TOP > ライフスタイル > センスがなくても大丈夫! “実践すれば絶対おしゃれ”部屋作りのコツ3つ

センスがなくても大丈夫! “実践すれば絶対おしゃれ”部屋作りのコツ3つ

2022.06.04

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、節約ブロガーの高尾ママです。Instagramで暮らしやすい仕組みづくりや節約技を発信しています。

スッキリとおしゃれなインテリアに憧れるけれど、実際は日用品や子どものモノなどが増えてごちゃごちゃ。「生活で必要な物しか置いていないはずなのに、溢れ出る生活感でおしゃれに見えない」と、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

私自身、ミニマルな暮らしをする以前は、「おしゃれな部屋を作るのはハードルが高い……」と思い、最初から諦めていたこともありました。

そこで今回は、私がたどり着いた、これさえ実践すれば不思議と「スッキリおしゃれに見える」インテリアのコツを3つご紹介します! ヒントになるとうれしいです。

1:余白を作る

部屋の余白が大切

画像:高尾ママ

部屋のインテリアを考える上で、余白はとても大切。

背の高い家具をズラリと並べてしまったり、濃い色のアイテムばかり選んでしまったりすると、部屋が狭く見え、圧迫されたように感じてしまいます。

そうならないためには、空間に余白が必要。動線上に家具を配置して視界を遮らないようにしましょう。家具を一つのコーナーにまとめたり、片側に寄せて配置したりすると、動線上に余白ができ、一直線の空間を作ることができます。

これだけでお部屋をスッキリと見せることが叶いますよ。

2:統一感を出す

部屋には統一感を

画像:高尾ママ

家具の色・素材・高さを揃えて統一感を出すと、部屋がグッとおしゃれにスッキリ見えます。個人的には、“アクセントカラー”は壁紙や大きな家具で取り入れるよりも、小さく取り入れるほうがおしゃれに感じます。

わが家の例ですが、家具は明るめの木目で腰丈で統一。この木目家具は床の色とも揃えています。

壁紙など空間は全て白・家具は木目・アクセントに黒というスタイルで空間作り

画像:高尾ママ

「壁紙など空間は全て白・家具は木目・アクセントに黒」。これをわが家のスタイルに決めてから、そのテーマに沿って空間作りをしています。

3:インテリアのテーマを決める

リビング

画像:高尾ママ

まず自分、そして家族はどんなインテリアが好みなのか、じっくりとさまざまなインテリアテーマを調べて“好み”を知るのも大切です。

「北欧風」や「カントリー風」「ヴィンテージ風」など、テイストを決めて雑貨を統一するとおしゃれ見えするでしょう。

わが家の場合、夫婦で好みのインテリアの意見を出し合ったところ、お互いに「シンプル」が共通点でしたが、同じシンプルでも私は『無印良品』などのデザインが好きですが、夫は『niko and…』など、少しカフェ風なデザインが好み。

これを踏まえ、「白×木目×黒」というわが家のテーマが決まりました。

たくさんの画像やブロガーさんの投稿、Instagramの写真などから「これが理想!」を見つけて、自分たちの好みのインテリアに近づけるのが一番だと思います。

お部屋の中にグリーンを

画像:高尾ママ

一気に家中をおしゃれにするぞ!と行動するのはハードルが高いので、最初は自分の「好き」を知り、大好きなものを集めた空間を作るのがコツです。お気に入りに囲まれて、自分が過ごす家を心地よい空間にしましょう。

少し意識するだけでインテリアはグッと変わります。ぜひ、上記3つのコツを意識して、空間作りをしてみてくださいね。(文/高尾ママ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/高尾ママ

 #インテリア をまとめてチェック!
#ライフスタイル #ファミリー #収納
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること