグルメが並ぶフードホール、よしもとやHKT48の劇場まで、フロア毎でさまざまなエンターテインメントが楽しめる“福岡の新名所”です。

RF 『絶景3兄弟』 ★
7・6F『V-World AREA』★
7F 『よしもと福岡新劇場(仮称)』 ※2020年夏オープン予定 ★
6F 『イベントホール』
5F 『teamLab Forest』★
4F 『王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD』★
3F 『The FOODHALL』
2F 『MLB café FUKUOKA
1F 『HKT48劇場』

★印のついているフロアでは、7/21日(火)のグランドオープンを前に、事前予約チケットが7月1日(水)10:00から販売開始されます。

フロアの概要を見ていきましょう!

 

屋上:日本初登場を含む3種類の絶景アトラクション『絶景3兄弟』

屋上(RF)は、眺めも気分も爽快な、3種類の絶景アトラクションです。“絶叫”じゃなく、“絶景”なんですね。日本初登場のものもありますよ!

(1)つりZO(つりぞー)

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『つりZO(つりぞー)』

画像:PR TIMES

『E・ZO』最高地点・地上60mからスタート! 一人乗りのぶら下がり式、日本で唯一“ビルの屋上に設置されたレールコースター”です。全長約300m・高低差約20mのコースは、PayPayドームの屋根を横切って、玄界灘と福岡市中心部を一望! スリル満点です。

対象年齢:13歳~64歳/価格:1,500円

 

(2)すべZO(すべぞー)

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『すべZO(すべぞー)』

画像:PR TIMES

地上40mから1Fまで、建物の壁面に沿って一気にすべり降りる、全長100mのチューブ型スライダー。スライダー上半分は透明な樹脂で、直線部ではPayPayドームの屋根と匹敵する高さから外を一望! スパイラル部分では幻想的な雰囲気に包みこまれるイルミネーションと音楽が楽しめます。

対象年齢:10歳~64歳/価格:1,000円 ※身長130cm未満の方は乗車できません。

 

(3)のぼZO(のぼぞー)

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『のぼZO(のぼぞー)』

画像:PR TIMES

ビル屋上の壁面を利用した高さ約9m・最高到達点は地上約50mのリードクライミング。壁の最上部から降りてきているロープを装着し、頂上を目指します。ビル屋上の壁面を利用した高さ3mのボルダリングは、壁が低いので4歳から楽しめます。

対象年齢:クライミング 7歳~、ボルダリング 4歳~/価格:クライミング 900円、ボルダリング 500円

 

6・7F:多彩なバーチャルコンテンツが体験できる『V-World AREA(ブイワールド エリア)』

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『V-World AREA(ブイワールド エリア)』

画像:PR TIMES

バーチャルコンテンツが体験できる最先端空間『V-World AREA(ブイワールド エリア)』。全16種のうち、九州初進出機器は10種類! まるでゲームの世界に入り込んだような、空間づくりも見どころです。

 

5F:チームラボの新ミュージアム『teamLab Forest(チームラボフォレスト)』

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『teamLab Forest(チームラボフォレスト)』

画像:PR TIMES

『チームラボフォレスト』は、アートコレクティブ・チームラボによる「捕まえて集める森」と「運動の森」からなる、新しいミュージアム。新たな7作品を含む、計10作品が展示されます。

「捕まえて集める森」は、自らで探索し、発見し、捕まえることで興味を広げていく、新しい「学びの空間」。スマートフォンを片手に探索し、様々な動物を捕まえ、観察し、自分のコレクション図鑑をつくっていきます。

「運動の森」は、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」。複雑で立体的な空間で、身体ごとインタラクティブな世界に没入します。

価格:大人(16歳~)2,200円、小人(4~15歳) 800円 ※保護者同伴に限り3歳以下無料。障がい者割引あり。

 

4F:装いも新たにオープン『王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD』

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD』

画像:PR TIMES

『王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD』は、楽しみながら学べる、未来志向のスポーツミュージアム。

「王貞治ヒストリーゾーン」と「89パーク(やきゅうぱーく)」の2つのゾーンがあり、「89パーク」では、ホークス選手と短距走で競争できたり、プロのボールの速さをキャッチャー目線で体験できたりするアトラクションなど、子どもも楽しめる15種類の体験型アトラクションが楽しめます。

価格:大人(16歳)1,800円、小人(10~15歳)900円 ※保護者同伴に限り9歳以下は無料。障がい者向け割引あり。

 

その他のフロアもチェック!

7F:『よしもと福岡新劇場』(仮称)

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『よしもと福岡新劇場』

画像:PR TIMES

大阪『なんばグランド花月』、東京『ルミネtheよしもと』、京都『祇園花月』に次ぐ規模で、吉本興業の常設劇場『よしもと福岡新劇場(仮称)』が2020年夏オープン(予定)。

 

3F:『The FOODHALL』

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『The FOODHALL』

画像:PR TIMES

8店舗からなるフードホールフロア。「日本初上陸」「九州初上陸」「有名店による新ブランド」など“新しい&おいしい”がぎっしり!

全8店:CHATTERBOX EXPRESS(※、OPEN日未定)/TRATTORIA IL LUPINO(※)/WINE BAR IL LUPINO(※)/九州 はかた 大吉寿司/えびそば一幻/肉山食堂/京都 天ぷら 花いかだ/焼肉 赤身 にくがとう

※マークのお店は、日本初出店

 

2F:『MLB café FUKUOKA』

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『MLB café FUKUOKA』

画像:PR TIMES

『MLB café』は、Major League Baseball(MLB)から公認ライセンスを許諾された世界初のレストラン。もちろん九州初出店です!

日本では東京・恵比寿店、東京ドーム店に続き3店舗め。本場アメリカのスタジアムメニューをイメージした福岡店限定メニューも販売されます。

 

1F:『HKT48劇場』(仮称)

BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)『HKT48劇場』

画像:PR TIMES

地元・福岡を拠点としながら、全国で幅広く活動を行っている、HKT48の本拠地となる待望の専用劇場。 ※オープン日は未定

<施設概要>
BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)
福岡市中央区地⾏浜2-2-6
詳細は「BOSS E・ZO FUKUOKA(ボス イーゾ フクオカ)」

 

いかがでしたか? チケットの購入についての詳細はBOSS E・ZO FUKUOKA公式サイト(リンクは記事の下にあります)内「チケットの購入について」をチェックしてくださいね。(文/ARNE編集部)

【参考・画像】

福岡新名所、7/21開業へ!「BOSS E・ZO FUKUOKA」 チケット発売開始!-PR TIMES

BOSS E・ZO FUKUOKA公式サイト

この記事は公開日時点の情報です。

<こんな記事も読まれています>

福岡に新名所が誕生!?“歓声をあげること間違いなし”今だけの映えスポット2選

「2020年福岡のニュース」今年何が起こるか大解剖!【めんタイムス】