TOP > ライフスタイル > 子どもも一緒に楽しめる「おせち」アイデアも! 手間をかけない「正月華やか食卓」のコツ

子どもも一緒に楽しめる「おせち」アイデアも! 手間をかけない「正月華やか食卓」のコツ

2021.12.24

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。大戸千絵です。

もうすぐ今年も終わり。お正月がやって来ますね。

お正月といえば、おせちやお雑煮。私は、「少し華やかな食卓にすること」を心掛けています。

そこで今回は、実際に私がやっている盛り付けのコツなどをご紹介します! ぜひ参考にしてください。

1:箸置き、お盆、重箱などにこだわる

まず私がこだわっているのが、箸置き、お盆、重箱を決めることから。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

小さい箸置きだって、意外と“テーブル映え”には欠かせないアイテム。

私が持っているのは、水引デザインで華やかさはありながらも、シンプルで普段から使える5種類セットです。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

そして、お盆は「半月盆」で揃えるようにしています。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

お盆を揃えるだけでも本当に“お正月感”が増します。普段の来客時にも使えるし、持っておいて損はないアイテムです。

それから、重箱もこだわりのひとつ。

実家のものは「THE和風」という感じのものでしたが、わが家の重箱はシンプルだけど少しキラキラした雰囲気のものに。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

自分好みの重箱だと、おせちを作るときにもやる気が増すのでオススメです。

2:彩り野菜を取り入れる!

写真は普通のお弁当箱ですが……、おせちには「ラディッシュ」「クレソン」「紅芯大根」の3つの“彩り野菜”を入れるようにしています。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

おせちのすきま埋めといえば、田作に黒豆……と地味な色合いになってしまいがちですが、“彩り野菜”を盛り付けると、パッと華やかになります。

また、おせちの具材に、にんじん、赤や黄色のパプリカ、栗、ブロッコリー、ミニトマト、枝豆など、「赤・黄・緑」を詰め込むことも意識しています。

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

色だけ意識しておけば、テーブルコーディネートも相まって華やかに見えますよ。

それに、売られているおせちだと子どもが食べられるものが少ない……ということも多いですが、普段から食べる食材で色だけ意識すれば華やかさも出て、子どもも一緒に楽しめるというのがポイントです。

3:小物でお正月感を演出!

おせちだと子どもが食べてくれない……というときは、こんなのもおすすめ! パッと見、ちゃんとしたおせちに見えませんか?

お正月の華やか食卓のコツ

画像:大戸千絵

でも実は、いちごやお肉など子どもが好きなメニューばかり。

重箱に入れて、お正月デザインの爪楊枝を刺しただけです。それでも一気にお正月の雰囲気が出せるので、小物に頼っちゃう!というのもオススメですよ。

手間をかけずとも、ちょっとした技で、食卓を華やかに見せることはできるんです。おせちやお正月料理の盛り付けの参考になればうれしいです!(文/大戸千絵)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/大戸千絵

#グルメ をまとめてチェック!
#おうちご飯 
#ファミリー #ライフスタイル
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること