TOP > ライフスタイル > イライラしがちなおうち時間を快適に!リラックスするために取り入れた“ちょっとの工夫”3つ

イライラしがちなおうち時間を快適に!リラックスするために取り入れた“ちょっとの工夫”3つ

2021.06.29

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。大戸千絵です。

コロナの影響で、まだまだおうち時間が長く続きそうですね。

子育てもなかなか実家に頼れなくなり、旅行や外食・飲み会でリフレッシュもできない……。

私も家での時間が増え、梅雨で子どもを公園にさえ連れ出せず……。子どもがこぼしたご飯やおやつ、ひっぱり出されたおもちゃを眺めながら、「あと何回拭けばいいのか……」とイライラすることも増えました(笑)。

共感してくれる方もきっと多いはず! そこで今回は、家で過ごす時間をより心地良くするために、私が実践している“ちょっとの工夫”を紹介します。

部屋に「観葉植物」を取り入れる

枯れにくい多肉植物や、小さめで移動や手入れが簡単なものは、これまでも部屋に置いていましたが、夫の職業柄、引越しも多いので、思い切ったサイズのものはあまり購入していませんでした。

しかし、引越しすることを前提に過ごしていると、「この部屋どうでも良いや」とか「とにかく全てをしまっておくこと」ばかりに一生懸命になってしまう。そして、それが一番「片付ける意欲を減らしている」ことに気がつきました。

そこで、インテリアのアクセントになり、存在感のある観葉植物を部屋に増やすことに!

移動時にも持ち運びやすいよう、なるべく背丈が100cm前後のものをセレクトし、リビング、寝室、玄関など、毎日目に入る場所に設置しています。

大人気の観葉植物『モンステラ』は、リビングに。

部屋に設置したモンステラ

画像:大戸千絵

玄関には『サンセベリア』や、もともとあったかわいいサイズの植物たちを並べました。

サンセベリアほか玄関の観葉植物

画像:大戸千絵

寝室には『オーガスタ』。大きな葉のパワーを感じるので、これをチョイスしました。

寝室に環境植物「オーガスタ」を設置

画像:大戸千絵

気を付けているポイントは、「プラスチックの鉢は見えないようにする」こと。必ず、陶器や竹など自然素材を使った鉢カバーに入れています。

それぞれの場所に向き不向きの植物があるのと、手入れが難しいものだと枯らしてしまいそうなので、水やりの頻度が少なめのものをチョイス。

緑を置いただけですが、家の中がリラックスできる心地良い空間に変わりました。

お気に入りの写真・絵画は“いつも見える位置”に飾る

心が豊かになる、見るだけでごきげんに過ごせる! そんな、とにかくお気に入りのものが常に見えるよう、部屋の壁に飾りました。

私は海が好きなので、お気に入りの写真家「Atsushi Sugimoto」さんの写真を。この方の写真はなぜか、目が離せなくて穏やかな気持ちになります。

Atsushi Sugimotoさんの写真

画像:大戸千絵

ここに行きたい、この景色を見たい、と思える写真なんです。

1番のお気に入りは玄関に。ウミガメと、海と、山。思わず「ただいま」と話しかけてしまいます。

Atsushi Sugimotoさんの写真

画像:大戸千絵

メタルグラスにプリントすることもできるそうなので、これ!というものが決まったらメタルグラスにする予定です。

写真や絵画など、自分が「好きだなぁ~」と思うものを、ぜひ飾ってみてください。

何よりも「部屋着」にこだわる

ちょっと華やかな日のドレスや、お友達と会うときの洋服は張り切って良いものを着ていきますよね? 私もそうです。

でも、特に最近は「おうちにいる時間の方がはるかに長い……」と気づいたんです。

家にいる時間=部屋着時間。この長い時間こそ、肌に良いものを着てウキウキで過ごしたい!

元から部屋着にもちゃんとこだわっている方もいると思いますが、私は違いました。

いつもは適当なTシャツに短パン。かろうじて、寝るときにプレゼントでもらったパジャマに着替えるくらいでした。

しかしそれだと、汗を吸ってくれない素材だったり、宅配便が来たときに、めちゃくちゃ恥ずかしい格好だと気がついたりすることも多くて……。

そこで、部屋着にこだわってみると、おうち時間もちょっとウキウキできるようになりました!

こだわりの部屋着

画像:大戸千絵

ちなみに私が選んだのは、『UCHINO(ウチノ)』の「クレープガーゼ 」シリーズのもの。

「UCHINO」クレープガーゼ レディスドルマンTシャツ

画像:大戸千絵

肌触りが気持ち良くて汗も吸うし、本当に心地良い! 前に出産祝いでもらった『UCHINO』のタオルが良かったので、部屋着を探しにデパートに行き、実際に肌触りを確かめてから決めた一着です。

部屋着もさまざまな種類があるので、好みのものを見つけてみてくださいね!

部屋で過ごす時間が心地良くなって、幸せホルモンが増えている気がしています……♡

ストレスフルな日常から自分を守るためにも、皆さんもぜひ試してみてくださいね。(文/大戸千絵)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/大戸千絵

#ライフスタイル をまとめてチェック!
#インテリア #おうち時間 #ファミリー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【美容師おすすめ】長期間楽しめるヘアカラー
【ダイソー】2児のママが手放せない便利グッズ
【無印良品】エイジングケアクリーム使用レポ