TOP > グルメ > “とんかつの概念を覆した名店”ついに福岡上陸!話題の行列店「つかんと」
カツ丼肉アップ ヒレ つかんとフクオカ

“とんかつの概念を覆した名店”ついに福岡上陸!話題の行列店「つかんと」

2021.01.02

【ARNE編集部よりお願い】
年末年始の休業日・営業時間等の情報は、各店舗・施設のHP・SNS等でご確認をお願いします。

3度の飯と飯! 福岡のごはん大好き! おいしいものを求めて福岡市内から北九州方面までグルメ巡りをしている、まるログです!

今回は、福岡市中央区警固にオープンした、話題のとんかつ屋さん『つかんと フクオカ』をご紹介します!

“とんかつの概念を覆した”といわれている名店の味が福岡に!「つかんと フクオカ」(福岡市中央区警固)

薬院大通駅から徒歩約6分の場所にある『つかんと フクオカ』。

“とんかつの概念を覆した”といわれる東京・虎ノ門横丁『つかんと』オーナー・大橋直誉さんと、福岡の名店『焼きとり八兵衛』社長によって、2020年12月5日(土)福岡にオープン!

つかんと(外観) 

画像:まるログ

まだオープンしたばかりですが、すでに人気店になっている様子で店内はお客さんで賑わっていました。

「つかんと フクオカ」のランチメニューは3種類

ランチメニューの定食は、『ロースカツ定食』『ヒレカツ定食』『カツ丼定食(ロース/ヒレ)』の3種類。

つかんと(メニュー) つかんとフクオカ

画像:まるログ

カツ丼はロースかヒレを選ぶことができます!

※これから、ランチメニューを増やしていきたいとのお話が出ていたので増える可能性も大です!

今回は『ロースカツ定食』(1,280円)と『カツ丼定食(ヒレ)』(1,480円)を注文しました!

卓上にある調味料にもこだわりがぎっしり!

『つかんと フクオカ』では、使用される卓上の調味料にもこだわりがたっぷり。左から、醤油、塩、オリーブオイル、ソースです。

卓上調味料 つかんとフクオカ

画像:まるログ

【醤油】福岡県糸島の『ミツル醤油醸造元』の、ほんのり甘みのある醤油。

【塩】日本古来の製法で海藻と煮て作る『瀬戸内の藻塩』。

【オリーブオイル】オリーブの実を搾っただけのオイルで実に含まれる天然成分が良い香りや味わいとなってでてくるエキストラバージンオリーブオイルを使用。

……と、それだけでもおいしいような調味料が揃っています。

お店がオススメしているとんかつの食べ方は、

(1)オリーブオイルと藻塩

(2)糸島産ミツル醤油

をつけて味わうこと!

びっくり!ニュースタイルの「カツ丼定食(ヒレ)」

こちらが『カツ丼定食(ヒレ)』(1,480円)です。

カツ丼(アップ) つかんとフクオカ

画像:まるログ

あれ!? なんか想像してたカツ丼と違う!

そうなんです! 『つかんと フクオカ』のカツ丼は、カツを“卵でとじない”スタイル。

こんな感じで、ご飯に出汁と具材を混ぜて煮たあとに揚げたてのカツをのせているんです!

カツ丼(ご飯) つかんとフクオカ

画像:まるログ

ご飯がリゾットみたいになっている、ニュースタイルのカツ丼。

出汁の濃さも、カツの邪魔をしないけれども出汁のおいしさも感じられる、という絶妙な味加減でお互いを引き立てています!

低温調理のあとサッと揚げられたお肉は、レア感のある美しいピンク色。外はサクサク、中はジューシーな味わいでおいしい!

カツ丼肉アップ ヒレ つかんとフクオカ

画像:まるログ

カツ丼のカツもオリーブオイルで楽しんじゃいましょう!

ヒレ(オリーブ) つかんとフクオカ

画像:まるログ

お店の方がオリーブオイルを推していたので、オリーブオイルでいただきました。

初めての味わい! オリーブの良い香りと味わいがさらに、カツの味に深みを持たせてくれて、この組み合わせは新鮮で感動的でした!

お肉の旨みがギュッと詰まっている「ロースカツ定食」

とんかつの定食には、コールスローとお味噌汁がセットになっています。

コールスローは酸味が効いていてさっぱりとした味わいになっているので、脂物のお口直しにぴったりな味わいで、脇役ながらも単品でもお箸が進むおいしさ!

卓上に置いてある調味料4種類をいろいろ試してみようかな、ということで、あれこれ味わってみることに。

ロースかつ定食 つかんとフクオカ

画像:まるログ

まずは、そのままの味を堪能。

こちらも低温調理のあとサクッと揚げたカツ。お肉の旨味がぎゅっと詰まっています!

ロースかつ(アップ) つかんとフクオカ

画像:まるログ

次は、「醤油と藻塩」を組み合わせていただきます。

ロースかつ(醤油・塩) つかんとフクオカ

画像:まるログ

これは……! 今まで味わってきた醤油の中でダントツで好きな味かもしれません!

濃過ぎない、ちょうど良い味わいで、最後にほんのり甘味を感じる醤油。

そこに、藻塩がアクセントになっていて、さらに肉の味わいを引き立ててくれます!

次は、とんかつの定番「ソース」で。

ロースかつ(ソース) つかんとフクオカ

画像:まるログ

ソースのほどよい酸味がお肉の旨味を引き立ててくれる! 間違いないですね。

最後は、「オリーブオイル」で。

ロースかつ(オリーブ) つかんとフクオカ

画像:まるログ

油物に油って合うの?と思うかもしれませんが、これがまた合うんです! さっぱりとしたオリーブオイルなのでくどくなく、オリーブの香りが鼻を抜けていく感覚が癖になります!

夜のメニューでぜひ食べたい「ソーセージカツ」

『焼きとりの八兵衛』社長の八島且典さんのご好意で、通常はランチでは提供していないという『ソーセージカツ』をいただくことに。ありがたいです!

ソーセージカツ つかんとフクオカ

画像:まるログ

こちらで、使用しているソーセージカツは広島の『ドットコミュ』が作っている添加物不使用のもの。

お肉の旨味がぎゅっと凝縮されてあり、そのままでも十分に楽しめる味ですが、粒マスタードを付けて食べるとマスタードの香りとツンとした風味が鼻を抜けてさらに◎でした!

「つかんと フクオカ」のこだわり

『つかんと フクオカ』を立ち上げたうちのお一人、八島さんは、隣にある『焼きとりの八兵衛』のオーナー。

福岡でも人気のある『焼きとりの八兵衛』は、福岡だけでなく、東京の六本木やハワイにも店舗を構えている人気店です。

そんな、八島さんから『つかんと フクオカ』のこだわりをお聞きしました。

近年健康ブームから添加物不使用にこだわる人が増えてきたということもあって、『つかんと フクオカ』でも食品添加物を使わないことにこだわっています。

つかんとフクオカ オレンジワイン

画像:まるログ

お店には、お酒も置いてあるのですが、『オレンジワイン』(グラス780円~、ボトル1,400円~)と『漬けレモンサワー(芋、麦、米)』(780円)の2つを推していて、この2つも食品添加物不使用で作られています。

素材そのものの味を活かした料理をどう提供するか、食を健康に繋げつつも楽しめるように工夫されているのがよく分かります!

社長の八島さんも、お店で働く店員さんも、とても気さくな方ばかり。笑顔が多く、お店の雰囲気もとても良くて、さらに料理がおいしく感じられる、そんなお店でした!

「今日はとんかつが食べたい気分!」というときには、『つかんと フクオカ』をぜひ訪ねてみてはいかがでしょうか?(文/まるログ)

<店舗情報>
つかんと
フクオカ
住所:福岡市中央区警固1丁目4-27 KEGOエイトビル102
詳細はつかんと フクオカ
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/まるログ

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#福岡周辺 #ランチ #ニューオープン
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから