TOP > グルメ > ご飯を浸したくなる絶品スープ!寒い季節に染みる「韓国風煮込み」&5分で作れる超カンタン副菜
中願寺あゆみレシピ 韓国風鶏じゃが

ご飯を浸したくなる絶品スープ!寒い季節に染みる「韓国風煮込み」&5分で作れる超カンタン副菜

こんにちは。料理家の中願寺あゆみです。

例年より比較的暖かいとはいえ、まだまだ寒い季節。そんな時は煮込み料理で温まりましょう!

今回は、具材を入れたらあとは鍋にお任せの「韓国風ピリ辛鶏じゃが」と、5分でできる季節の副菜をご紹介します。

1:煮込んだスープもうまみたっぷりのごちそう!「韓国風ピリ辛鶏じゃが」

しっかりと煮込むことで骨付きのお肉からしっかりとだしが出ておいしく仕上がります。手羽元肉も骨から外れて食べやすくもなりますよ。じゃがいもはホクホク系の「男爵」などがおすすめ。

鶏じゃが

画像:中願寺あゆみ

材料】(2人分)
鶏手羽元肉・・・6本(400g)
じゃがいも・・・3個(400g)
白ねぎ・・・1/2本
にんにく・・・2カケ
Aしょうが(すりおろし)・・・小さじ1
Aコチュジャン・・・大さじ2
A酒・・・大さじ2
A醤油・・・大さじ1
Aみりん・・・大さじ2
A酢・・・大さじ1
A韓国唐辛子(粗びき)・・・大さじ1
A水・・・300ml
塩・・・小さじ1/2
ごま油・・・大さじ1

<作り方>

(1)鶏手羽元に塩をして下味をつける。じゃがいもは皮をむき大きめに切る。白ねぎは1cm幅で斜めに切る。にんにくは包丁の腹で潰す。

(2)鍋にごま油を入れて熱し、鶏手羽元、じゃがいも、白ねぎ、にんにくを加えて炒める。

(3)(2)にAを加えてふたをして沸騰したら弱中火で、30分煮込む。

ホクホクのじゃがいもを、煮込んだピリ辛スープに浸しながら食べたり、白ごはんをスープに浸して韓国式で食べるのもおすすめです。コチュジャンが冷蔵庫に眠っているみなさん、ぜひ作ってみてくださいね。

2:あと一皿が欲しいときに「からし風味のだしびたし」

ゆでてドレッシングやマヨネーズで食べてしまいがちなブロッコリーですが、「白だし」を使えば手軽でかんたん、おいしいだしびたしのできあがり。最後に加えるからしがいいアクセントに。

ブロッコリーは先にゆでずだしで煮るので、あっという間に完成します。

からしブロッコリー

画像:中願寺あゆみ

材料】(2人分)
ブロッコリー・・・120g
練りからし・・・適量
白だし・・・大さじ1.5
水・・・200ml

<作り方>

(1)ブロッコリーは小房に切り分け、水を張ったボウルでしっかりと洗う。

(2)小鍋に白だしと水、ブロッコリーも加えて火にかける。沸騰したら火を弱め、ふたをして4分煮る。

(3)粗熱が取れたら練りからしを煮汁で溶く。

からしはお好みで分量を調整してください。ブロッコリーも今回は4分加熱していますが、途中味見をしてお好みの硬さに仕上げてみてくださいね。

多めに作って冷蔵庫でストックも可能。~2日程度で食べきりましょう。

インフルエンザなども流行っていますので、食養生しながら元気に乗り切っていきましょうね。(文/中願寺あゆみ)
※この記事は公開時点での情報です。
※本サイトの全てのコンテンツ(画像、文章等)について、無断で複製、転載、転用、改変等の二次利用を固く禁じます。判明した際には、法的措置をとる場合があります。

【参考・画像】
※文・画像/中願寺あゆみ

#レシピ をまとめてチェック!
#おうちご飯 #料理
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ