TOP > ライフスタイル > 子育て中に本当に助かる! 2児のママが手放せない「持ち運びたいダイソーグッズ」3選

子育て中に本当に助かる! 2児のママが手放せない「持ち運びたいダイソーグッズ」3選

2021.09.27

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、節約ブロガーの高尾ママです。Instagramで暮らしやすい仕組みづくりや節約技を発信しています。

子どもが生まれ、衝撃的だったことの一つが「子どもとおでかけするの大変すぎない?」ということ。

近くのショッピングセンターにちょっと行くだけでも、オムツに着替え、水筒……と持っていくものがたくさん。出先で食事も済ませることになりそうな日は、さらに、スタイやぐずり防止のおもちゃなども用意しなければなりません。おでかけ時の荷物の多さにも辟易していましたが、それらを一つひとつ揃えていくだけでもかなり大変でした。

子どもが一人、また一人と増えていくと生活費が増え、さらにものも増えていくため、使用期間が短い育児グッズはできるだけ安く済ませたいですよね。

そこで今回は、100円ショップ『ダイソー』で買える「おでかけ育児グッズ」の中でも、持っていたら便利で役立ったグッズをご紹介します。

1:かさばるオムツや替えの洋服がスッキリ「衣類用圧縮袋」

まずご紹介するのは衣類圧縮袋。私の場合は、“ちょっと近くのスーパーへ”というような近距離ではなく、海やプールなどレジャーに行く際や、旅行や実家へ帰省する際の荷物のボリュームダウンのために使用しています。

特に子どもが乳児の際、オムツを大量に持っていかなければならない場合に活躍しました。

ダイソー「衣類用圧縮袋」

画像:高尾ママ

私が愛用している「ダイソー」の圧縮袋は『衣類用圧縮袋』(110円)です。

出先で飲み物をこぼしたり、公園でどろんこになったりと、何かと着替えが必要な年の子どもたちなので、おむつと合わせてこれくらいの荷物が必要になります。

また、祖父母の家に立ち寄った際、お風呂を済ませて帰宅することも多いので、土日の外出時もこれくらいの荷物に……。

ダイソー「衣類用圧縮袋」

画像:高尾ママ

しかし、このままだと荷物がかさばり邪魔になってしまうので、衣類圧縮袋に入れ、空気を抜いてから外出するようにしています。

手間もかからず、小さくまとめられるので便利! 畳んだ衣類を衣類圧縮袋に入れて掃除機で空気を抜くだけ。

ダイソー「衣類用圧縮袋」

画像:高尾ママ

すると一気に薄くなり、バッグに入れていても邪魔にならずに助かっています。

ダイソー「衣類用圧縮袋」

画像:高尾ママ

また、旅行時は、掃除機で空気を抜くのではなく、手でグルグルと丸めて圧縮するタイプを選ぶと、帰りもコンパクトに圧縮できますよ。

2:離乳食期にあると便利「赤ちゃんカッター&マッシャー」

ダイソー「赤ちゃんカッター&マッシャー」

画像:高尾ママ

普段の離乳食作りだけでなく、外食の際にも役立つ『赤ちゃんカッター&マッシャー』(110円)。

麺をカットしたり、具材を一口サイズにカットできたりするので、子どもが1歳の頃に大活躍したアイテムです。

早く食べたいと騒ぐ子どもたちの麺を箸でチマチマ切るのが大変でしたが、このアイテムを購入してからはササッとカットし、すぐに食べさせることができるので重宝しています!

ダイソー「赤ちゃんカッター&マッシャー」

画像:高尾ママ

持ち運び用にケースも付属。

ダイソー「赤ちゃんカッター&マッシャー」

画像:高尾ママ

『ダイソー』のカッターは切るだけでなく、押しつぶしてマッシュすることも! 離乳食期はこれを使って普段からご飯を押しつぶしたり、レストランでハンバーグなどを注文した際は付け合わせの人参やジャガイモをマッシュしたりしていました。

ダイソー「赤ちゃんカッター&マッシャー」

画像:高尾ママ

ただ、プラスチック製なのでなんでも切れるわけではありません。麺などやわらかいものは簡単にカットできますが、肉や野菜などは切れないので注意! 讃岐うどんなどのコシのあるうどんも少し力が必要です(箸よりは楽に切れます)。

今ではこの赤ちゃんカッターを準備してくれている飲食店もよく見かけるようになりましたが、不思議と子どもがお腹空いて急いでいるときに限って、「このお店にはない……」なんてことが多いので、バッグには常備するようになりました。

ダイソー「赤ちゃんカッター&マッシャー」

画像:高尾ママ

また、子どもの外出グッズをまとめるのにも、『ダイソー』の黒のバッグインバッグを使用しています。バッグインバッグはポケットがたくさんあり、長女用・次女用など用途に合わせて収納できるので、持っておくと便利ですよ。

外食グッズは、たくさんあるうちの1つのポケットにまとめています。

3:出先での暇つぶしにおすすめ「ワークブック」

車の中や電車の中など乗り物で暇を持て余したときや、外食時に順番や食事が運ばれてくるのを待つ際など、ちょっとした時間も楽しめるように『ダイソー』のワークブックを一人一冊持ち歩いています。

ダイソー「しゃしんシールブック たべもの」&「あった? もっと あそぼ!」

画像:高尾ママ

大体月に一冊くらい新しくしているのですが、110円なので気兼ねなく中にいろいろお絵描きしてとことん使い尽くしています。

6歳の長女は最近なぞなぞや間違い探しが好きなので、探して見つける『あった? もっと あそぼ!(画像右)』シリーズ(110円)を購入。2歳の次女はシール遊びがブームなので『しゃしんシールブック たべもの(画像左)』(110円)を持ち歩いています。

この『しゃしんシールブック』はリアルな実物がシールになっているのがおもしろく、110円とは思えないシールの量でコスパがいいため、親としてもありがたいです。

ダイソー「しゃしんシールブック たべもの」&「あった? もっと あそぼ!」

画像:高尾ママ

これらのワークブックもバッグインバッグに入れています。

その時々の子どもたちの興味に合わせて選ぶことができるラインアップの多さとコスパのよさ、コンパクトで持ち運びやすい点が本当にありがたいです。

今回は私が愛用している、子どもと外出する際のおすすめグッズをご紹介しました! 気になる商品があったら、ぜひお近くの『ダイソー』で探してみてくださいね。(文/高尾ママ)
※商品は取材時の販売価格(税込)です。※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また価格変更や販売終了などになることもあります。※一部店舗では取り扱いがない場合があります。

【参考・画像】
※文・画像/高尾ママ
※DAISO

#100均 をまとめてチェック!
#収納 #ファミリー #ライフスタイル
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容家直伝】アイラインのNG引き方
【こんまり流】メイク用品の片づけ方
【おでかけ】福岡イルミネーション