TOP > ライフスタイル > 【グップラ】自分にできることから!FBSアナウンサー伊藤舞が取り組む「“ちょっと”環境にいいこと」

【グップラ】自分にできることから!FBSアナウンサー伊藤舞が取り組む「“ちょっと”環境にいいこと」

2022.06.03

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

2022年5月29日(日)~6月5日(日)の期間、「地球のため、未来のため、より良い暮らしのために今できること」を日本テレビ系の各番組で発信するSDGsキャンペーン「グップラ(Good For the Planet ウィーク)」。

画像:日本テレビ

今回は、私が愛用しているエコなアイテムや、ちょっと心がけていることをご紹介します。

キッチンでは、なるべく「使い捨て」を減らす

まずはキッチン周りから。

毎日の料理の中で心がけているのが、なるべく「使い捨て」を減らすこと。

ラップやビニール袋を極力使わずに「ガラス容器」や「シリコンバッグ」で食材やおかずを保存するようにしています。

ガラス容器

画像:伊藤舞

ガラス容器は、匂い移りがなく、油汚れも落としやすいので長く愛用できます。

実際にわが家で使っているものも、もう5年以上使い続けているものばかり。どうしても劣化が早いフタのみを買い換えれば、本当に長く使えますよ。

冷凍したり、電子レンジでそのまま温めるのはもちろん、フタを外せばオーブンでの調理もできるので、重宝しているアイテムです。

ガラス容器

画像:伊藤舞

そして、ここ数年で見かけるようになった「シリコンバッグ」も保存にピッタリ!

シリコンバッグ

画像:伊藤舞

ミニトマトなどの野菜を入れて冷蔵庫で保存するのはもちろん、私はちょっと残ったスープを入れて冷蔵保存し、翌日そのままレンジで温めて使うことも多いです。

シリコンバッグ

画像:伊藤舞

「自然派ブランド」の食器洗剤を選ぶ

1日数回は行う「食器洗い」。毎日のことだからこそ、少しでも環境に配慮したいと思い、自然派のものを選ぶようにしています。

植物由来の洗浄成分を使用していて、肌にもやさしい自然派の食器洗剤。さまざまな商品があるので、自分に合うものが見つけやすいのも魅力ではないでしょうか。

ちなみに、私が使っているのはニュージーランドの自然派ブランド『エコストア』の食器洗剤です。

エコストア 洗剤

画像:伊藤舞

自然由来の原料や製造工程にもこだわっていて、容器もサトウキビ由来のプラスチックと再生プラスチックを混ぜて作られているそう。

エコストア 洗剤

画像:伊藤舞

そういった部分はもちろん、実は私がこの洗剤で一番気に入っているのが「洗浄力」。いろいろ試した中で一番満足できたのが、この洗剤でした。

油ものなどちょっと頑固な食器汚れをしっかり落とし、なおかつ毎日使っていても手が荒れにくい。この使い心地の良さが、使い続けられる大きなポイントです。

洋服の購入は「受注生産ブランド」も視野に入れる

ファッションでも、できることから少しずつ。

自分や娘の着なくなった洋服は、フリマアプリに出したり知人に譲ったりしています。

また、直接的な行動ではありませんが、ここ数年は、そのお店やブランドが「環境に配慮しているか」という点も、買い物する上での一つのポイントになってきています。

たとえば、洋服を購入する際に「受注生産」で販売しているブランドを選ぶというのも一つの選択肢。

私はInstagramでも人気のブランドなどでよく購入します。

ファッション

画像:伊藤舞

このブラウスは、ボリュームたっぷりのティアードと後ろのリボンがお気に入り。昨年の12月にオーダーして、今年の春先に届いたものです。

ファッション

画像:伊藤舞

「受注生産」は、オーダーに合わせて洋服が生産されるので、ブランドとしては抱える在庫の量が少なく済むそう。

ファッション業界で耳にする機会が増えた「余剰在庫問題」。売れ残り商品の処分などによる環境への影響も大きいと聞きます。

私たち自身も、「欲しいものをすぐに!安く!いつでも!手に入れられる!」という非常に便利な環境に慣れてしまっていますが、そのニーズこそが、この問題を助長してしまっている部分もあるのかもしれません。

全てを変えていくことは無理だけど、少しでも意識を向けていくことができたら良いですよね。

何より、次の季節に想いをはせながら洋服をオーダーし、それを待つワクワクした時間もとっても愛おしいのです。

先日届いたばかりの半袖ブラウスは、2月の本格的な寒さの頃にオーダーしたもの。

ファッション

画像:伊藤舞

何か月も待って届いた洋服たちは、いつも以上に大切に着たいという気持ちが強くなります。

ファッション

画像:伊藤舞

何かを大きく変えることはできませんが、自分ができることからやっていきたいですね。長く続けるためにも、「無理のない範囲で」がポイントだと思っています。(文/伊藤舞) 
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
日本テレビ「Good For the Planet ウィーク(通称「#グップラ」)」特設ページ
FBS福岡放送「Good For the Planet ウィーク(通称「#グップラ」)」特設ページ

※文・画像/伊藤舞
※エコストア

#グップラ をまとめてチェック!
#ライフスタイル #ファッション
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること