TOP > ライフスタイル > 伊藤舞アナウンサーが教える!野菜嫌いな子どもも食べられるドライカレーレシピ

伊藤舞アナウンサーが教える!野菜嫌いな子どもも食べられるドライカレーレシピ

2020.05.16

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

今回は、5月16日(土)放送のFBS福岡放送『めんたい✕家族』で作ったわが家の“おうちカレー”のレシピを、ARNEでも紹介させていただきます。

 

苦手な野菜もパクパク!子どもが喜ぶドライカレー

ピーマンが苦手なうちの娘が、唯一ピーマンを食べてくれるメニューが、『ドライカレー』です。

子どもが喜ぶドライカレー

画像:伊藤舞

材料は、ひき肉と基本的には冷蔵庫にあるお野菜。わが家はピーマンを入れますが、セロリでもOK。冷蔵庫にちょっと残っているキノコ類を入れてもよさそうです。

子どもが喜ぶドライカレー

画像:伊藤舞

【材料】(3人分)

合いびき肉・・・200g
玉ねぎ・・・1個
にんじん(小)・・・1本
ピーマン・・・1個
すりおろしニンニク・・・少々
油・・・少々
カレー粉・・・大さじ1
ケチャップ・・・大さじ4
ウスターソース・・・大さじ1
顆粒コンソメ・・・小さじ1
水・・・1/2カップ

〈作り方〉

(1)野菜をすべてみじん切りに。調理時間短縮のため、玉ねぎはレンジ600Wで2分ほど加熱。

(2)熱したフライパンに油をしき、すりおろしニンニクを入れて香りを出す(チューブタイプでOK)。

(3)玉ねぎを炒め、焦がさないように気を付けながら色づいてきたら、にんじん・ピーマンなどの野菜を1種類ずつ追加し、しんなりするまで炒める。

(4)フライパンの中心にスペースを作り、合い挽き肉を入れる。はじめは混ぜすぎず、こんがり焼き色がついてからひっくり返し、裏面にも焼き色を付ける。その後野菜と混ぜるように炒める。

(5)お肉と野菜がなじんだら、カレー粉を加えて炒めて香りを出す。

(6)ケチャップ・ウスターソースを加える。

(7)顆粒コンソメ・水を加えて水分が飛ぶまで火にかける。

子どもが喜ぶドライカレー

画像:伊藤舞

基本的には、野菜をみじん切りして、お肉と炒めるだけの簡単レシピ。煮込む必要も無いので、短時間でできます。

子どもに合わせて辛さ控えめ、甘めの味付けですので、辛さはカレー粉の量で、甘みはケチャップの量でお好みの味に調整してください。

 

子どもが喜ぶデコレーションにも挑戦!

おうち時間が長くなり時間に少しゆとりのある今なので、デコレーションにも挑戦しました。

もともとキャラ弁も作れないような不器用なタイプですので、出来る範囲で(笑)。

子どもが喜ぶドライカレー

画像:伊藤舞

ごはんはお茶碗サイズの器に敷き詰め、真ん中に穴を開けてドーナツ状にして、平らなお皿に盛りつけ。中央にカレーを入れます。

耳はゆで卵。目はのり・ほっぺはハムです。お皿に飾った星はハムとチーズ。型抜きはこどもにお手伝いしてもらうのもオススメです。

一応、くまさんです。

 

子どもが喜ぶドライカレー

画像:伊藤舞

大人はざっくり盛り付けで。ゆで卵とパセリで彩りを加えるとそれなりに見えます。

 

ドライカレーは具材にジャガイモが入らないので、私は多めに作って冷凍することも。

時間がないときに温めるだけで簡単に食べられますし、おかずをもう一品……という時は、ゆでたジャガイモの上にチーズと一緒にのせてチンするだけで簡単ポテトカレーグラタンに。

毎日続くごはん作り、少しでも参考になればうれしいです。(文/伊藤舞)

【参考・画像】

※伊藤舞

FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

<こんな記事も読まれています>

<日用品・掃除道具の収納術>Before→Afterで収納量が格段にアップ!

人気DIYクリエイターゆぴのこ伝授!「お部屋の雰囲気を簡単に変えられる」ポイント5つ