TOP > ライフスタイル > 1月中に見直して! 4人家族のママが教える「大掃除をリバウンドさせない」コツ3つ

1月中に見直して! 4人家族のママが教える「大掃除をリバウンドさせない」コツ3つ

2022.01.22

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、節約ブロガーの高尾ママです。Instagramで暮らしやすい仕組みづくりや節約技を発信しています。

気合いを入れて取り組んだ年末の大掃除から約1か月経った今、みなさんのおうちはきれいなままでしょうか? また、大掃除用に購入した掃除グッズは今も使っていますか?

毎年年末に大掃除をしているのに、「結局気づいたら数日後には家が散らかっている」「窓は子どもたちの手垢まみれ」「毎日やろうと意気込んでいた排水溝掃除は結局毎日はやっていない」……など、既に反省ばかりという人も多いでしょう。

1月中に見直したい!4人家族のママが教える「大掃除をリバウンドさせない」コツ3選

画像:高尾ママ

忙しい毎日を送る子育て世帯は、イレギュラーな出来事が起こるので、毎日掃除をする余裕はなく、時間の確保も難しいですよね。でも、やらないと片付けや掃除がどんどん蓄積され、あとから大変なことになってしまいます。

そこで今回は、共働きのわが家が取り組んでいる“大掃除からリバウンドしないコツ”をご紹介します。

1:どの掃除でも「整理・整頓・習慣」を意識する

どの掃除でも「整理・整頓・習慣」を意識する

画像:高尾ママ

片付けや掃除は「整理・整頓・習慣」が大切です。

1:整理する・・・不要なモノを減らす
2:整頓する・・・使いやすく収納する
3:習慣化する・・・その状態に戻すタイミングを決める

大掃除して気持ちよく過ごせる環境を作ったのに、それがすぐに散らかってしまうというのは、
・整理されていない(必要なモノ・不要なモノが分別されていない)
・整頓できていない(すぐに取り出せない・戻せない)
・習慣化できていない(いつリセットするのか決まっていない)
のどれかが原因の場合が多いです。

この部屋に本当に必要なモノなのか? 取り出すときに不便を感じないか? 手を洗ったらついでに洗面台と鏡をティッシュで拭くなど、掃除の習慣化はできているか?

この3つを1つ1つチェックしていくと、自分の癖や習慣化できていない部分に気づくことができます。なので、きれいな状態にした時点で、この3つを見直して再び散らかることを防いでいきましょう。

2:1日にまとめて掃除しようとしない

1日にまとめて掃除しようとしない

画像:高尾ママ

“まとめて大掃除する”ことが当たり前になると、“掃除=時間がかかって面倒くさいこと”という意識になってしまいます。掃除を「頑張ってするもの」という認識から「毎日簡単にすぐ終わるもの」という認識に変え、ラクに考える気持ちが大切です。

そのためには、作業1つ1つを“すぐ終わること”に変換する意識を持ちましょう。リビング掃除にしても、床掃除、隅のホコリ取り、書類の片付け……など、すべてまとめてリビングの掃除とするのではなく、朝一で床掃除、ご飯前に書類の片付け……など、作業を小分けにして、“すぐ終わること”という意識付けをしてみるのをおすすめします。

3:「ラクになる」道具選び&収納方法を模索し続ける

「ラクにする」道具選び&収納方法を模索し続ける

画像:高尾ママ

手間がかかることは、よほど好きなことじゃないと、なかなか重い腰が上がらないと思います。

たとえば、お風呂掃除で毎回「浴槽はこの洗剤、おもちゃはこの洗剤、タイルはこの洗剤、排水溝はこの洗剤」など、いくつもアイテムが必要だととても面倒ですよね。

なので、掃除道具はできるだけコンパクトに、数を厳選しましょう。わが家の場合はスプレーするだけでこすらなくていい洗剤1本で、お風呂の中すべてを掃除しています。このアイテムだけ使えば掃除が終わると思えるだけでも、格段に気持ちがラクになりますよ。

そしてプラスのテクニックとして、今まで使っていた洗剤とは別に、月に1度いつもより強力な洗剤を使うようにしています。そうするだけで汚れの予防対策になり結果的に日頃の掃除の手間も少なくなりました。

掃除道具を選ぶときは、今使っているものよりラクに掃除できるか、また、難しい動作が不要で1アクションで使用できるよう収納できるかも大事なポイントなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ラクにする」道具選び&収納方法を模索し続ける

画像:高尾ママ

今の掃除方法がベストとは思わず、いかに掃除と片付けをラクに、ハードルを低くできるのかという気持ちを大切にしてほしいです。その気持ちで道具選びや収納方法を追求し続ければ、大きくリバウンドすることはなくなるでしょう。

2022年は無理せず、効率よく、短時間でラクにきれいなお部屋をキープしてくださいね。(文/高尾ママ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/高尾ママ

#掃除 をまとめてチェック!
#ライフスタイル #ファミリー #インテリア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年上半期の運勢
【整理のプロ直伝】部屋をスッキリ見せるコツ
【福岡県内の絶景】あじさいの名所15選