TOP > グルメ > 火を使わずにできる!“切って混ぜるだけ”秋の味覚を楽しむ簡単おつまみレシピ

火を使わずにできる!“切って混ぜるだけ”秋の味覚を楽しむ簡単おつまみレシピ

2020.11.13

こんにちは。内村麻美です。

天気予報で、10°C台の気温を目にする機会が増えてきましたね。

凍える日々を想像しちゃいますが……寒さが増すと、おいしい食材も増えてきます!

そこで、この時期よくみかける秋の食材「柿」をつかった簡単おつまみと、「サツマイモ」を使ったヘルシー満腹餃子の2品をご紹介します。

火を使わずにできる!秋の果物を使った簡単おつまみ「柿の塩昆布和え」

今回ご紹介するレシピ1つめは、火は使いません。切って和えるだけ。それで季節を感じられるって……いいでしょ?

フルーティーな日本酒と、どうぞ。

【材料】 (1人分)
・柿・・・1/4玉
・塩昆布・・・大さじ1
・すだち・・・1/2玉

柿の塩コンブ和え

画像:内村麻美

<作り方>
(1)柿の皮をむいて、細長くカットする。
(2)塩昆布を入れ、よく和える。
(3)すだちを1枚だけ薄く輪切りにする。
(4)残りのすだちを絞り、(3)をのせたら完成。

柿の塩コンブ和え

画像:内村麻美

柿の塩コンブ和え

画像:内村麻美

すだちがよく合いますが、かぼすでもおいしくなると思います!

ゆずは酸味が強いので、柿の旨味を邪魔してしまうかもしれません。

香り付けを優先して、すだちやかぼすを使うことをオススメします!

サツマイモ入り!ヘルシーで満腹になる「サツマイモ入り紫蘇餃子」

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

番組ではご紹介できなかった、秋の味覚の簡単料理をもう一品! サツマイモ入りの、ヘルシーな餃子です。

【材料】 (30個分)

サツマイモ・・・手のひらサイズ2つ分
豚のコマ切れ・・・200g
大葉・・・8枚
餃子の皮・・・30枚
あごだしてりたれ(お好みの味で代用可)・・・大さじ2
(つけダレ)
ポン酢・・・適量
一味・・・適量(お好みで)

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

お芋は、知り合いの畑で掘ってきました! 掘りたてホヤホヤより、1週間くらいそのまま寝かせた方が旨味が増すみたいですよ。

<作り方>

(1)サツマイモを1センチ角にカットする。
(2)大葉も豚のコマ切れも細かくカット。
(3)耐熱皿に入れて、レンチン(600Wで2分程度)。

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

(4)隠し味に、『あごだしてりたれ』をさっと混ぜる(お好みの味付けでOKです)。

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

(5)具材を餃子の皮に包む。

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

(6)焼いたらでき上がり! レンジで火を通しているので、外側がおいしそうに焼けたらOK。

サツマイモ入り紫蘇餃子

画像:内村麻美

2020年11月12日(木)に放送されたミニ番組『ARNE』では「柿の塩昆布和え」レシピについてお話ししているので、番組動画もぜひ観てくださいね。(文/内村麻美)

※この記事は公開時点での情報です。

◆ ARNE TV #45「旬を味わう 柿のおつまみレシピ」

【参考・画像】
内村麻美
FBS福岡放送『ARNE』(毎週木曜24時54分~)

#レシピ をまとめてチェック!
#内村麻美 #グルメ #ミニ番組『ARNE』

<こんな記事も読まれています>
テンションあがる!ご褒美アイテム5選
福岡が誇る人気店「らるきい」幻のメニュー
【衝撃】ボリューム大の福岡お得ランチ3選