TOP > グルメ > 深夜24時までスイーツが楽しめる!映え写真が撮れる“魔法のカウンター” があるカフェ「cafe SIRIUS」(北九州市小倉北区)
SIRIUS(シリウス) いちごのティラミス

深夜24時までスイーツが楽しめる!映え写真が撮れる“魔法のカウンター” があるカフェ「cafe SIRIUS」(北九州市小倉北区)

2021.01.04

【ARNE編集部よりお願い】
年末年始の休業日・営業時間等の情報は、各店舗・施設のHP・SNS等でご確認をお願いします。

こんにちは! 10年間で延べ800店以上のカフェを訪れている、カフェ好きライターのayu.latteです。

北九州市小倉北区に、昼も夜もおいしいドリンクとスイーツをいただける『cafe SIRIUS(カフェシリウス)』というカフェがありますのでご紹介します。

「夜にスイーツ食べたいなぁ……」とふと思っても、意外と開いているお店がなかったりしませんか? 『cafe SIRIUS』は、夜も24時まで開いているので、そんなときにもおすすめですよ♪

知らないと通り過ぎてしまうかも!? 「cafe SIRIUS(カフェシリウス)」(北九州市小倉北区)

お店は道路沿いのビルの1階ですが、奥の方に『SIRIUS(シリウス)』があるので、初めて行く方は迷っちゃうかも? こちらの看板を目印にしてくださいね。

SIRIUS(シリウス) 看板

画像:ayu.latte

1歩中に入ると……

SIRIUS(シリウス) ブルーの店内

画像:ayu.latte

ブルーの空間に背筋がピン!と伸びる感じがします。

オーナーは、スラリとした物腰の柔らかな男性。スマートなおもてなしの始まりです!

カウンターには海の画像が流れるモニターが置かれています。これは「世界のどこかに繋がれる窓」として作られた“atomophwindow”というもの。まるで海辺にいるかのような気分に!

SIRIUS(シリウス) モニター

画像:ayu.latte

背景として活用すれば、ドリンクやスイーツの写真がさらにかっこよく撮れちゃいます♡

店内には、4人掛けのテーブル席が1卓ありますので、人数や気分によって選ぶことができますが、私のオススメは断然カウンター席です!

SIRIUS(シリウス) テーブル席

画像:ayu.latte

カウンター席がオススメなワケとは!?

最近、提供が始まった『ブリュレラテ』(昼のみの提供、税込700円)。

SIRIUS(シリウス) ブリュレラテ

画像:ayu.latte

キレイな2層になったこちらのラテ、これで完成かと思いきや……なんと目の前でショーが始まります!

SIRIUS(シリウス) ブリュレラテ 焦がすところ

画像:ayu.latte

バーナーで表面を焦がしていく様子を眺められるのはカウンターならではの演出!

こちらのお店はこういった「作る工程」が見られるカフェなのです。

こちらが完成したブリュレラテ。飲み進めると表面の焦げた部分がカリッとして楽しいドリンクです。

SIRIUS(シリウス) ブリュレラテ完成形

画像:ayu.latte

今後バリエーションも増やすかも……?とのこと! 楽しみですね。『ブリュレラテ』は冬季限定ですのでお早めに。

こちらは『アイスカフェラテ』(昼600円、夜800円、どちらも税込)。

SIRIUS(シリウス) アイスカフェラテ

画像:ayu.latte

背の高い、まるでカクテルを飲むようなグラスに氷とミルクを注いだあと、エスプレッソを注ぎます。

こちらは『カフェラテ』(昼550円、夜800円、どちらも税込)。

SIRIUS(シリウス) カフェラテ

画像:ayu.latte

今からの季節は温かい飲み物が恋しくなりますよね。オーナーのラテアートにほっこりです。

こちらはエスプレッソに竹炭パウダーの入っている『コクラテ』(昼のみの提供、税込600円)。

SIRIUS(シリウス) コクラテ

画像:ayu.latte

普通のカフェラテよりコクがあっておいしいんです! 見た目にも「黒×白」のコントラストが美しい一杯です。

こちらは『アポロラテ』(昼のみの提供、税込650円)。

SIRIUS(シリウス) アポロラテ

画像:ayu.latte

グラスの内側にストロベリーソースをまとい、その中にミルク、エスプレッソを注ぎます。仕上げにミルクフォームを流し込み、ドライいちごをトッピングすれば完成! 見た目も味も女子にはたまらないドリンクです♡

夏季にはクリームソーダも!

冬季は販売されていませんが、夏季にはとっても美しいクリームソーダを飲むこともできます!

こちらは『白雪姫のクリームソーダ』。

SIRIUS(シリウス) 白雪姫のクリームソーダ

画像:ayu.latte

バタフライピーティーとヨーグルト風味のドリンクの上にアイスクリーム。さわやかな酸味でスッキリとしたクリームソーダです。

こちらは過去に販売されていたクリームソーダ。

SIRIUS(シリウス) クリームソーダ

画像:ayu.latte

オーナーはとにかく創作意欲の塊のような方で、なんでもイチから作ってしまうこだわりの方なのです。

★こちらの記事もおすすめ★
北九州で見つけたおしゃれな穴場カフェ4選

スイーツもイチから手作り!

ちなみに、デザートはワインやコーヒーとのペアリングのために作っていらっしゃるので、スイーツだけの単品のオーダーはできません。

こちらは2020年春頃に出されていた『いちごのティラミス』とアポロラテを並べたときのもの。

SIRIUS(シリウス) いちごのティラミス

画像:ayu.latte

エスプレッソを染み込ませたクッキーの上に生のいちご、チーズクリームをのせたティラミスは、目の前でイチから手作り! その作っていく工程も見ることができました。次の春にもまた巡り会えるといいのですが……♡

SIRIUS(シリウス) いちごのティラミス

画像:ayu.latte

こちらは『抹茶テリーヌ』(昼夜どちらも税込600円)。濃厚な抹茶が味わい深くてとってもおいしい! こちらももちろん手作りです。

SIRIUS(シリウス) 抹茶テリーヌ

画像:ayu.latte

定番メニューの『テリーヌショコラ』(昼夜どちらも税込500円)。仕上げにカカオニブがかかったこちらも、もちろん手作り!

SIRIUS(シリウス) テリーヌショコラ

画像:ayu.latte

私はまだ遭遇したことのないチーズケーキですが、自家製のクリームチーズを使用されているそう。いつか食べてみたいです♡

こちらのお店のカウンターには、上に照明がいくつも設置してあります。一人一人の席に照明が当たるので、フラッシュがなくてもスイーツを美しく撮影できちゃうんです! そして明るく美しいスイーツやドリンクを眺めながら堪能できる、魔法のカウンターなのです。

席数は少ないですが、ぜひ小倉を訪れた際には立ち寄っていただきたいカフェ。昼と夜とではお値段やメニューが少し変わりますのでどちらも楽しんでみてください♡(文/ayu.latte)

<店舗情報>
cafe SIRIUS(カフェシリウス)
住所:北九州市小倉北区船場町3-9
詳細はcafe SIRIUS
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#福岡のカフェ をまとめてチェック!
#北九州周辺 #ドリンク #グルメ  #スイーツ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから