TOP > グルメ > ボリュームたっぷり具材ゴロゴロ!“日本米に合う”スパイスカレーとは?(福岡市博多区・美野島)
みわCurry

ボリュームたっぷり具材ゴロゴロ!“日本米に合う”スパイスカレーとは?(福岡市博多区・美野島)

2020.09.05

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

カレー日記46回目は、今年6月にオープンした“日本米に合う”スパイスカレー。

FBS福岡放送『めんたいワイド』のきょうだい番組『めんたい×家族』の「土曜カレー部」で取材したお店を詳しく紹介していきます!

6月にオープン!かわいいイラストが目印「みわCurry」

今年6月に福岡市博多区の美野島エリアにオープンした『みわCurry』、店主みわさんのイラストが目印のお店です。

みわCurry

画像:伊藤舞

メニューはあいがけプレート1種類のみ。この日は、夏野菜のカレーとキーマカレーでした(カレーは週替わりです)。

みわCurry

画像:伊藤舞

彩り鮮やか!日本米に合うカレーって?

『今週のカレープレート(コロコロ夏野菜カレーと合挽きキーマ)』(1,100円)です。

みわCurry

画像:伊藤舞

お野菜たっぷりでとっても色鮮やかなプレート!

夏野菜のカレーはトマトベースに8種類ほどのスパイス。ここに、オクラ・ナス・ズッキーニ、さらに鶏胸肉がゴロゴロ入っています。

みわCurry

画像:伊藤舞

野菜1つ1つの食感をしっかり楽しめる、食べ応えのあるカレー。ルーはトマトの旨みを生かしてさっぱりと仕上がっています。8種類のスパイスは、強すぎず、ほどよい香り。中でも“フェヌグリーク”というスパイスのほろ苦くも甘い香りが、食欲を刺激してくれるんです。

もうひとつの合挽きキーマカレーは、お肉の旨みをしっかり味わえるカレー。

みわCurry

画像:伊藤舞

アクセントに“和山椒”が入っていて、口に入れると、辛みとともにさわやかな風味が引き立ちます。また、上にのった“大葉とショウガ”が香り高く、お肉が主役のカレーをさっぱりとまとめ上げてくれます。

みわCurry

画像:伊藤舞

スパイスの刺激はあるけれど、和山椒や大葉・ショウガといった口なじみのある味わいが引き立ち、まさに“日本米に合うカレー”。

もちろん、2つのカレーを混ぜて味わっても最高です!

旅行業界からカレーの世界へ転身!

店主の松岡美和さんは、旅行業界で20年ほど働き、ツアーコンダクターの経歴をお持ちの方。次のステップに進みたい!と選んだのがカレーでした。仕事柄、旅先で食してきた味をヒントに、カレー作りを続けています。

みわCurry

画像:伊藤舞

求めるのは、素材の旨みを生かしつつ、日本米に合うカレー。

目標は「おばあちゃんになるまで、お店を続けること」。張り切りすぎず、頑張りすぎず、息長く続けることを目標に。何度でも食べたくなる、地域に愛されるカレー店を目指しています。(文/伊藤舞)

<店舗情報>
みわCurry
住所:福岡市博多区美野島3-12-11
詳細はみわCurry

【参考・画像】

※伊藤舞

FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

この記事は公開日時点での情報です。

<こんな記事も読まれています>

【伊藤舞アナウンサー直伝】マスク時のメイク崩れに対抗!誰でもできる簡単テク

夏用マスクはこれで決まり!いま絶対ゲットしたい“ひんやり”「冷感マスク」5選

暑い夏にこそ食べたい!アスリート妻が作る絶品“夏鍋レシピ”3つ(AD)