TOP > グルメ > 【中洲ランチ】絶品本格中華が1000円~!旨みがスゴイ期間限定の蟹メニューも登場(福岡市博多区)
老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」

【中洲ランチ】絶品本格中華が1000円~!旨みがスゴイ期間限定の蟹メニューも登場(福岡市博多区)

こんにちは、おいしいものが大好きなライター・ayu.latteです。

中洲という立地ながらリーズナブルなランチが楽しめる、“知る人ぞ知る”本格中華店の期間限定メニューをご紹介します。

中洲にある知っておきたい本格中華料理店「老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」(福岡市博多区中洲)

中洲と春吉を繋ぐ「春吉橋」のたもとにある10階建ての「FPG links NAKASU」。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」外観

画像:ayu.latte

こちらの6階にあるのが、『老上海 陸氏厨房(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)』です。

ラグジュアリーな入口に、「私が行っても大丈夫かな?」とドキドキしながらお店に入りました。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 外観

画像:老上海

店内も期待を裏切らず、とっても高級感があります!

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 店内

画像:ayu.latte

大きなシャンデリアがあり、暖色系の光が降り注いでいて落ち着いた雰囲気です。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 店内

画像:ayu.latte

1,000円からのコスパ最強のランチが楽しめる「老上海」に期間限定のメニューが登場

『老上海 陸氏厨房』といえば高級店のイメージで、著名人も通っていると聞くことも。でも、実はランチがリーズナブルで1,000円から楽しめるお店でもあるんです!

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 料理

画像:ayu.latte

今回ご紹介するのは、2023年12月から1月末までの期間限定で楽しめる、とっておきのランチ!

それがこちら、旬を迎えた上海蟹のカニ味噌を使った『蟹粉撈飯(シェフンロウファン)』、日本語だと『熱々カニミソご飯』(2,800円、1日8食限定、予約可)です。実は個人的には初めてのカニ味噌料理。楽しみです!

さっそく石焼き鍋に盛り付けられたご飯と、カニ味噌の餡が運ばれてきました。このほか、スープと日替わりの甘味、お漬物が付いています。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 熱々カニミソご飯

画像:ayu.latte

熱々のごはんの上に、カニ味噌が惜しみなくたっぷり使われた餡をかけて、いただきます。

お店の方が、ご飯に餡を丁寧にかけてくれました。この時の「ジュ~!」という音を聞き逃さないでくださいね♡

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」熱々カニミソご飯

画像:ayu.latte

そこに、黒酢を回しかけます。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」熱々カニミソご飯

画像:ayu.latte

スプーンを使って手早く、よく混ぜていきます。お店の人が混ぜてくれましたよ。

混ぜ終わったあとも、しばらくの間グツグツという音を立てて、食欲をそそります。早く食べたくてたまりません。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 熱々カニミソご飯

画像:ayu.latte

熱々のカニ味噌ご飯は、旨みがとっても濃厚!

深い味わいの中にほのかな苦味もあり、アクセントに加えた黒酢のおかげでコクが増しています。

ちなみにカニ味噌は、たくさんの栄養が詰まっていて、火を通すことで旨みが濃くなるそうです。

熱々のうちに食べてほしい一品でした!

ほかにも目移りするランチメニューが40種類以上!

そのほか、1,000円からとリーズナブルなランチが40種類以上もあります。ランチには、いずれもご飯(麺類とご飯類除く)とスープ、甘味、お漬物が付いています。

この日、オーダーしたものをご紹介しますね。

辣子鶏 ラーズージー(1,500円)

こちらは「揚げ鶏肉と唐辛子炒め」。高温の油でカラッと揚げた一口大の鶏肉の唐揚げ、唐辛子、ピーナツを煎り炊きした一品です。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 辣子鶏

画像:ayu.latte

大きな唐辛子は中国ではお酒のアテとしてポピュラーな「スナック唐辛子」。ぱっと見、とても辛そうですが、見た目と違ってそんなに辛味はありません。そのスナック唐辛子のパリパリ感と、カラリと揚げた唐揚げ、さらにピーナッツの食感の違いも楽しい料理です。

水煮牛肉 シュイジューニューロー(1,800円)

水煮牛肉とは、日本語に直すと「牛肉と野菜の唐辛子スープ煮」。牛もも肉とはるさめ、そしてたくさんの野菜を唐辛子スープで煮たものです。真っ赤なスープの上には、パクチーが盛り付けられています。

辛い料理が多い四川料理の中でも最も辛いといわれることもある料理だそう。覚悟を持って食べました。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」水煮牛肉

画像:ayu.latte

確かに辛い、でもそれ以上に旨みがすごいんです!

野菜もたくさんで、中国らしく炒めたきゅうりも入っていましたよ。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 水煮牛肉

画像:ayu.latte

ジェンフントゥン (1,000円)

中国語で「油を引いて両面焼く」という意味を含むメニュー名で、「焼きワンタン」のことです。今回は焼きワンタンにしましたが、スープワンタンも選べますよ。

具がみっちり詰まったワンタンは食べ応え抜群! 皮ももちもちでとってもおいしかったです♡

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 焼ワンタン

画像:ayu.latte

本日の滋養蒸しスープ

ランチについてくるスープについてもご紹介します。

以前は日替わりでいろいろなスープを提供していたそうですが、「あのスープを飲みたくて来たのに!」と「滋養蒸しスープ」を求めるお客様の熱いリクエストがあり、ランチのスープの定番となりました。

丁寧に戻した乾物や滋養のある食材から取るスープという基本の部分は変わりませんが、細かな具材は日によって変わるそうで、この日は肉厚の椎茸と鶏肉。贅沢な味わいの、おいしいスープでした。

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」スープ

画像:ayu.latte

中洲という立地でちょっと勇気がいるイメージですが、とてもゆったり過ごせました。もちろんディナーでは、ディナータイムならではのたくさんのメニューが取り揃えてあります。

とても明るいマネージャー・朱さんの丁寧な接客にも癒されますよ♡

老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)」 マネージャー

画像:ayu.latte

これからのシーズンにもピッタリな『老上海 陸氏厨房』。ぜひおいしい中華料理を楽しんでみませんか?(文/ ayu.latte)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■老上海 陸氏厨房 中洲店(ラオシャンハイ リクシチュウボウ)
住所:福岡県福岡市博多区中洲2-3-8FPG links NAKASU 6F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:なし(元日は休み)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/ayu.latte

#ランチ をまとめてチェック!
#博多区 #グルメ
 
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【高宮駅そば】手土産にも◎焼き菓子の新店

【香椎駅そば】東京で話題のカフェが福岡上陸
【太宰府天満宮エリア】足湯ができる癒しカフェ