TOP > グルメ > 大濠公園に新名所誕生!“おでかけ先候補に急浮上”開放感たっぷりの和風カフェ(福岡市中央区)
大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

大濠公園に新名所誕生!“おでかけ先候補に急浮上”開放感たっぷりの和風カフェ(福岡市中央区)

2020.09.16

こんにちは、カフェ好きライター・ayu.latteです。

過ごしやすい気候の日が増え、そろそろ公園でのんびりしたい季節に突入しますね。

そんな季節にピッタリなのが公園散歩。

今回ご紹介するのは、福岡市中央区にある大濠公園の中にある施設『大濠テラス〜八女茶と日本庭園と。』。9月2日にオープンしたばかりの同施設です。

カフェ『&LOCALS(アンドローカルズ)』には外向きのカウンター席もあり、大濠公園の自然を眺めながら食事ができる空間が広がっています。

この秋絶対に行ってほしいおすすめスポット。その魅力をご紹介します!

天気のいい日はオープンなスペースに!風が心地いい「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。」(福岡市中央区大濠公園)

濠公園内の日本庭園隣。大濠公園の池に臨む「日本文化に触れること」をコンセプトとした施設『大濠テラス~八女茶と日本庭園と。』がオープンしました。

「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。」

画像:ayu.latte

建物に向かって右側にあるのは、以前は赤坂で営業していて、現在は天神のイムズにも店舗があるカフェ『&LOCALS(アンドローカルズ)』の入口が。

「大濠テラス~八女茶と日本庭園と。」

画像:ayu.latte

キツネが自転車に乗っているロゴマークの提灯がとってもかわいいです!

中に入ると、八女茶などが販売されていました。また、茶器もあるので、これを機に日本茶の世界に足を踏み入れるのもいいかも!

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

店内は木でできた大きな対面式の大人数座れるテーブル席が中央に。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

そして、大濠公園の池や緑を眺めながら食事のできる外向きのカウンター席もありました。

天気のいい日は窓が外してあり、とっても開放的! この日は天気も良く風もあったので、最高の時間が過ごせました。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

「&LOCALSの献立は、ローカル食材の編集です」がコンセプト。「各地域で巡り会った食材を、素材に重ね合わせて」というのがメニュー作りの根っこだそう。

メニューは『&LOCALS』といえば!な「いなり」や、「八女茶」のほかにも「だし巻き玉子」と「炊き込みご飯」のセットなど和のメニューが。

そんななかから今回は、『旅するおいなりセット』(税別600円)をオーダーしてみました。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

3種類ある季節のおいなりの中から2種類を選び、7種類ある八女茶メニューから好きなお茶を選ぶことができます。

八女茶メニューは、抹茶や玉露、煎茶、ほうじ茶、和紅茶、ハウスブレンドのお茶などありますが、今回は珍しい『武雄レモングラス&八女煎茶』(単品は税別380円)を。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

八女の煎茶とレモングラスをブレンドしてあり、とってもさわやかなアレンジ茶。飲んだあとに鼻に抜けるレモングラスの香り!

いなりは『じてんしゃおいなり』と『りんご蜂蜜おいなり』を選びました。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

『じてんしゃおいなり』はノーマルな白ごまのおいなり。『りんご蜂蜜おいなり』はりんごを半生ドライにした果肉と蜂蜜入り。シャキッとした半生ドライリンゴの食感がたまりません!

朝ごはんの時間帯の午前9時から11時30分までにオーダーすると、同じお値段のままお味噌汁が付くので、お得感がありますよ。

どれもおいしそうなスイーツたち♡

スイーツは「もなか」、「ソフトクリーム」、「プリン」、「もなかと抹茶のセット」、「ミルクぜんざいと煎茶のセット」の5種類が楽しめます。

時間帯によって提供できるメニューが異なるそうなので注意を。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

お昼ごはんとしておいなりセットを頼んだので、追加で『自家製もなか モナ』(税別200円)を。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

こちらは、餡のあれこれを知り尽くしているであろう、お店の“餡バサダー”なる方が手掛けたという自信作。

職人の手焼きした香ばしい皮に、希少な北海道えりも小豆の黒餡。皮がパリパリしてて、とってもおいしい! 餡も甘さがちょうどよく、何個でもいけちゃいそうです。

2階には風景が楽しめる席も!

今回は満席で座れませんでしたが、2階はガラス越しに風景が楽しめる席になっています。イベントスペースとしても解放するようなので、今後が楽しみですね。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

実際に行ってみて思ったこと、それは年齢層の広さ! この日は平日だったということもあってか年配のお客さんが約半数。いなりなどの和食や日本茶が楽しめるということも影響している様子。みなさん口々に「おいしい!」と満足していました。

また、テイクアウトもできる『大濠公園べんとう』(750円)や、15時以降には“地域のおつまみ”として、「だし巻き玉子のハーフ」や「おでん」なども楽しめ、18時からはお酒も販売されますよ。

大濠テラス~八女茶と日本庭園と。

画像:ayu.latte

そして今回はお邪魔しなかったのですが、建物に向かって左側の入口からは、レンタル着物店『Yamato Tsunagari Gallery(やまとつながりギャラリー)』が。

3時間レンタル(3,000円)、日帰りレンタルプラン(9:00〜16:30で 5,000円)などのプランがあり、予約なしで手軽にレンタル着物を利用できます。隣の日本庭園を着物で散策するのもいいかも!

美術館もあり、お隣の日本庭園、お散歩、ランニングなどいろいろ楽しめる大濠公園の新スポット♡ ぜひ訪ねてみてはいかがですか?(文/ayu.latte)

<店舗情報>
大濠テラス〜八女茶と日本庭園と。
住所:福岡市中央区大濠公園1-9
詳細は大濠テラス〜八女茶と日本庭園と。

【参考・画像】

※ayu.latte

※大濠テラス〜八女茶と日本庭園と。

この記事は公開日時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

最強すぎる究極のデリバリー「博多回回、」!グルメ大国・福岡が誇る名店が集結

たった2分でできる!寝っ転がったままでOK「ぽっこりお腹」をケアする簡単エクササイズ3つ

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)