TOP > ニュース > コロナ退散祈願を込めて…話題の妖怪「アマビエ」どら焼を5/8から販売
如水庵 アマビエどら焼

コロナ退散祈願を込めて…話題の妖怪「アマビエ」どら焼を5/8から販売<如水庵>

2020.05.08

豊作や疫病などを予言すると伝えられている妖怪「アマビエ」を知っていますか?

実はこの「アマビエ」は、新型コロナウイルスの終息を願い、今話題になっている妖怪なんです。

そんな「アマビエ」のオリジナル焼き印が入ったどら焼が如水庵から登場! 詳しくご紹介していきます。

 

「アマビエ」って……?

如水庵 アマビエどら焼

画像:如水庵

アマビエは、疫病退散にご利益があるとされている妖怪のこと。

1846年、肥後(現熊本県)の海の海面が金色に光り、そこから「アマビエ」は現れ、こう言ったと伝えられています。

「私は海に住むアマビエ。これから6年間は豊作だが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せなさい」

このような予言をしたことから、疫病退散のご利益だけではなく、「予言獣」としても知られている妖怪です。

 

妖怪アマビエ×小豆の「アマビエどら焼」

如水庵 アマビエどら焼

画像:如水庵

そんな妖怪「アマビエ」の焼き印を押した「どら焼」が如水庵で販売されています。

どら焼きの中身「小豆」もまた、古来より“厄災除けの力”があると信じられてきました。彼岸にはおはぎ、小正月に小豆粥を食べるのも、小豆の持つ「厄災除けの力」で無病息災を願う習慣からなんだそう。

「アマビエどら焼」に使われている小豆は、北海道十勝産“生産者限定”小豆の粒あん。その粒あんがふっくら焼き上げられた生地に挟まれています。

如水庵 アマビエどら焼

画像:如水庵

さらに、パッケージデザインは、日本伝統の柄で海を表す「青海波」を用いて、アマビエが姿を現す直前の、黄金に輝いた海面を表現しています。

アマビエどら焼

画像:如水庵

パッケージにも焼き印にも「アマビエ」要素が詰まったどら焼は、「自粛の息苦しさの中で、少しでもほっとする時間を過ごしていただきたい」「疫病退散の祈りを込めて」という生産者の思いが詰まっています。

〈商品情報〉

販売期間:5月8日(金)~5月31日(日)予定(なくなり次第終了)

価格(税込):1個 195円/(箱入り)3個入 685円/5個入 1,110円/10個入 2,145円

販売場所:如水庵直営店(※)/如水庵通信販売
(※)5/7現在の営業店舗:原工房・長住店・筑紫野店・イオン延岡店(宮崎)

 

如水庵社長・森正俊氏にインタビュー

「アマビエどら焼に込められた思い」を如水庵の森正俊社長にインタビューしました。

如水庵 森正俊社長

画像:如水庵

―「アマビエどら焼」「上生菓子」を作ることになった背景とは?

森正俊社長(以下、森) お菓子屋の使命は「世の中に幸せを届けること」だと思っています。そんな思いから、今回のアマビエどら焼を作る前、全国の学校が休校になった3月頭頃から、学童保育や医療機関などに如水庵の既存のお菓子をプレゼントする取り組みを行っていました。その延長線上として、既存のお菓子を届けるだけではなく、「ワクワクするような商品を作りたい」という思いから「アマビエどら焼」と「上生菓子」を作ることになりました。

 

―この商品に込められた思いは?

森 コロナ収束を願い、厄災除けの妖怪であるアマビエをこだわりの小豆と掛け合わせてどら焼を作ったということももちろんですが、アマビエは熊本県出身の神様(妖怪)で、同じ九州出身というところもアマビエを選んだ理由の一つです。

また、上生菓子は普段お茶席などで食べられるお菓子です。そんな上生菓子とかわいいとは言えない見た目のアマビエの姿をどう掛け合わせられるかというのを職人と相談し、今回のような「かわいいアマビエ」と「きれいなアマビエ」の上生菓子が完成しました。

さらに、アマビエよりもっと身近な存在の地蔵さまの赤い前掛けは「魔除け」の効果があると言われているということを初めて知り、赤い前掛けもお菓子で表現しています。

 

―地元・福岡の方へメッセージをお願いいたします。

 如水庵の店舗は32店舗中27店舗を休業にしています。苦渋の決断でしたが、従業員やお客様の安全を考えてのことです。

お菓子屋としてというよりは、まずは同じ福岡に住む者として、「お家時間を楽しむツール」としてお菓子を選んでもらえたらうれしいです。

このお菓子が家族の絆を深められるような有意義なものになってほしいと思います。

 

【疫病退散祈願】アマビエ×お地蔵様の「上生菓子」も!

「アマビエ」と、地域の守り神である「お地蔵様」を組み合わせた“疫病退散を祈願する”上生菓子も発売予定。

如水庵 アマビエどら焼

画像:如水庵

お地蔵様は、「地蔵菩薩」といい、仏教の信仰対象である菩薩の1人です。お地蔵様が六道を巡りながら人々の代わりに苦しみを背負ってくれるという信仰から、「道祖神」として全国各地に存在し、地域を守ってくれる存在になっています。

そんなお地蔵さまとアマビエが組み合わせれた上生菓子の種類は、「アマビエ様〈煉切 ・小豆こし餡〉」、「お地蔵様〈煉切 ・小豆こし餡〉」の2種類と、通販限定の「アマビエ姫〈煉切・芋餡〉」の計3種類。

如水庵 アマビエどら焼

画像:如水庵

店頭販売では、アマビエ様とお地蔵様の2個セット、通販では、アマビエ姫が追加された3種×2個の6個入り(箱入り)で販売される予定です。

〈商品情報〉

販売期間:5月14日(木)~6月中旬予定(なくなり次第終了)

価格(税込):店頭販売(2個セット) 540円/通販限定(6個セット)1,820円(クール代500円・送料別途)

販売場所:如水庵直営店(※)/如水庵通信販売
(※)5/7現在の営業店舗:原工房・長住店・筑紫野店・イオン延岡店(宮崎)

 

生産者の思いやこだわりが詰まった「アマビエどら焼」。おうち時間のおやつに、今は会いたくても会えない大切な方への贈り物にもいいですね。(文/ARNE編集部)

 

【参考・画像】

如水庵

この記事は公開時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>
テイクアウトで連れて帰りたい!『パンサク』の超絶可愛い“動物パン”【古後大輔のふくおかパンライフ#17】

コストコ通コス子が解説!「低価格」なだけじゃない知る人ぞ知る魅力<番組『ARNE』連動>