TOP > ライフスタイル > 壁に穴を開けずに済む! “賃貸にもおすすめ”収納のプロも自画自賛するテクニック
帽子とアウターを玄関に収納する

壁に穴を開けずに済む! “賃貸にもおすすめ”収納のプロも自画自賛するテクニック

2022.04.26

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、整理収納アドバイザーのNagisaです。単身赴任の夫・男の子2人と3LDKのマンションで暮らしていて、Instagramでは好きなものとシンプルに暮らすアイデアや情報を発信しています。

みなさんのおうちは、賃貸ですか? それとも持ち家ですか? わが家は、約4年前に購入した中古マンション。そのため、コンセントの位置や収納スペースなどが、はじめから決まっている状態で生活がスタートしました。

「ここに収納があったらいいな」という場所に棚やフックをつけたい。でも、壁にネジを開けるのは少し抵抗がある……ということがよくありました。そこで取り入れたのが、ネジ式フックでもできる「魔法のテープを活用した収納法」です。“魔法のテープ”とは、簡単にいえば超強力な両面テープのこと。

木製のねじ式フックをつかった収納アイデア

画像:Nagisa

今回は、わが家の玄関収納で取り入れている、「木製のネジ式フックをつかった収納アイデア」をご紹介します。魔法のテープを使っているので、賃貸でも応用することができますよ。自分の理想の場所に収納スペースを作りたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

帽子とアウターを玄関に収納する

外から帰ってきて、一番はじめに収納したいのが、子どもたちの帽子やアウター。ハンガーにかける動作はハードルが高かったため、フックに引っ掛けるだけの収納にしたいと考えました。

帽子とアウターを玄関に収納する

画像:Nagisa

使いたかった木製のフックがネジ式だったため、直接設置するのではなく、フックと建具の間に別の木材を使うことに。フックのついた木材を、魔法のテープで固定。そうすることで、ネジ穴をあけることなく、フックを取り付けることができたのです。

準備したもの

ネジ式のフックを魔法のテープで固定するために使ったものは以下。

・木製のネジ式フック
・カットした木材
・魔法のテープ
・マスキングテープ

ねじ式のフックを魔法のテープで固定するために使ったもの

画像:Nagisa

カットした木材は、使いたい木製のネジ式フックを固定するため、マスキングテープは壁を保護するために使用します。一般的な魔法のテープはとても強力。魔法のテープをそのまま貼ってしまうと、剥がすときに棚の塗装や壁紙が、ごっそり剥がれてしまう可能性があるためです。

取り付け方

(1)木材にネジ式フックを取り付ける
(2)マスキングテープで接着面を保護
(3)フックのついた木材を魔法のテープで固定

取り付け方

画像:Nagisa

マスキングテープで壁を保護しているため、魔法のテープを使っていても強度はマスキングテープの粘着力に依存してしまいます。そのため、できるだけ接着面を大きくして強度をアップ。

特に子どもが使う場所なので、木材も接着面が大きくなるようにカットしました。サイズを測っておけば、カットしてくれるホームセンターもありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

今回の方法は、ネジ式以外のフックでも活用することができます。これはフラフープを収納するために取り付けたお風呂用のフック。

フラフープを収納

画像:Nagisa

接着剤で木材にフックを固定して、同じように壁にマスキングテープと魔法のテープで固定をしています。

いかがでしたか。収納を取り付けたいけれど、穴を開けたり傷が付いたりするのはNG。そんなときはこの方法をぜひ試してみてくださいね。参考にしていただけるとうれしいです。(文/Nagisa)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/Nagisa

#インテリア をまとめてチェック!
#ライフスタイル #ファミリー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること