TOP > グルメ > コスパ最強!“丼とセットで950円”豊前裏打会の絶品うどん人気店(北九州市小倉北区朝日ヶ丘)
官兵衛流 八虎(HAKKO)

コスパ最強!“丼とセットで950円”豊前裏打会の絶品うどん人気店(北九州市小倉北区朝日ヶ丘)

こんにちは。子どもとのおでかけが大好きなゆりちゃんです。

福岡に住み始めてもうすぐ2年半が経ちますが、最近、福岡のうどんのおいしさに開眼! かつてないくらいうどんを食べています。

今回は、北九州市小倉北区朝日ヶ丘にある、うどんの名店をご紹介します。

うどん好き必見!「津田屋流豊前裏打会」加盟の「官兵衛流八虎(HAKKO)」(北九州市小倉北区朝日ヶ丘)

JR・九州工大前駅から車で10分、『サンリブ朝日ヶ丘』横のビル1階にある『官兵衛流 八虎 -HAKKO-(かんべえりゅう はっこ)』。

2022年10月にオープン。「豊前裏打会」のうどんが食べられると評判で、連日多くの人でにぎわっています。

官兵衛流 八虎(HAKKO)外観

画像:ゆりちゃん

「豊前裏打会」とは、北九州発祥の手打ちうどん流派のひとつ。総本山の『津田屋官兵衛』(北九州市小倉南区津田新町)で修業した人のみが流派を名乗ることができ、現在は全国で40店舗が加盟しているんだそう。

福岡のうどんといえば“太いやわ麺”の印象ですが、ここ数年で北九州方面を中心に勢いを増している「豊前裏打会」のように、“コシのある細麺”をウリにしているお店も少なくありません。

店内はテーブル席とカウンター席があります。

官兵衛流 八虎(HAKKO)店内

画像:ゆりちゃん

清潔感があって、子連れファミリーでも入りやすい雰囲気でした。

商品は食券を購入して注文するスタイル。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

単品メニュー以外にも、ミニうどんとミニ丼ぶりがセットになった『ミニ小町セット』(800円)や、普通サイズのうどんとミニ丼ぶりがセットになった『うどんセット』(900円)などセットメニューが充実!

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

トッピングは『ミニごぼう』(100円)、『ねぎ盛り』(100円)、『生卵』(150円)、『きつね』(130円)、『わかめ』(130円)、『えび1尾』(200円)などいろいろありましたよ。

『天ぷら盛り合わせ』(780円)、『とり天3個』(300円)、『天むすび』(400円)のサイドメニューも。

1,000円以下のメニューがほとんどでお財布にもやさしいですね♪

うどんも丼ぶりも楽しめて950円!コスパ最強「八虎欲張りセット」

今回注文したのが、『八虎欲張りセット』(950円)。肉ごぼう天うどんと丼ぶりがセットになっています。

官兵衛流 八虎(HAKKO)八虎欲張りセット

画像:ゆりちゃん

2種類楽しめるのでお得感がありますよね!

どちらもミニサイズですが、+150円で大盛りに変更することも可能です。

『八虎』のうどんの特徴は何といっても、コシのある細麺。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

ツルツルしこしこで、秋田の稲庭うどんに近い食感です。

透き通ったお出汁はやさしい味わいですが、出汁の風味と塩味がしっかりしているので物足りなさはありません。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

ドーナツ形のかき揚げ状のゴボ天がインパクト大!

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

薄くスライスしたゴボウを軽めに揚げてあるのでサクサク感がたまりません!

もちろんお出汁に浸して味を染み込ませても絶品です。

一味唐辛子をさらに細かくパウダー状にした「豊前裏打会」オリジナルの薬味がテーブルに置いてあるのでご自由にどうぞ。一振りで味が劇的に変わりますよ。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

繊細で上品な味ですが、辛みがストレートに伝わってきます。店頭で販売されているのでおうちでも楽しめますよ。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

セットの丼ぶりはカツ、牛、えびの3種類から選ぶことができます。

今回、『カツ丼』と『牛丼』をいただきました。

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

『カツ丼』は、トンカツに甘じょっぱい煮汁と卵が絡んでたまらないおいしさ。

官兵衛流 八虎(HAKKO)ミニカツ丼

画像:ゆりちゃん

『牛丼』はふわふわ卵でやさしい味わい。食べ応え満点でした!

官兵衛流 八虎(HAKKO)ミニ牛丼

画像:ゆりちゃん

ちなみにセット以外にも、好きなうどんに『ミニ丼ぶり』(430円)をつけることもできますよ。※『ミニ丼ぶり』の単品注文不可、通常サイズの丼ぶり(820円)は単品注文OK

うどんも丼ぶりもおいしくて、大満足の内容でした。気づいたらうどんのスープまで完食していて、飲み干しても足りないくらい!

官兵衛流 八虎(HAKKO)

画像:ゆりちゃん

サイドメニューの『とり天3個』はサクサクで、子どもたちのお気に入りになりました。

官兵衛流 八虎(HAKKO)とり天3個

画像:ゆりちゃん

定番の“福岡やわうどん”以外をお探しの方に全力でオススメしたい!

ぜひ立ち寄ってみてくださいね。(文/ゆりちゃん)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■官兵衛流 八虎(HAKKO)
住所:福岡県北九州市小倉北区朝日ヶ丘3-28 朝日ヶ丘第一ビル1F
営業時間:ランチ11:00〜15:30(L.O.15:00)、ディナー(火・水・木・金のみ)18:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜、第2火曜
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。
※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

【参考・画像】
※文・画像/ゆりちゃん

#福岡のグルメ をまとめてチェック!
#小倉 #麺料理 #ランチ 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【姪浜の新店】北海道発の生ドーナツ専門店

【天神エリアの新店】話題の揚げサンド
【佐賀】わざわざ行きたい食べ放題ランチ