TOP > グルメ > オーナーは元常連客!離婚危機を乗り越えた「本格スリランカカレー」【伊藤舞の福岡カレー日記#4】

オーナーは元常連客!離婚危機を乗り越えた「本格スリランカカレー」【伊藤舞の福岡カレー日記#4】

2019.12.21

続々とカレー専門店がオープンし、カレー熱が高まり続けている福岡。 その福岡のあらゆるカレーを、私伊藤舞が、とんこっちゃん・ふじ子部長と二人三脚で調査しお届けしている 『土曜カレー部』。

FBS福岡放送『めんたいワイド』のきょうだい番組『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)で放送されたお店を「ARNE」でご紹介していきます!

カレー日記4回目は、福岡市中央区薬院エリアの、夫婦の人生を変えた!?本格スリランカカレーに迫ります。

 

オーナーは元常連客!

地下鉄七隈線・薬院大通駅から歩いて6分の住宅街の中にある『Rスリランカ』。大きな窓とスリランカの国旗があしらわれた白い扉が目印です。

本場スリランカのカレーが味わえる店として、昨年春にオープンしました。

画像:伊藤舞

実は、現オーナーの大隈さんは2代目。先代のスリランカ人のオーナーが帰国することになってしまい、店の常連だった大隈さんが今年の夏に受け継いだのです。2か月で先代からたたき込まれた本格スリランカカレー。その味は先代の時と代わらず、常連さんも認めるおいしさです。

 

本格的!だけど食べやすい「スリランカカレー」

画像:伊藤舞

看板メニューの『豚肩ロースステーキカレー』(900円)です。

前オーナーがスリランカから直送するスパイスで作るカレー、辛さは“1~3”の3つから選べます。私は3辛をいただきました。

口に入れた瞬間に感じるピリッとした辛さと、それをふんわりとまとめてくれるココナッツミルクの甘み。さらに爽やかなスパイスの風味も感じられて、後味はスッキリ!スパイスの奥深さは本格的なのに、とっても食べやすいカレーに仕上がっています。

画像:伊藤舞

そして塩こしょうのみでシンプルに味付けをした200グラムの豚ステーキは、甘みが強くしっかりとした食べ応え。ひと噛みごとに感じる旨みがカレーをよりまろやかにしてくれます。

サラッとしたルーに合わせてターメリックライスは固めに炊きあげたり、ルーが最後まで冷めないように熱々の陶板に盛り付けたりと、おいしさを最大限に堪能できる状態で提供されるのも、うれしいポイント!

 

お得すぎる「モアカレー」って?


さらに嬉しいのが「モアカレー」、つまり、ルーのおかわりが“無料”で出来るというサービス!

辛さの変更も可能で、「最初の注文を3辛で、モアカレーは2辛で後半はまろやかな味に!」なんて、食べながらの辛さ調整も可能なんです。

一時は離婚危機!?カレーが変えた人生

オーナーの大隈さんが店を受け継ぐことは、奥様には事後報告だったそう。というのも、実は奥様は大のカレー嫌い。事前に伝えたら絶対に反対されると思っての、強行突破だったそうです。

「もう、あのときは離婚!って思いました~」と笑いながら話す奥様。ご主人を支えるべく一緒にお店に立ち、『Rスリランカ』のカレーに魅了され、今はカレー好きに!

まさに夫婦にとって”人生を変えたカレー”、せひ味わってみてください。

画像:伊藤舞

<店舗情報>

Rスリランカ

住所:福岡県福岡市中央区薬院2-11-24 1F

最寄駅:福岡市地下鉄七隈線「薬院大通駅」徒歩5分

詳しくはこちら

 

【画像・参考】

・伊藤舞

・ FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

 

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。