TOP > ライフスタイル > 電子レンジは不要!? 整理収納のプロに聞いた「意外となくても困らない家電」3選

電子レンジは不要!? 整理収納のプロに聞いた「意外となくても困らない家電」3選

2021.12.13

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、整理収納アドバイザーのNagisaです。単身赴任の夫・男の子2人と3LDKのマンションで暮らしていて、Instagramでは好きなものとシンプルに暮らすアイデアや情報を発信しています。

みなさんのおうちにはどのような家電製品がありますか? 毎日の家事を楽にしてくれるものや、便利な機能がついているものまで、さまざまですよね。

わが家では、今まで当たり前に使ってきたけれど、手放した家電がいくつかあります。今回はその中でも特に「なくても困らない」と感じた3つの家電をご紹介!

電子レンジがない…!? 整理収納のプロに聞いた「実はなくても困らなかった家電」3選

画像:Nagisa

手放したことによるメリット、そしてそれがなくなった場合にどのような方法で今までの家事を補っているのかをお伝えします。あるのが当たり前になっていた家電も、もしかしたら手放すことによって、暮らしがより豊かに、そして楽になるかもしれませんよ。

1:炊飯器

炊飯器はなくても困らない家電

画像:Nagisa

「お鍋でご飯を炊くほうが楽!」と教えていただいたことがきっかけで、手放すことになったのが炊飯器です。お鍋での炊飯は、試してみると本当に手軽で、何よりご飯がおいしい!

きちんとした炊き方もあるようですが、わが家のお鍋では「沸騰したら弱火にして蓋をして10分」「蒸らしは5分以上」が最適でした。ご飯を炊き忘れていたとき、炊飯器よりも早く炊けておいしいので、炊飯器を使った生活に戻ることはできませんでした。

炊飯器はなくても困らない家電

画像:Nagisa

そして、もう一つの魅力が洗い物の手軽さ。炊飯器はご飯を炊くたびに、内蓋や本体など複雑なパーツを洗わないといけないですよね。

でもお鍋で炊くと、洗い物もとってもシンプル。キッチンもスッキリして、わが家では“ご飯はお鍋で炊く”というスタイルが定着しました。

2:電子レンジ

壊れたことをきっかけに、新しいものを購入せず、ない生活を試してみたのが電子レンジでした。

主人が単身赴任でほとんど不在だったこともあり、時間差で食べることが減り、電子レンジがなくても困ることはなかったのです。何より、あの大きな家電がなくなったときの広いキッチンが快適で、新しく電子レンジを購入することを躊躇してしまうほどでした。

電子レンジはなくても困らない家電

画像:Nagisa

困ったら購入しようと思っていた電子レンジですが、結局買わずに1年経過。今のわが家には電子レンジは必要なかったということに気づきました。

食材の温めは?

電子レンジがないと言うと、必ず聞かれるのが食材を温める方法について。わが家では、毎朝お鍋でご飯を炊き、余ったご飯はそのまま鍋ごと冷蔵庫へ。夜食べるときに、お鍋で蒸して温めています。

電子レンジはなくても困らない家電

画像:Nagisa

1日に食べる分だけご飯を炊くので、余ることはあまりなく、冷凍ご飯も作っていません。冷凍ご飯を蒸す時間を考えると、お鍋でご飯を炊いたほうが早いんですよね。

なにより、冷凍せずに冷蔵保存をしていたご飯を蒸したときのおいしさは格別! ふわふわでおいしいので、やめられなくなってしまいました。

お弁当のおかずは?

電子レンジはなくても困らない家電

画像:Nagisa

週に2回、幼稚園のお弁当を作っています。冷凍食品もたくさん購入するわが家ですが、電子レンジで調理するものではなく、「蒸す」「揚げる」「焼く」ことで調理できるものをチョイス!

前日のおかずをお弁当にいれるときは、蒸して温めてから入れています。

3:コーヒーメーカー

コーヒーが大好きでコーヒーメーカーを使っていた時期もありましたが、今は全てハンドドリップに切り替えました。豆を挽くためのブレンダーもコンパクトなものに。この一つのトレイでおいしいコーヒーを淹れることができます。

コーヒーメーカーはなくても困らない家電

画像:Nagisa

コーヒーメーカーがない代わりに必要なのが電気ケトルです。

コーヒーメーカーはなくても困らない家電

画像:Nagisa

電子レンジや炊飯器がない分、朝はコンロがフル稼働なわが家。お湯を沸かすことに関しては電気ケトルを活用しています。

今まで当たり前にキッチンに置いていた家電たち。それを手放すことでマンションの狭いキッチンでも、スッキリ快適に暮らすことができています。そして何より、食べることが大好きな私にとって、おいしいものを食べられるという幸せを得ることもできたのです。

家電製品に関わらず、どんなものでも必要か必要でないかの正解はありません。なぜなら、それは人それぞれの生活スタイルによって違うからです。それぞれのライフスタイルや家族構成によって必要な家電製品もさまざまですが、当たり前を手放すことで新しい発見があったり、暮らしが楽しく、そして楽になったりすることもあります。

私自身も子どもたちの成長とともにまた必要になってくるかもしれませんが、そのときの暮らしにベストなモノを選んでいけたらいいなと思っています。この記事を読んで暮らしのヒントが見つかるとうれしいです。(文/Nagisa)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/Nagisa

#インテリア をまとめてチェック!
#収納 #ライフスタイル
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【脱・着膨れ】垢抜け冬コーデ
【玄関片付け】プロ直伝NG収納
【2022年上半期】ソウルナンバー占い