TOP > グルメ > 簡単・万能!かけるだけでご馳走になる「新たまねぎドレッシング」レシピ2種
中願寺あゆみ 新玉ねぎドレッシングレシピ

簡単・万能!かけるだけでご馳走になる「新たまねぎドレッシング」レシピ2種

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

甘みがあって生でもたくさん食べられちゃう新たまねぎ。通年食べられたらいいのに……と思うほど好きな野菜です。

今回はおいしい「新たまねぎを食べるドレッシング」のレシピを2つご紹介します。

1:シンプルイズベストな「新たまドレッシング」

新鮮な新たまねぎと調味料をミキサーにかけるだけの簡単ドレッシング。

何にでも合いますが、トマトと合わせるのが大好きです。

今回はミニトマト、わかめ、蒸し鶏と。ジューシーなトマトととってもよく合います。

たまねぎどれっしんぐ

画像:中願寺あゆみ

【材料】(作りやすい分量)
新たまねぎ・・・中1個(150g)
米酢(または白ワインビネガー)・・・大さじ3
キビ(てんさい)糖・・・大さじ1 ※なければ砂糖でOK
塩・・・小さじ1/2
オリーブオイル・・・大さじ3

<作り方>

(1)新たまねぎはざく切りにする。ミキサーにすべての材料を加え、かくはんする。

ミキサーやブレンダーを持っていない方は、ちょっと面倒ですがすりおろして。

使う油は米油やグレープシードオイルなどお好みでどうぞ。ごま油でもおいしく仕上がります。

出来てすぐもいいですが、一日置くと辛みも酸味も落ち着いてまろやかになります。1週間くらいで食べきりましょう。

結構すぐになくなっちゃうので多めに作ってみてくださいね。

2:塩昆布がいい仕事する「新たまねぎと塩昆布のレモンたれ」

新たまねぎのシャキッとした食感とレモンのさっぱりさ、塩昆布のうまみが混ざり合って、なんとも言えないおいしさです。

新たまねぎのレモンソース

画像:中願寺あゆみ

【材料】(作りやすい分量)
新たまねぎ・・・小1個(100g)
レモン・・・1個
塩昆布・・・5g
米酢・・・50ml
みりん・・・50ml
塩・・・小さじ1/2
輪切り唐辛子(お好みで)・・・適量

<作り方>

(1)新たまねぎはみじん切りにする。レモンは半分をいちょう切りにして、半分は果汁を絞り、新玉ねぎとともに保存容器に入れる。

(2)みりんを耐熱容器(噴きこぼれの可能性があるので少し大きめ)に入れ、電子レンジ600Wで1分加熱して粗熱をとる。

(3)(1)に材料をすべて加え、1時間以上置く。

新たまねぎはしばらく置くととろみが出てなじんできます。甘い味が好きな方は砂糖を少し加えても◎。

穀物酢よりも酸味のまろやかな米酢がおすすめ。みじん切りは手動のチョッパーを使えば簡単ですよ。

「レモンたれ」活用法:皮はパリッと、中身はジューシーなむね肉ソテーにたっぷりと

ハンバーグや焼いた豚肉にのっけたり、わかめと和えたりといろいろ使える「レモンたれ」ですが、今回は鶏むね肉のソテーの上にどっさりと。レシピで作った分量分、全部のせてもいいくらいです。

たまねぎドレッシング

画像:中願寺あゆみ

300g程度の鶏むね肉に塩をして皮を伸ばし、皮目を下にしてフライパンに入れる(油は引かなくてOK)。弱火で30分タイマーをセットしたら、そのまま放置(※触らないでそのまま)。

30分たったら裏返しにして同じく弱火で1分加熱し(肉の大きさによって様子を見てくださいね!)、10分放置して余熱で火を通せば、皮パリで中はしっとりとしたチキンソテーが出来上がります。

食べやすい大きさに切ってレモンたれをたっぷりとのせれば、おもてなしにも使えそうな一皿に。オリーブオイルを上から垂らしても◎。即席南蛮漬けのような仕上がりです。

作りたてもおいしいですが、1日置くとさらに味がなじみますよ。写真のソテーにのっけているものは1日置いたものです。1週間くらいで食べきりましょう。

2種類の「新たまねぎを食べるドレッシング」、いかがでしたか? たっぷりかけて春の恵みを楽しんで!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。
※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

【参考・画像】 
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック! 
#グルメ #おうちご飯 #料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店