TOP > グルメ > 力尽きた日でも作れる!少ない材料&時短で美味い「ズボラ飯」2品
中願寺あゆみ レンチンで作れる時短鶏チャーシュー

力尽きた日でも作れる!少ない材料&時短で美味い「ズボラ飯」2品

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

新生活が始まる4月。ご自身や家族の環境の変化で、食事の準備もままならないような慌ただしい毎日を送っている方も多いのでは。

そこで今回は、力尽きそうな時でもきっと作れる、少ない材料&時短簡単レシピをご紹介します。初めての自炊にもおすすめですよ。

1:10分で完成!卵巻かない「カレー風味のとん平焼き」

そもそもオムライスなどの卵を巻く作業があまり好きではない私。うまく巻けるかな……の緊張感を解き放つべく、卵をふわっトロのスクランブルエッグにしてのっけることでハードルを下げた、ちゃちゃっと出来るずぼらとん平焼きです。

カレー粉を加えることでソースとさらに好相性に。キャベツのおいしい季節にぜひ。

とん平焼き

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2人分)
キャベツ・・・1/4玉
豚薄切り肉・・・100g
卵・・・3個
お好み焼きソース(なければとんかつソース)・・・適量
カレー粉・・・小さじ1/4
マヨネーズ・・・適量
鰹節・・・適量
青のり(お好みで)・・・適量
紅ショウガ(お好みで)・・・適量
塩こしょう・・・適量
サラダ油・・・小さじ3

<作り方>

(1)キャベツは千切りにする(目安の量は両手のひらにこんもりのるくらい)。卵は容器に割り入れ、塩こしょう少々を加えて混ぜておく。

(2)フライパンに油小さじ1をひき、豚肉を加え塩少々(分量外)をする。7割程度火が通ったらキャベツ、塩こしょう、カレー粉を加え1分ほど炒める。しんなりしたら器に盛る。

(3)フライパンをきれいにして、サラダ油小さじ2を加えてよく温め、一気に卵液を加え外側から内側に向かって大きく混ぜ、ふわっと火を通す。

(4)(2)に(3)をのせ、お好み焼きソースとマヨネーズをかけ、鰹節、青のり、紅ショウガをのせる。

キャベツの塩加減はソースなどを後からかけることを考えて、気持ち薄めでOK。1玉買ったけど全然減らないキャベツの消費にもおすすめです。卵にとろけるチーズを加えてもおいしいですよ。

2:レンチンで作る「鶏むね肉のしっとりチャーシュー」

もう何にも作りたくない~! そんな時の強い味方、ほったらかしのレンチンでメインができるレシピです。

写真で伝わりますか? このしっとり感。パサつきがちなむね肉がジューシーに仕上がってごはんも進みますよ。

鶏むねチャーシュー

画像:中願寺あゆみ

【材料】(2~3人分)
鶏むね肉・・・1枚(300g)
白ネギ・・・10センチ
A醤油・・・大さじ2
A酒・・・大さじ1
Aみりん・・・大さじ2
A砂糖・・・大さじ1/2
Aかたくり粉・・・小さじ1弱
練りからし(お好みで)・・・適量

<作り方>

(1)鶏むね肉の全体にフォークを刺して穴をあける。白ネギは半分に切って千切りにする。

(2)耐熱容器にAを入れ、しっかりと混ぜ合わせる。鶏むね肉を入れ、たれを全体に絡め、皮目を下にしてふんわりラップをかける。電子レンジ500Wで3分加熱する。

(3)鶏むね肉を裏返しさらに1分加熱して、そのまま10分置き、余熱で火を通す。

(4)皿に白ネギを敷き、鶏むね肉を食べやすい大きさにスライスして盛る。つけダレを上からかけ、練りからしを添える。

鶏むね肉は300g前後のあまり大きくないものが、均等に火が入りやすくおすすめ。ダイエットのメニューに組み込みたい方は、皮を取り除けば脂質も減らせてさらにヘルシーに。しょうがのおろし汁などを加えて味変も◎。

いかがでしたか? 仕事も家事も全部きっちりこなそうと頑張りすぎるとヘトヘトになってしまうので、無理をせずに程よく手を抜いていきましょう!(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。
※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

【参考・画像】 
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック! 
#グルメ #おうちご飯 #料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【大野城の新店】話題のチョコレート専門店

【八女の新店】穴場の絶景カフェ
【大名の新店】東京発の人気ドーナツ店