TOP > ライフスタイル > アウトドアで大活躍!“持ち運びラクラク”省スペースで収納できる「折りたたみテーブル」をDIY

アウトドアで大活躍!“持ち運びラクラク”省スペースで収納できる「折りたたみテーブル」をDIY

2021.06.24

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、DIYクリエイターのゆぴのこです。

これからの季節、キャンプやバーベキューなどアウトドアを楽しまれる方も多いと思います。

そこで今回は、アウトドアで使える「折りたたみテーブル」の作り方をご紹介します。

女性でもサッと持ち運べて、パッと使えて、使わないときは省スペースで収納OK。しかも使う木材は1種類のみです!

まずは材料をチェック!

折りたたみテーブルの材料

画像:yupinoko

【材料】
・杉材A(厚さ15×幅45×長さ370mm)・・・8枚
・杉材B(厚さ15×幅45×長さ400mm)・・・4枚
・杉材C(厚さ15×幅45×長さ423mm)・・・4枚
・杉材D(厚さ15×幅45×長さ450mm)・・・16枚
※「厚さ15×幅45mm、長さ2mを7本、1mを1本(計15m)」を準備し、A~Dの長さ(計約13.5m分)にカットしました!
・六角ボルト(M8×50)・・・4個
・ナット(M8)・・・4個
・ワッシャー(M8)・・・4個
・丁番・・・2個
・パッチン・・・1個
・麻縄(直径8mm)・・・適量
・ビス(30mm)・・・32本
・ミニビス(32mm)・・・32本

「折りたたみテーブル」の作り方

折りたたみテーブル完成品

画像:yupinoko

(1)まずは脚作り。杉材Aを縦向きに2本置き、その間に横向きに杉材Aを2本置いて挟んで、ビス30mmで2か所ずつ固定する。

折り畳みテーブルの脚を作る

画像:yupinoko

今回は端から70mmのところに固定しましたが、お好みの間隔でOKです!

(2)同じように脚をもう一つ作成する。

折り畳みテーブルの脚を2つ作る

画像:yupinoko

(3)続いて枠作り。杉材B(2枚)の両端から115mmの場所の中央の位置に、9mmドリルで穴をあける。

折り畳みテーブルの枠を作る。まずは板にドリルで穴をあける

画像:yupinoko

これは、最後に取っ手用の紐を通す穴です。

(4)杉材Bを縦に2枚置き((3)で穴をあけたもの1枚と、あけていないもの1枚)、杉材Cを横向きに挟んで四角い枠を作り、接地面をビス30mmで2か所ずつ固定する。

板を4か所固定して、折り畳みテーブルの枠を作る

画像:yupinoko

(5)同じものをもう一つ作成する。

枠は2つ作成

画像:yupinoko

(6)枠の中に脚を収め、取っ手の穴をあけていない側に4mmの隙間を作る。厚さ4mmの合板の端材を挟むと◎!

枠の中に脚を収め、取っ手の穴をあけていない側に4㎜の隙間を作る

画像:yupinoko

(7)脚と枠を合わせた状態でしっかりと固定し、取っ手の穴をあけた側の端から47.5mm、上下から22.5mmの位置に、8mmドリルで枠側から穴をあける。もう1つも同様に。

脚と枠を合わせた状態でしっかりと固定し、取っ手の穴をあけた側に、ドリルで穴をあける

画像:yupinoko

最後まで貫通させるとバリっとなるので、ドリルの先端が脚側に見えたら今度は脚側からあけてください。

(8)脚を枠から取り出して角をカットし、丸みを出す。※この工程は省略してもOKです!

脚の角をカットし丸みを出す

画像:yupinoko

(9)塗装をする場合はすべての木材にサンドペーパーをかけ、好きな塗料でペイントする。

(10)脚と枠を再度合わせ、(7)であけた穴に枠側から六角ボルトとワッシャーを通し、脚側からワッシャーを通してナットで固定する。

レンチで締める必要はなく、手の力で締められるところまででOKです。

(11)(10)で固定した方を外側にして2つを合わせ、丁番で2か所連結させる。

脚と枠を再度合わせ、枠側から六角ボルトとワッシャーを通し、脚側からワッシャーを通してナットで固定する

画像:yupinoko

(12)ひっくり返して、端から9mmの隙間をあけながら杉材D(16枚)をミニビス32mmで上下1か所ずつ固定していく。

※杉材Dが本体より20mm長いので、枠から上下10mmずつ飛び出させてください。

テーブル面の板をミニビスで固定していく

画像:yupinoko

面がきれいに揃うように、最初に端を固定し、上の写真のように長い板などを飛び出した部分に合わせ、厚さ9mmの板をスペーサー(物と物の間に一定の間隔を空けるための器具)として使うと楽ちんです!

(13)(3)で空けた9mmの穴に麻縄を通して内側で玉結びする。

穴に麻縄を通して内側で玉結びする

画像:yupinoko

(14)テーブルを折りたたんだ状態で、紐を結んだ部分の真ん中に、パッチンを付属のビスで固定する。

結んだ部分の真ん中にパッチンを付属のビスで固定する

画像:yupinoko

完成です!

折りたたみテーブル完成品

画像:yupinoko

折りたたみテーブル完成品

画像:yupinoko

今回使った木材は、15×45mmの杉材のみ! しかも、建築材の安い木材を使ったので、かなりコストも抑えられました!

ザッラザラなので磨く手間はあれど、安さには敵わない。屋外使用だと、なおさら良い木はもったいないですしね。

折りたたみテーブル完成品

画像:yupinoko

バーベキューにキャンプに、持ち運びも楽ちん〜!

折りたたみテーブルは、持ち運びもラクチン

画像:yupinoko

パッと使えて、使わないときは省スペースに収納できます。

折りたたみテーブル完成品使用イメージ

画像:yupinoko

これは作って損なしです!

折りたたみテーブル完成品使用イメージ

画像:yupinoko

キャンプやバーベキューをしない方でも、運動会やお花見など幅広く使えます♪

折りたたみテーブル完成品使用イメージ

画像:yupinoko

アウトドアでたくさん使う方は、用途に応じた塗料を塗るのがおすすめ! また、定期的に防腐剤や屋外用ニスを塗ってあげると木が長持ちします。ぜひ作ってみてください。(文/yupinoko)

【参考・画像】
※文・画像/yupinoko

#DIY をまとめてチェック!
#インテリア #ライフスタイル
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】長期間楽しめるヘアカラー
【ダイソー】2児のママが手放せない便利グッズ
【無印良品】エイジングケアクリーム使用レポ