TOP > ライフスタイル > 使い始めたら“世界”が変わった!家事の時短にもつながる「調理家電」3つ

使い始めたら“世界”が変わった!家事の時短にもつながる「調理家電」3つ

2020.12.08

こんにちは! 大戸千絵です。

今回は、手に入れて良かったと思う調理家電を3つご紹介します!

安い買い物ではないですが、それが料理時間や手間を省いてくれると考えると、その金額を出す価値があったなと思うものばかりです。

1:「ビタクラフト」のスーパー圧力鍋シクロ

正直、大きくて重たいイメージがあり、『ストウブ』や『ル・クルーゼ』の鍋も持っていたので、気にはなっていたものの購入を思いとどまっていました。

そんなとき、数年前の誕生日にお友達ママからプレゼントでいただき使ってみることに。

使ってみた感想は、その日から人生が変わったのではないかと思うほどの感動! 今までいらないと思っていたのが嘘みたい(笑)。

まず、今まで何時間も前から仕込んでいた「牛すじの煮込み」が15分でできる!

ビタクラフトの「スーパー圧力鍋シクロ」

画像:大戸千絵

前日から仕込むのが当たり前の「おでん」は30分程度で完成。

ビタクラフトの「スーパー圧力鍋シクロ」

画像:大戸千絵

煮込み料理や、子ども用に柔らかい野菜煮込み、離乳食もラクラク作れます。

煮込み料理以外のものでも、調理時間がほとんど半分以下で仕上がりますし、料理の幅も広がります。鍋に入れたらほったらかしにできるので、正月のおせちの準備もラクラクでした。

使い始める前はなんだか使い方が難しい気もしていましたが、これは絶対に持っておいて損はない圧力鍋です!

【参考】
ビタクラフト スーパー圧力鍋シクロ/6.0L/32,000円(税別)

2:「ブラウン」のハンドブレンダー

スープを作るときやスムージーを作るときにミキサーを利用するので、ミキサーにはこだわっていました。

それでも、洗うのが大変だし、汚れがなかなか取れない場所もあってなんだか憂鬱な気分になることも。

しかし、『ブラウン』のハンドブレンダーを手に入れてから世界が変わりました!

ブラウン ハンドブレンダー

画像:大戸千絵

『ブラウン』のハンドブレンダーは、軽いし簡単に組み立てや取り外しができるので、洗うのも簡単。

洗うのが簡単だと気軽に使えるし、スムージーを作るのもラクラク! 毎朝準備するのが憂鬱じゃなくなりました。

ブラウン ハンドブレンダー

画像:大戸千絵

スープを作るときも、具材をお鍋でゆでて柔らかく煮込んでおけば、あとはかくはんするだけ。ほかに洗い物が増えることもありません。

また、『ブラウン』のハンドブレンダーにはたくさんのオプション器具があって、みじん切りにできるものや泡立て器がついているものなどがあるので、いろいろな料理に利用できました。

チャイルドロックもあるし、コンセントも長いので、キッチンの中で場所を選ばず使えて大活躍です!

【参考】
ブラウン マルチクイック 9 ハンドブレンダー[MQ9075X]/25,880円(税別)

3:「クイジナート」のソルト ペッパーミル

自動で塩や胡椒を挽いてくれる「ソルト ペッパーミル」。

「クイジナート」のソルト ペッパーミル

画像:大戸千絵

手動で挽くのも良いのですが、私は毎日バタバタと慌てて料理を作っているので、ボタンひとつ、ワンタッチで挽きたての塩や胡椒が楽しめるのがお気に入りです。

それに、塩と胡椒が1本に収まっているっていうのもうれしいポイント。

挽きたての塩や胡椒で、さらに香り高い料理が出来上がります。

【参考】
クイジナート ソルト&ペッパーグラインダー/10,000円(税別)

いかがでしたか? 少し高い買い物でも、それが時間や手間を省いてくれますし、長く使えるものなので本当にオススメです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。(文/大戸千絵)

【参考・画像】
大戸千絵
ビタクラフトブラウンクイジナート

#ライフスタイル をまとめてチェック!
#時短 #料理 #レシピ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから