TOP > ライフスタイル > 地味な手間が減った!「名前のない家事」の負担を減らしてくれた優れもの3選

地味な手間が減った!「名前のない家事」の負担を減らしてくれた優れもの3選

2021.06.21

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、節約ブロガーの高尾ママです。Instagramで暮らしやすい仕組みづくりや節約技を発信しています。

私も皆さんと同じように、日々家事に仕事に子育てに……と時間に追われる日々。「家事」といっても、料理や洗濯、お皿洗いのような、名前のつく家事だけではないですよね。トイレットペーパーの芯を変える、ハンガーから洗濯物を外す……などの“名前のない家事”、考えてみるとたくさんあるんです。

今回ご紹介するのは、そんな“名前のない家事”の手間を減らし、「めんどくさい」を少し楽にしてくれたアイテム。毎日のプチストレスが解消されるかもしれませんよ。

1:取り替える手間を減らす「3倍巻きロールのトイレットペーパー」

取り替える手間を減らす「3倍巻きロールのトイレットペーパー」

画像:高尾ママ

本当にちょっとしたことではあるのですが、私はトイレットペーパーを交換する作業があまり好きではありません。

子どもたちはまだ取り替えるのが難しく、なくなるたびにトイレから「ママー! なくなったー!」と呼び出しがあります。夫は交換してくれますが、なぜかトイレットペーパーの芯だけポツンとトイレ内に置いたまま。

小さなことですが、トイレットペーパーの交換や芯の片付けなどの名前のない家事は、毎日のことなので塵が積って山となり、大きなストレスに。そこで「少しでも家事負担が減れば」という思いから、“3倍巻きロール”のトイレットペーパーを使用することにしました。

取り替える手間を減らす「3倍巻きロールのトイレットペーパー」

画像:高尾ママ

1ロールで3ロール分の長さ。一度設置するとたっぷり使えて取り替えの手間が減り、数もいらないので収納がコンパクトに。

さらに、ペーパーホルダーを1つ用から2つ用に変えたことも影響して、以前は週に2回はあった取り替え作業が、今では2週間に1回程度に減りました。そして買い出しの際、自転車で持ち帰るのが大変でしたが、買い出しの頻度が減り助かっています。

3倍巻きトイレットペーパーを使ったことがない人は、とっても大きいのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。ギュッときつく巻かれているので、通常よりも1~2センチ厚みが出て少し重く感じる程度。家庭に設置されているペーパーホルダーには何の工夫もなく設置できますよ。

ちなみにわが家では、以前からシングルタイプのものを使っており、3倍巻きも同様にシングルですが、薄さも使用感も通常巻きのものと変わりはありません。

2:洗濯物を一気に取り込める「外しやすいピンチハンガー」

さまざまなメーカーから販売されている、洗濯物を一気に取り込めるピンチハンガー。

洗濯物を一気に取り込める「外しやすいピンチハンガー」

画像:高尾ママ

乾燥機にかけられるものは機械に頼っていますが、どうしてもシワになるモノなどは干さないといけません。干したとき、手間になるのが取り込み作業ですよね。

「少しでも時短になれば……!」と思い購入したのがこのピンチハンガーでした。下向きに少し力を加えて引っ張るだけで、一気に洗濯物が取り込めるんです。今は、少ない力で楽にクリップが外れるハンガーが多く発売されているので、参考にしてくださいね。

洗濯物を一気に取り込める「外しやすいピンチハンガー」

画像:高尾ママ

子どもでも引っ張ればOKなので、私が別の家事をしている間、ゲーム感覚で「どっちが早いかな~」と子どもたちに遊びながら洗濯物を取り込んでもらっています。

大きなことではないですが、ちょっとした時短になり、さらに子どもたちも「お手伝いした!」と達成感を持てるように。いつもバタバタし、じっくりお手伝いをさせてあげられない状況で、目を離してもお願いできるので助かっています。

3:ストレス解消!洗濯機に入れるだけで靴が洗える「ネット」

「毎週どうしてこんなに汚れるの……」というくらい、幼稚園と小学校から汚して帰ってくる上靴。

付け置きするだけの商品や、ミニ洗濯機などいろいろと商品がありますが、私はネットに入れて洗濯機で回すだけにしています。

ストレス解消!洗濯機に入れるだけで靴が洗える「ネット」

画像:高尾ママ

上履きを洗濯機で洗えるネットは、ホームセンターなどにさまざまなメーカーの商品があり、100円ショップでも販売しています。私は姉妹分の靴がまとめて入るように大きめのネットを使用。

ストレス解消!洗濯機に入れるだけで靴が洗える「ネット」

画像:高尾ママ

毎週のことなので持ち帰ってきたら子どもたち自身でネットに入れてもらい、あとは私が洗濯機のスイッチを押すだけの流れに。ネットに入れるだけで、ほかに作業は必要ないのでとっても楽ちんです。

それぞれ1つ1つの家事は数分の時短でしかないかもしれません。しかし毎日、毎週、毎月のことと考えると、共働きで周りに頼れる人がいない自分のような母親にとっては、数分でも負担を減らすのはストレス少なく育児するために必要なこと。

自分が楽になる“ストレスの少ない方法”を探しながら家事のモチベーションを保てるよう、ぜひ一度、暮らしの日用品の見直しをしてみてはいかがでしょうか。今は100円ショップやホームセンターなどでも時短グッズやアイデア商品が豊富に揃っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。(文/高尾ママ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/高尾ママ

#ライフスタイル をまとめてチェック!
#収納 #インテリア #おうち時間
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】長期間楽しめるヘアカラー
【ダイソー】2児のママが手放せない便利グッズ
【無印良品】エイジングケアクリーム使用レポ