TOP > グルメ > キラキラ豪華で胸キュン♡“まるで宝石”なパフェが楽しめる福岡市南区のカフェ「harapecolab」
harapecolab(ハラペコラボ)

キラキラ豪華で胸キュン♡“まるで宝石”なパフェが楽しめる福岡市南区のカフェ「harapecolab」

2020.11.23

こんにちは、カフェ好きライターのayu.latteです。

今回ご紹介するのは、まるでキラキラの宝石を食べるようなパフェです!

ついに実店舗がオープン!ミュージアムショップ&カフェ「harapecolab」(福岡市南区大池)

まるでキラキラした宝石のようなこちらのお菓子、『こうぶつヲカシ』ってご存知ですか?

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:harapecolab

ARTFOODで遊ぶ」をテーマに、食とアートを掛け合わせた料理と空間を提供するフードクリエーター集団『harapecolab(ハラペコラボ)』から誕生したもので、その名の通り、「鉱物」を和菓子で表現した新感覚のスイーツです。

『こうぶつヲカシ』を作っている『harapecolab』は、今まではオンラインやケータリングを主に営業していたのですが、2020年10月に福岡市南区に“ミュージアムショップ&カフェ”として実店舗がオープンしたのです!

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

なんとイートインスペースも完備! これは楽しみで仕方ありませんね!

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

どれを見ても宝石!キラキラでかわいいお菓子たち

『こうぶつヲカシ』は、とあるアクセサリーの展示会で「石みたいなお菓子」が作れないか?という提案がきっかけで誕生したそうです。

寒天と砂糖を煮詰めて冷やし固めたものを一つ一つ切り出し、パーツ同士をくっつけて乾燥させることで、複雑な鉱物の形を再現するという手の込んだお菓子。

着色も、寒天液に黒ゴマペースト、ワイン、シャンパン、果汁、リキュール、天然色素等を加えることで色や味のバリエーションを出しているというこだわりぶりです。

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

鉱物の採取箱をイメージしたギフトボックスに入っているので、プレゼントにもぴったりですよ。

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

ひと口かじると外側はしゃりっと、中はしっとり。 本物の宝石のような見た目と、意外な食感がとても楽しい!

イートインでしか食べられない特別なスイーツ!

イートインでしか食べられない一日限定5食のスイーツ。それが……『スペシャル鉱物パフェ』(税込1,980円)! 見てくださいこの美しさ!

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

季節のフルーツがたっぷり! この日はキウイ、シャインマスカット、いちじく。そして、その下にはバニラアイス、ほうじ茶ゼリーがひそんでいます。

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

そして、1番上には……

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

アメジストクラスターをモチーフにした『こうぶつヲカシ』が大胆に盛り付けられています。こちらを量産するのが難しく、一日限定5食なのだとか。

パフェの横にもフルーツとこちらにも『こうぶつヲカシ』。とにかく美しすぎてため息が出てしまいます♡

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

ドリンクをセットにすると2,200円(税込)です。

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

和煎茶、和紅茶、世界遺産コラボ玄米茶、香草烏龍茶、コーヒーの5種類から選べます。お茶類はポットで提供されるのがうれしいですよね♡

こうぶつヲカシを使ったドリンクも!

また、とってもかわいいドリンクも!

『食べるジンジャーエール』(イートイン税込660円、テイクアウト税込648円)はイートインでもテイクアウトでもいただくことができます。

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

季節のフルーツとこうぶつヲカシがたくさん入ったジンジャーエールはスプーンで♡

ほかにも、角切りりんごとアイスクリーム、そしてこうぶつヲカシを使った『ハラペコラボアイスクリーム』(イートイン税込660円、テイクアウト税込648円)や、紫芋を使った“豆花”とジンジャーシロップ、季節のフルーツやこうぶつヲカシを使った『ハラペコラボ特製豆花』(イートイン限定、税込880円)などもあります。

大人気はお菓子だけではない!

火曜日~金曜日、一日限定10食の『こうぶつobento』(税込1,080円)も大人気!

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

1番に並ぶことができたので、運良く購入できました♡

お弁当にはランチョンマット(紙製)とシールがついてきます。このランチョンマット、それぞれ絵柄が違うんです。

開けてみると……まるで宝石箱!

harapecolab(ハラペコラボ)

画像:ayu.latte

メニューは日によって変わりますが、この日は、スパイス唐揚げ、鯖の胡麻揚げ、紫芋のサモサ、りんごの豚肉巻き、蓮根の肉挟み焼きビーツマッシュポテト、ほうれん草と柿の胡麻和え、スパイス卵、そしてたくさんのお野菜とエディブルフラワー、そして小さめのおにぎりが2つ(大葉味噌、スパイスナッツ塩)と、おなかいっぱいになる豪華なお弁当です!

お弁当は大人気でオープンと同時に売り切れる日もあるのだとか。確実に買いたい方は最低でも3日前には予約してくださいね(予約状況によっては予約できない場合もありますのでご確認を)。

2013年から、1人でスタートしたケータリング屋『ハラペコ研究所』。少しずつ仲間を増やしていき、福岡市内を中心として活動。2017年からは屋号を『ハラペコラボ』に改め、福岡市南区にアトリエを構えて、ケータリングやobentoなどを作ってきました。全国に『こうぶつヲカシ』や『サラダロードシート』などを広めるために「ARTなFOODであそぶ」をテーマに日々新しくて楽しいおいしいものを考えているそう。

これからも目が離せない『harapecolab』。obentoやスイーツ、ぜひご賞味あれ♡(文/ayu.latte)

〈店舗情報〉
harapecolab(ハラペコラボ)
住所:福岡市南区大池1-26-7 義道ハイム1階
詳細はharapecolab

※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
ayu.latte
※harapecolab

#福岡のスイーツ をまとめてチェック!
#福岡エリア #カフェ #グルメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから