TOP > ライフスタイル > 冷凍庫と野菜室の整理、プロはこうする!ストレスが減る収納ポイント3つ

冷凍庫と野菜室の整理、プロはこうする!ストレスが減る収納ポイント3つ

2022.10.10

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、整理収納アドバイザーのNagisaです。家族は夫(単身赴任中)と男の子2人。3LDKのマンションで暮らしていて、Instagramでは好きなものとシンプルに暮らすアイデアや情報を発信しています。

冷蔵庫は、スッキリ整えておきたい場所のひとつ。冷蔵スペースはもちろんですが、冷凍や野菜スペースも使いやすく工夫したいですよね。

そこで今回は、わが家で取り入れている冷凍庫と野菜室の収納法をご紹介します。

1:定番品の定位置決め

冷凍庫や野菜室も、冷蔵スペースと同じように「定番品の定位置を決める」ことが大切です。みなさんのおうちで毎週必ず買うものや、いつも冷凍庫や野菜室でストックしているものはなんですか? まずは、その定番品から定位置を決めていきましょう。

すべてのものにきっちり定位置を決めてしまうと、置く場所に迷ってしまい使いやすい収納が崩れてしまうこともあります。

定番品の定位置だけ決めて余白を作っておけば、イレギュラーなものが入ってきたときにも慌てません。

定番品の定位置決め

画像:Nagisa

たとえば、わが家の場合は、冷凍庫にはお弁当で使う冷凍食品や、きのこ類を冷凍したもの、お肉などが定番。さらに、野菜室はたまねぎや人参、小松菜などの葉物がいつも入っています。

大きなボトルの調味料も、野菜室の一部を定位置にしています。

大きなボトルの調味料も、野菜室の一部を定位置に

画像:Nagisa

このように、定番品の定位置をざっくりしたエリアでもいいので決めてみてください。あとは、イレギュラーなものが入ってきたときのために、余白としてスペースをあけておくとよいですね。

2:冷凍庫は「立てる」が基本

冷凍庫は、開け閉めする時間や、探し物をする時間をできるだけ少なくしたいスペース。スムーズに出し入れすることで、冷凍庫内の温度を必要以上に上げずに済みます。そこで大切なのが「立てる」こと。

立てて収納することで、どこに何が入っているのかが一目瞭然。必要なものをサッと取り出すことができます。

冷凍庫は「立てる」が基本

画像:Nagisa

立てて収納するためには、収納ボックスを活用するだけでなく冷凍庫用のスライド式スタンドもおすすめです。

収納するものに幅を合わせることができるため、収納ボックスを使うよりも省スペース。100円均一やホームセンターでも売られているので、ぜひチェックしてみてください。

3:野菜室は紙袋が使える

野菜室のスペースは、一番汚れやすい場所ですが、毎回庫内を丸ごと洗うのは大変。そこでわが家では「紙袋」を使った収納を取り入れています。

カテゴリーを分けて収納できるだけでなく、汚れたときには紙袋を取り替えるだけでOKなので、管理がとても楽に。

野菜室は紙袋が使える

画像:Nagisa

紙袋は、コーヒーショップや100円均一のものなど、おうちにあるもので大丈夫です。持ち手の部分をカットして収納スペースの高さに合わせて内側に折り込むだけで完成。

野菜室は紙袋が使える

画像:Nagisa

紙製なので、プラスチック製の収納アイテムに比べて、野菜の大きさに柔軟に対応できるのもうれしいですね。

いかがでしたか。冷蔵庫や冷凍庫の中を整えることは、時短や食品ロスの削減につながります。ちょっとしたポイントをおさえるだけで使いやすさは格段にアップ。参考にしてみてください。
(文/Nagisa)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/Nagisa

#ライフスタイル をまとめてチェック!
#収納 #掃除
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2023年上半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【2023年初詣】福岡県おすすめ神社3選