TOP > グルメ > 【薬院エリア新店】抹茶を点てる体験も!九州産フルーツの絶品和スイーツが揃うカフェ(福岡市中央区)
果樹蔵 スイーツ

【薬院エリア新店】抹茶を点てる体験も!九州産フルーツの絶品和スイーツが揃うカフェ(福岡市中央区)

こんにちは! カフェを中心に福岡の情報をInstagramで紹介しているhicho_cafeです。

今回は、福岡市中央区白金に、2024年2月1日にオープンしたカフェを紹介します。

和文化体験と旬の新鮮果実が楽しめるカフェ「果樹蔵フルーツ工房 白金(かじゅくら)」(福岡市中央区白金)

「和(日本文化)の体験」×「九州のおいしいフルーツ」がコンセプトのお店『果樹蔵フルーツ工房 白金(かじゅくら)』。西鉄・薬院駅から徒歩約6分ほどの場所にあります。

果樹蔵 外観

画像:hicho_cafe

名前でピンと来た方もいるかもしれませんが、朝倉市にある『果樹蔵(やまやコミュニケケーションズが手掛ける農産事業ブランド)』の新店。ちなみに、朝倉市には、1月~5月頃の期間にいちご狩りができる『果樹蔵ファーム 朝倉』と、季節のフルーツソフトやドリンクなど旬の果物を堪能できる『朝倉マルシェ 果樹蔵』があります。

ここ白金では、今の時期は『果樹蔵ファーム 朝倉』で採れたいちごを直送して販売しているほか、果樹蔵ブランド厳選の、九州のおいしいフルーツを使用した和スイーツが味わえます。

★「朝倉マルシェ 果樹蔵」についてはこちらの記事で!★
記事いちご狩り&ドライブで行きたい!テイクアウトグルメも魅力の新スポット「朝倉マルシェ果樹蔵」(朝倉市)

果樹蔵 内観

画像:hicho_cafe

お店は2階建てで、1階にはテイクアウト用のスイーツや、パックに入ったフルーツなどが販売されています。今は、いちごがたくさん!

果樹蔵 テイクアウトスイーツ

画像:hicho_cafe

靴を脱いで2階に上がると、昭和レトロなカフェスペースが♡ ※1人1オーダー制

果樹蔵 イートインスペース

画像:hicho_cafe

お座敷のほかテーブル席もあり、全部合わせて約26席あります♪

果樹蔵 イートインスペース

画像:hicho_cafe

フレッシュないちごを使ったスイーツの数々

今が旬のいちごを楽しめるスイーツを紹介していきますね♡

果樹蔵 スイーツ

画像:hicho_cafe

果樹蔵フルーツ膳(抹茶体験セット)

『果樹蔵フルーツ膳(抹茶体験セット)』(2,300円)は、果樹蔵の季節のフルーツを食べ比べできる贅沢なお膳。

今の時期はいちごを味わうことができます。

果樹蔵 御膳

画像:hicho_cafe

『果樹蔵ファーム 朝倉』では、あまおう、恋みのり、天使のいちご、かおり野、さちのか、あまえくぼの6つの品種のいちごが育てられています。その中から、そのときに1番おいしい3種類のいちごを使ってスイーツが作られており、それぞれのいちごの味を食べ比べることができます。

この日は、あまおう、恋みのり、天使のいちごの3種類が提供されていました。 

果樹蔵 いちご食べ比べ

画像:hicho_cafe

あまおうは見た目も味も濃く、果汁がたっぷり。

恋みのりはふわっと広がる甘い香りが特徴で、甘さの奥にほのかな酸味があります。

天使のいちごは生産量が少なく希少性の高い白いちご。しっかりとした甘さと酸味が特徴です。

ゼリーは『ミルクゼリー』か『八女抹茶ゼリー』から選ぶことができ、今回は『ミルクゼリー』を注文。

果樹蔵 ゼリー

画像:hicho_cafe

このまま食べてもおいしいですが、いちごと一緒に食べたり、別添えの『八女抹茶ミルク』や『黄金色の白蜜ミルク』をかけて食べるなどいろいろな楽しみ方ができます。

果樹蔵 ゼリー

画像:hicho_cafe

アイスは『あまおういちごアイス』か『八女抹茶アイス』から選ぶことができ、『あまおういちごアイス』を注文。

果樹蔵 あまおうアイス

画像:hicho_cafe

いちごをたっぷりと使用したアイスは濃厚な味わいでした。

お店手作りの白玉はモチモチ食感で弾力があります。隣に添えてある『北海道産小豆の粒あん』や『あまおうのあんこ』をのせて食べるのがおすすめ♪

果樹蔵 白玉

画像:hicho_cafe

さらに、『抹茶体験セット』が付いているので、抹茶を自分で点てて本格的な雰囲気で楽しむことができますよ。

果樹蔵 抹茶体験

画像:hicho_cafe

お茶の点て方が分からない!という方でも詳しい説明が書かれた紙があるので安心です。

アイスもな果と3種のいちご(抹茶体験セット)

『アイスもな果と3種のいちご(抹茶体験セット)』(1,500円)は、ボリュームたっぷり♡

パリパリ食感の最中の中に、選べるアイス(あまおういちごアイス/八女抹茶アイス)、餡子、白玉、あまおういちごが入っています。私は、よりいちごを堪能するために『あまおういちごアイス』を選びました。

甘酸っぱいいちごと甘い餡子、冷たいアイスとモチモチ食感の白玉が同時に楽しめる、なんとも贅沢な最中でした。

果樹蔵 最中

画像:hicho_cafe

このメニューでも、『果樹蔵ファーム 朝倉』で採れた3種のいちごの食べ比べや、「抹茶体験」をすることができますよ♪

いちご大福

『いちご大福』(1個500円)はいちごが大きくてびっくり! その時期の旬の品種が使われていて、この日は、あまおうと天使のいちごでした。

いちご大福

画像:hicho_cafe

いちごの甘酸っぱさと大福の上品な甘さがマッチしていて、大きいのにペロリと食べちゃうおいしさでした。

いちごを使ったドリンクメニューも!

八女抹茶あまおういちごみるく

春らしい色合いの『八女抹茶あまおういちごみるく』(900円)は、人気のドリンクメニュー。

果樹蔵 あまおう苺みるく

画像:hicho_cafe

いちごミルクの甘みに抹茶の苦みがが加わることで、バランスの良い味わいになっていました。

フルーツ和紅茶

『フルーツ和紅茶』(600円)は、あまおう、桃、みかんの3種類があり、今回はあまおうを注文。

果樹蔵 紅茶

画像:hicho_cafe

八女産の和紅茶に九州産のドライフルーツを添えたフルーツティーで、カップに注ぐといちごの香りが際立ちます。

甘さは控えめなので、スイーツメニューと合わせるのにピッタリですよ♪

手作り贅沢あまおういちごたっぷりみるく

『手作り贅沢あまおういちごたっぷりみるく』(1,400円、約2杯分)は、オリジナルの白蜜ミルクと7~9個のあまおういちごを使って、“自分だけのスペシャルなドリンク”を作ることができるんです!

果樹蔵 いちごミルク

画像:果樹蔵フルーツ工房 白金

ほかにも『コーヒー』(480円)や『カフェラテ』(520円)などのドリンクもありましたよ。

いちごを使ったスイーツやドリンクメニューは2024年4月末まで提供予定だそうです。

同じスイーツメニューでも時期によって違う品種が楽しめるので何度も訪れたくなる『果樹蔵フルーツ工房 白金』。新鮮なフルーツを食べに、ぜひ足を運んでみてくださいね。(文/hicho_cafe)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■果樹蔵フルーツ工房 白金(かじゅくら)
住所:福岡県福岡市中央区白金1丁目6-1-1
営業時間:10:00~17:00(イートインL.O.16:00)
定休日:火曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。
※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

【参考・画像】
※文・画像/hicho_cafe
※画像/果樹蔵フルーツ工房 白金

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#カフェ #ニューオープン #薬院エリア
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【博多駅】お土産に◎キャラメルスイーツ

【飯塚】パフェ付きランチが人気のカフェ
【みやま】コスパ最高のステーキランチ